【ホンダ フィット】旧型含め16種リコール

ホンダフィットは乗用車では最も小型であり、同時期の同クラスの他の車種と比べて優れた走行性能と低燃費を備えています。今回は旧型を含め16種リコールになったということで、リコール情報や今後の対応をまとめました。


「ホンダ フィットの特徴」

ホンダ フィットの特徴①

ホンダフィットは使い勝手を追求したコンパクトカーです。車体が小さく軽い為、小回りがきいて細い道路でも運転しやすく、燃費も大変良いです。燃費の良さはコンパクトカーの中でもトップクラスで評価されていて、ホンダの基幹車としての知名度も高いです。手頃なグレードからカスタムされたグレード、その他にもハイブリッドモデルもある為、予算やユーザーのニーズに対応できることが人気の要因の1つになっています。

ホンダ フィットの特徴②

フィットの居住スペースは、高級車に劣らないほど凄いです。外観は、女性が好きそうな可愛い造りになっていていかにもコンパクトカーといった感じです。いざ車内に入ってみると、大変広く後部座席もゆったりと座れます。勿論、運転座席も広々としていて、窮屈感が全くなく疲れずに運転することができます。また、ドライビングポイントが高く、見晴らしが大変良いし、ステアリングも持ちやすく、ハンドル操作がしやすい為快適なドライブを楽しむことができます。

ホンダ フィットの特徴③

フィットの燃費は大変よく、ハイブリッドタイプでは、カタログ燃費が37.2km/Lです。これはコンパクトカーの中ではトップクラスの燃費で、1300ccのモデルや、1500ccのモデルの燃費も大変良いです。その燃費を可能にしているのが、フィットの高性能エンジンで、軽量化したカスタムシャフトやブロック車軸にスリットを入れることで、冷却効率を高めてノッキングを抑制しています。また、ピストンやチェーンの摺動部のフリクションの低減も燃費の向上に繋がっています。

「ホンダ フィットの歴代モデル」

ホンダ フィットの歴代モデル①

初代モデルは、2001年6月から2007年9月まで、2代目モデルは、2007年10月から2013年8月まで製造、販売されました。初代と2代目モデルはコンセプトがほとんど同じで、走行性能や安全性能を高めながら、これまでにない低床ビックキャビンを実現しています。また、CVTと搭載したエンジンを組み合わせて、燃費の良いコンパクトカーに仕上げられています。2代目モデルでの変更点は、空間の広さと使い勝手の向上を追求して、ボディサイズが先代よりも大きくなった点です。このモデルは大半がリコールの対象になっている為、注意が必要です。

ホンダ フィットの歴代モデル②

3代目モデルは、2013年9月から現在に至るまで製造、販売されています。初代からの設計思想は継承しながらも、室内空間やパッケージの自由度を最大限に高めて、軽量化と高い剛性化を図っています。またハイブリッド車には、モーターを内蔵した7連DCTとリチウムイオンバッテリーを内蔵したIPUを組み合わせ、燃費性能を大幅に高めて37.2km/Lを実現しています。そして、13G、13G・Fパッケージを除く全ガソリン車に「あんしんパッケージ」を標準装備化しています。

「中古価格について」

ホンダ フィットの歴代モデル①

初代の中古車価格は、年式が相当古い為それに比例して安くなり、平均中古価格は50万円程度で販売されています。特に流通量が多かった2代目の中古価格は、30万円から120万円程度です。燃費が良くユーザーの需要も高い為、走行距離が若干多くても販売価格は高めに設定されています。2代目の最終モデルになるとさらに中古価格は高くなり、130万円から150万円程度で、型落ちしても未だに高い人気があります。

ホンダ フィットの歴代モデル②

3代目モデルは現行モデルなので中古価格が先代モデルに比べると、圧倒的に高くなっています。平均中古価格は80万円から200万円程度で、中古車としては高い価格です。走行距離が少なく、あんしんパッケージが標準装備された中古車が多い為、高い価格の中古車が多くなっています。 このモデルはリコールの対象になっていない為、あまり価格大きな変動はありません。また、安全性能がとても高く人気が高いので、当分の間、価格が大きく下がることもないです。

「オススメモデルについて」

おすすめのモデルは、2017年6月29日にビックマイナーチェンジを行なった3代目のハイブリッドモデルです。エクステリアが大幅に変わっていて、従来のモデルに比べてアグレッシブなフロントマスクになっています。ヘッドライトは、下側にガーニッシュが食い込むデザインになった為、LEDランプユニットは細くなり、細めの鋭い印象を与えます。 インテリアは、とてもコンパクトカーとは思えない高級感が漂っています。スエード調のシートやブラウンを取り入れたステアリングは落ち着きがあり、運転者も同乗者も快適にドライブすることができます。

おすすめモデルの燃費

フィットハイブリッドの燃費は、JC08モードで37.2km/Lとなっていて、ハイブリッド車ではトップクラスの低燃費です。実燃費は街乗りでは約17.0km/Lから25.0km/Lで、高速道路では30.0km/L程度です。カタログ燃費ほどにはなりませんが、十分燃費が良く環境にもお財布にも優しい車です。フィットのハイブリッドシステムは、「EVドライブモード」「ハイブリッドドライブモード」「エンジンドライブモード」の3つの走行モードを、状況にあわせて最も効率の良いモードで走っている為、大変燃費が良くなっています。

おすすめモデルの維持費

◾️年単位でかかる費用

・自動車税: 35,000円


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら