【サンデードライバー】この季節は正月ドライバー!?特徴を知って危険を回避しよう

ではでは、お正月のサンデードライバーはどんな人が運転しているでしょうか。車種や年齢、性別などを挙げるのは流石に偏見でよくないので自重します。どんな人でもサンデードライバーになり得るでしょう。しかし、お正月ならこれはほぼ確実に危ないという例を紹介します。

正月の「わ」ナンバーには注意?

お正月にレンタカーを借りる状況ってどんなものがあると思いますか?車はないけれど帰省するからレンタカーというパターン。普段は小さい車だけど親戚を乗せるからミニバンを借りるなど。とにかく運転に慣れていない人が多いです。そもそも、レンタカーは比較的運転に慣れていないものですがお正月はその特徴が謙虚に現れるでしょう。「わ」ナンバーのミニバンも車体の感覚がない可能性が高いので気をつけてください。

正月は走り屋にも注意

「初日の出暴走」というのをご存知でしょうか。大晦日から元旦にかけて高速道路を暴走する集団がいます。今では少なくなりましたが、暴走が大好きな彼らは暴走で年を越したいということでしょうか。それとは別に、スポーツカーを持っているけど普段は仕事などであまり乗れないという人が「せっかくの休みだからちょっと飛ばしちゃおう」ということもあります。気をつけろと言ってもどうすればいいかわかりませんが、あまり挑発などには乗らないようにしましょう。

連休中のバイク隊列

普段はなかなか休みの合わないツーリング仲間達もお正月はみんなで集まってツーリングができるのです。もちろん、安全には配慮して運転していると思いますが、あまりにも長い隊列は少し危険ですよね。もし隊列を遮ってしまったら静かに譲ってあげることがトラブルを避けるコツです。

イライラしてもあおり運転はしちゃだめ

最近話題の「あおり運転」。決して煽る側にならないでください。確かに、運転していたらイライラすることもあります。お正月はただでさえ交通量が多くて運転が大変ですから、そんな時に意味不明な運転をされたら煽りたくもなりますが、関わらないのが一番です。

冷静な対処を

イライラしても冷静に対処しましょう。特にサンデードライバーは運転に必死なので、煽られると焦ってしまってかえって危険です。「こうして欲しいのに」と思って注意しても思うように動いてくれないこともあるでしょう。せめて2回は仏の顔をしてあげてください。

無理に追い越さず、距離をとる

マイペースすぎて追い越したくなる気持ちはわかりますが、追い越しはとても危険です。相手はミラーを確認していない可能性があるので、追い越そうと思った時に急に車線変更されるパターンがあります。どうしても追い越したい場合は相手の死角を考えて慎重に追い越しましょう。また、急ブレーキなど不意な挙動の可能性もあるので後ろを走る場合は十分に車間距離を作りましょう。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら