【トヨタ サクシード】購入前に知っておきたい項目、プロボックスとの比較など

トヨタサクシードは社用車や営業車に使われているライトバンでかつてはステーションワゴンもありました。手ごろなステーションワゴンを探している人にはぜひ検討してほしいサクシード、今回は購入前に知っておきたいポイントや他車との比較などをまとめました。


「トヨタ サクシードの特徴」  

トヨタ サクシードの特徴①

トヨタ:サクシードのコンセプトは【毎日快適に働けるクルマ】であり、外回りがメインの営業マンの為に開発されたと言っても過言ではないほど、ビジネスライクに徹しております。 一例を挙げるとリッター紙パックがすっぽり収まるドリンクホルダーやインパネから引き出してコンビニのお弁当やノートパソコンを楽々置く事ができる機能性豊かなテーブル、そしてほぼフラットまでリクライニングさせることが出来てそのまま休憩や仮眠を取ることが出来るフロントシート等々、まさに至れり尽くせりの個別装備となっているのが大きな特徴なのです。  

トヨタ サクシードの特徴②

ドライバーが長時間の移動に次ぐ移動でも、腰周りから背中までのサポートを万全とする配慮が成されています。 最たるものとしては独自開発された身体への負担が小さいシートにより、車内でリラックスした時間を過ごせるように最適化を実現させました。 またもっともメインとなる運転席にはドライバーの着座位置を高く保つことで、視点移動を楽にすることを念頭に置いて設計されております。 また全方向にわたって広く良好な視界を確保することによって長時間運転の蓄積される疲れを軽減する働きを担っているのです。  

トヨタ サクシードの特徴③

ビジネスライクに欠かせないのはランニングコストの削減ですが、トヨタ:サクシードでは距離を稼ぐことで営業収益を上げることを目的としている仕事内容に合わせ、低燃費による適用性を向上させることに成功しております。 その数値としては同クラスの商用バンとしてはかなり高性能なリッター当たり20km弱を記録しており、4WDモデルでさえもリッター当たり16kmの驚異的数値となっているのです。

「トヨタ サクシードの歴代モデル」

サクシードの初代モデルが登場したのは2002年7月となりますが、一貫してロングボディによる大量の荷物を運ぶことが出来るのとインテリアとしての室内空間を多く取るという基本コンセプトはなんら変わりません。  

トヨタ サクシードの歴代モデル①

しかしながら燃費性能の向上やエンジンをより耐久モデルへ変更するなど、ビジネス特化した故障の少ない車としての役割りを継続していることが大きな特徴となっているのです。  

トヨタ サクシードの歴代モデル②

最新型に搭載されている標準装備として追加されたのは、様々なシチュエーションで搭乗者の身体を守る数々の安全装備となります。 ミリ波レーダーによる危機察知能力が格段と向上することによって、衝突軽減や誤発進抑制・レーン遂行機能からアクセルワークのコントロールまでと、すべては今までに経験してきた事故やトラブルの実績をデータ化して反映することで事前回避能力をより高いレベルへ上げることに成功したといえるのです。

「中古車価格について」  

トヨタ サクシードの歴代モデル①

現在サクシードの中古車市場は全国で台が流通しておりますが、ビジネスモデルに特化している為に法人契約でまとまった車両の取引が特徴となっております。 その中古車市場では16万円から130万円の価格帯での提供がメインとなっており、中古媒体のネット検索当たり100台ほどが該当しているのです。  

トヨタ サクシードの歴代モデル②

法人契約による中古市場ではかなり走行距離増加の印象がありますが、殆どの企業の場合は中古売買の契約ではなくリース契約により大手リース会社からの一括契約が多いのです。 この為、初代および2代目モデルに関しても直接中古ショップへの展開は個人事業主に限定されているのが現状となります。 また最多価格帯においては最上級モデルの一歩手前ほどの車両にクローズアップして、コストを抑えて長く使用する傾向にあるのです。

「サクシードTXモデルがおすすめ!」  

リード文:ビジネスに特化したモデルとなるとやはり燃費性能が高いということは、ランニングコストの減額として企業がもっとも重要視する点です。 その場合にチョイスされる内容としては4輪駆動より燃費に勝る2輪駆動であり、乗員が労災のお世話にならない安全性能に長けた車両がおすすめモデルとなるのです。 これは法人が従業員に対して考慮した結果となり、一般人がチョイスする車両感覚とは致命的に異なる点となるのです。  

おすすめモデルの燃費

サクシードTX2輪駆動モデルの燃費はJC08モードでリッター当たり20km弱となり、下手なハイブリッド車のそれをも凌駕してしまう性能となっております。 取引先から取引先へ飛び回る上での最重要課題はやはり燃費であり、ランニングコストの削減ということになるのです。  

おすすめモデルの維持費

■年単位でかかる費用 ・自動車税:39,500円

・車検代:法人一括で10万円/台

■毎月かかる費用

・ガソリン代  (1年5-6万km&カタログ燃費×レギュラー120円):36万円 ・駐車場代:テナント用に付き3万円ほど  任意保険代(年齢48歳、免許証ゴールド、車両保険有り、年間走行距離は無制限):5万円/台

「サクシードTXモデルについていてほしいオプション3選」  

オススメオプション①

メーカーオプションとなるアクセサリーコンセントはぜひ欲しい装備であり、それによってビジネスの幅が広がる可能性も視野に入れております。 車両バッテリーとの直結により、様々な用途を車内のみで済ませられることは時間の有効活用としても効果的なのと、オプション価格が11,000円ほどなのでコストパフォーマンスにも優れています。  

オススメオプション②

カラードバンパーは15,000円ほどですが、ちょっとぶつけてしまったがいちいち直している時間的余裕がないなどの場合に有効なオプションとなっています。

「まとめ」

すべての装備や機能がビジネスに繋がる、もしくは補助をする目的として徹底しているのがサクシードの大きな魅力と言えます。 ビジネス特化という前提であるということは他の余計な機能は不要とのことですが、乗り手のことをここまで考慮して反映した車両なのは法人向け戦略としては大成功であると言えるのです。

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら