【メルセデス ベンツ Aクラス】気になる特徴、価格等について

メルセデスベンツAクラスをご存知ですか?ハッチバック型の乗用車であり初代と2代目はBセグメント、3代目はCセグメントに属しています。Aクラスはベンツのエントリーモデルとして1997年に登場しました。今回はベンツの入門と言われるAクラスをご紹介します。


「メルセデス ベンツ Aクラスの特徴」

メルセデス ベンツ Aクラスの特徴①

メルセデス・ベンツAクラスはドイツに本社機能を置くダイムラー社が生産するメルセデスブランドのAクラス(コンパクトサイズ)として販売されています。 この車は1995年当初はヨーロッパ市場をターゲットとした販売戦略車として生産され、日本市場では1998年に1600ccモデルでa160として販売がスタートし、a190(1900cc)・a210(2100cc)と同一ボディで排気量が大型のグレードが背続々と追加され、華々しく日本でもデビューしました。

メルセデス ベンツ Aクラスの特徴②

2004年に2代目モデルがフルモデルチェンジするとサイズアップが図られました。 日本での販売は翌2005年で「A170」「A170 エレガンス」「A200」の3タイプで、A200はターボ搭載モデル「A200 ターボ アバンギャルド」のグレード設定され、全車CVT(無段階変速機)を搭載し、燃費性能も向上しました。 2代目のデビューにより高級ブランドメルセデスのコンパクトが定着しました。

メルセデス ベンツ Aクラスの特徴③

2012年に3代目フルモデルチェンジが行われ、日本でも同時に発表されるとこれまでのデザインと大幅刷新され、メルセデスの大型エンブレムがラジエータグリルに設置され、グリル部分にメッシュが採用されると、これまでのおとなしいイメージからワイルドさとスポーティさが強調されました。 このフルモデルチェンジにより設定されたのがAMG A45 4MATICモデルです。 AMGはメルセデスのスポーツブランドとして装備やスペックが特別なものが設定され、ますます高級なコンパクトとしてのポジションを確立しています。

「メルセデス ベンツ Aクラスの歴代モデル」

メルセデス ベンツ Aクラスの歴代モデル①

メルセデス・ベンツ A クラスの2代目モデルW169型は、サスペンションやトランスミッションに大幅な変更が行われ、Cクラス以上の上級モデルに採用されるスペックが大きく採り入れられ、乗り心地を改善しました。 トランスミッションにはCVTの採用となり、変速時のショックを無くし、スムーズな加速を実現、エンジンの回転効率を良くすることで、燃費性能を大幅に改善しました。 1代目では「ミニベン」と言われたAクラスが、高級コンパクトとして認知されるようになりました。

メルセデス ベンツ Aクラスの歴代モデル②

2012年にフルモデルチェンジしたW176型モデルでは、世界同時デビューを果たし、控えめであったAクラスが他のモデル同様、大幅なデザイン刷新が行われたことで、高級感がさらに増し、スポーティーな面持ちとなりました。 ハイブリッドやEVが浸透する中、注目は燃費向上で、アイドリングストップ機能やプッシュスタートが採用され、2代目まで採用されていたCVTからDCT(デュアルクラッチトランスミッション)を採用したことでさらにスムーズな変速が可能となり、燃費性能を向上させています。

「中古車価格について」

メルセデス ベンツ Aクラスの歴代モデル①

Aクラスは年式や走行距離で価格が異なりますが、2代目モデルの場合概ね30万円~100万円のレンジ内で中古車販売がされています。 走行距離が少なく年式が比較的新しいものが高く、白や黒の人気カラーが注目されています。 純正ナビ、バックモニター、ETCなど装備が整った中古車の人気が高く、正規ディーラーでの認定中古車が人気があるようです。

メルセデス ベンツ Aクラスの歴代モデル②

現行モデルはインテリア、エクステリア、スペック共に大幅な変更がされたことから人気が高まっています。 AMG A45 4MATICの最上級モデルの場合、新古車で500万円~600万円で流通しており、他のグレードの場合180万円~300万円というレンジで相場を形成しています。 本革シートやサンルーフ、エアロパーツなど特別な装備が搭載されていると価格も高く流通しています。

 

「W176モデルがおすすめ!」

3代目モデルW176型をおすすめする理由は、国ごとに販売車の仕様を変更していたaクラスが、3代目のモデルフルモデルチェンジで世界同時販売となるとこれまでのデザインやスペックを大幅に変更し、上位モデル同様のハイスペックを搭載させ、高級車メルセデスとしての風格を上昇させました。 最上級グレードのAMG A45 4MATICは車両価格が700万円を超え、まさにコンパクトの域を超越した概念として存在感を出しています。 この車の購入を検討する時に気になるのが燃費や維持費についてです。

おすすめモデルの燃費

トランスミッションがCVTからDCTに変更し、無駄な燃料消費を抑えるためにアイドリングストップ機能やECOドライブ機能を搭載したため、カタログ燃費JC08モードで13km/L~16km/Lの低燃費を実現、実際の走行では街乗り10㎞/L~12km/Lというところでしょう。 高速走行時にはハイレスポンスでの変速を可能とし、加速性能を高め、その後安定した走行が可能となるため13km/L~15km/Lをも可能とします。

おすすめモデルの維持費

■年単位でかかる費用 ・自動車税:2000ccアンダーで39500円 ・車検代:13万円~18万円国産車よりやや高い程度

■毎月かかる費用 ・ガソリン代 一度の給油で5000円~6000円として年間6万円~7万円  (1年1万km&カタログ燃費×軽油110円、レギュラー120円、ハイオク130円、) ・駐車場代:1万円であれば12万円  任意保険代(年齢30歳、免許証ブルー、30歳以上限定、本人限定、車両保険無し、新規で申込、年間走行距離11000km以下) 5万円~8万円程度

「オススメのオプションについて」

オススメオプション①

サウンドスイートアコースティックコントロールパッケージ メルセデス専用として開発されたこのシステムは音のクオリティを最大限に高め、ハイクオリティサウンドで上質な空間をつくり出します。 オプション価格84000円

オススメオプション②

COMANDシステムナビゲーションフルセット 標準装備のCOMANDシステムにHDDナビゲーション、地上デジタルTVチューナー、 ETC2.0対応車載器、VICS受信ユニットをプラスできる大変お買い得なセットです。 ナビゲーションには音声認識など、便利な機能が搭載されています。 オプション価格は205200円

「まとめ」

1997年にメルセデスのコンパクトモデルとして誕生したAクラスは、「ミニベン」や「ベンツの子供」「セカンドカー」と揶揄されたこともありますが、2代目からスペックを向上させ、3代目モデルではCクラス以上のモデルと同一のスペックを数々搭載し、コンパクトとは言えないほどの高級車としてAクラスとしてのポジションを確立しました。 世界中でメルセデスのコンパクトの名を広め、これからも常に最先端を走ってゆきます。

 

車の乗り換えを検討中の方必見!



楽に早くは当たり前。

Ancarのおまかせ出品ならどこよりも高く。

クルマをAncarのガレージに預けて、買取保証金(買取店と同水準以上)と高く売れた分の金額を受け取るだけの新たな出品方法です。

出品のための面倒な撮影や相手とのやり取りはAncarにおまかせできます。

「Ancar」があるからこそ価値が付く仕組み

私たちはAncarと言う、個人間の「売る」と「買う」のマッチングサービスを提供しております。 買い取りのみで利益を出す必要がないため、どこよりも高く売ることができます。

おまかせ出品を使えば「必ず高く売れる成功体験」ができます。

実際にご利用頂いたお客様の声

「60万円も高く売れた成功体験」K.T様



K.T様のコメント:憧れの車への乗り換えを検討し、車を査定。しかし査定額は170万円。 乗り換えを諦めていた時Ancarのおまかせ出品を知りました。

おまかせ出品を使った結果230万円で売却、最初の査定より60万円も高く売く売ることができました。今では憧れだった車に乗り換え最高のカーライフを送っています。 「高く売って乗り換える」。新しい車所有のカタチを体感できるサービスでした。

まず簡単査定!

お問い合わせいただいた内容を元に、スタッフが査定させて頂きます。ぜひお気軽にお問い合わせ下さい! 買い取り価格を知りたい方はこちら!

サービス詳細や、お問い合わせ後の詳しい流れについてはこちらをご参照下さい。