旧車に厳しいのは日本だけか?ヨーロッパでも厳しい旧車の走行

古い車に対して特に日本が厳しいわけではありません。ヨーロッパでは、もっと厳しい事情があります。

2016年7月、平日昼間のパリから旧車が消えた

ヨーロッパでは日本より環境汚染が深刻で、1990年代には急増したディーゼルエンジン車による酸性雨で主に北欧を中心に森林被害が相次ぎました。

その影響でクリーンディーゼルや小排気量ガソリン車でも十分なトルクがあるダウンサイジングターボが発展し、世界有数の厳しい排ガス基準「ユーロ6」も段階的にさらに厳しくなっています。

とはいえそれは新車での話です。

ヨーロッパでは日本と違って1台のクルマを長く乗る事が多いので、旧車比率が異常に高くなっています。

それゆえ、排ガス対策がなされる前の古いクルマがやたらと走り回っており、そうしたクルマでもクラシックカー登録が為されていれば、ある程度は自由に走る事ができました。

しかし、10年以上前のクルマによる排ガス汚染が深刻化している事がわかると、何でもかんでもクラシックカー登録していればいいというわけにもいかなくなります。

そしてついにフランスの首都パリでは、1997年より前に製造されたクルマに対して、たとえクラシックカー登録をしていようと平日朝8時~夜8時までの市内乗り入れを禁止しました。

元々厳しい都市への乗り入れ

実はそれ以前からヨーロッパの大都市では旧車の乗り入れが制限されている地域がありました。

例えばドイツでは排ガスがクリーンだと認められないと、「この先の乗り入れ禁止です」という標識があちこちの都市にあります。

日本だと東京都へのディーゼルエンジン車の乗り入れに規制がありますが、それをより大規模に行っている形です。

それも規制の対象としてわかりやすいように、どの規制に対象する車種なのか色別されたステッカーを貼るようになっています。

規制区域内に入らない限り必須のものではありませんが、規制区域内に乗り入れるにはちゃんとお金を払って証明となるステッカーを購入しなければいけません。

日本はまだ全然規制が緩い!

日本で同じような事をやろうとするとどうなるかと言えば、例えば昭和53年排ガス規制以前のクルマが、各都道府県庁所在地や、それに準ずる大都市の市街地乗り入れを禁止されるようなものです。

そうしたクルマはバイパスや高速道路で通過したり、あるいは郊外にクルマを停めて公共交通機関の利用を余儀なくされます。

郊外にクルマを止めて公共交通機関の利用を促す「パークアンドライド」は日本でも通勤ラッシュ緩和のために導入が進められていますが、普及は進んでいません。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら