【マツダ スクラムワゴン】気になる室内空間や中古車価格について

マツダ スクラムワゴンはキャブオーバーワゴンの特徴を生かしたススキエブリイのOEM車として発売され、軽最大級の広さと全車ターボ車という高い走行性能などで中古車市場でも人気となっています。今回はマツダスクラムワゴンの様々な情報を紹介します。


「マツダ スクラムの特徴」 

マツダ スクラムの特徴①

マツダのスクラムは軽自動車の商用バンとなりますが、適材適所のスタイルが明確にまとめられたエクステリアが魅力となっています。 同乗者の大人4人がゆったりと座る事が出来て後方のラゲッジルームには荷物をたくさん積み込むことが出来るのでアウトドアや長距離の移動にも適したタイプとなっております。 小柄なボディサイズをものともしないフルフラットの広い荷室と、細い駐車スペースでの乗り降りにとても便利なリアゲートとサイドのスライドドアも開口面積の広くて且つ電動なので容易に人員や荷物の積み下ろしが出来る点は非常に重宝しています。 そして車の使い易さを徹底的に調査していった結果、利便性の高い充実の室内空間や装備を確立させることができたのです。  

マツダ スクラムの特徴②

軽自動車の中でもトップクラスの低燃費性能を有しており、エンジン性能としては吸気側にV V T 機構を採用しているのが特徴です。 更にエンジンへ供給する燃料吹きつけの過程では過給圧の数値を高くして対応しており、熱に強いターボチャージャーを搭載することでパワフルな走りを体感することが出来るのです。 前述の対応を行なった場合でも、卓越した技術で低燃費化を実現させることが出来たのです。  

マツダ スクラムの特徴③

インテリアにおける使い易さを重視したセンターコンソールやインパネ周りの視認性と収納を心掛けることによって、安全運転と整理整頓が同時に解決させることが出来てるのです。 運転席周りはコンパクトな構成であるにもかかわらず、空いた空間をしっかりと使う技術やノウハウに従って作成されているのでとかく荷物が多くなりがちな人でも安心して活用することができるのです。

「マツダ スクラムの歴代モデル」  

マツダ スクラムの歴代モデル①

1991年に発表された初代モデルから実に5代目に至るまでの経緯となりますが、マイナーチェンジを頻繁に繰り返しての改善が随所に現れた車であると言えます。 元々の用途は商用バンとなるので企業や取引先のニーズが多岐に及んでおり、その対応手段としての上記展開が実施されたのです。  

マツダ スクラムの歴代モデル②

マツダスクラムのグレードとしては3種類あり、PX/PZターボモデルとPZターボスペシャルとなっております。 PXターボは入門用エントリーモデルですが、それに電動のスライドドア、ならびにリアスポイラーやエンブレムなどにも手を加えることで使い勝手の良いスタンダードなモデルとなってます。 なおPZターボスペシャルは前述した内容に加えて、電動のオートステップが張り出してくるのが大きな特徴と言えるのです。

「中古車価格について」  

マツダ スクラムの歴代モデル①

初代スクラムが発売されてから小型貨物業者の集まる企業には非常に重宝されているスクラムですが、中古車価格としてはほぼ値段が付かない状態となっており、また相当数の車両が出回ってましたがその分回転も速いのが実情です。  

マツダ スクラムの歴代モデル②

現在の中古車市場で取引されてるモデルは3代目以降のタイプとなっており、価格的な相場では20万円から100万円ほどです。 それ以上の価格で取引されているモデルもあるのですが、こちらはスクラムをベース車としたキャンピングカーとなりますので情報からは除外します。

「PZターボスペシャルモデルがおすすめ!」  

リード文:電動ステップが付いたモデルとして荷物運搬を行なう場合に非常に重宝するモデルとなっております。 本来の商用バンとしての運用はそのまま継続されておりますので、業者にとってこの機能はなくてはならないものなのです。  

おすすめモデルの燃費

PZターボスペシャルの燃費情報ではパワフルなターボエンジンが全モデルに実装されているにもかかわらず、リッター当たり16km以上、フルタイム4WDでもリッター14kmを叩き出すこのモデルのエンジン性能は非常に優れているのです。  

おすすめモデルの維持費

■年単位でかかる費用

・自動車税:7,200円(商用なら5,500円)

・車検代:9万円ほど

■毎月かかる費用

・ガソリン代  (1年1万km&カタログ燃費×レギュラー120円):約80,000円

・駐車場代:自宅車庫により無償  任意保険代(年齢48歳、免許証ブルー、30歳以上限定、家族限定、車両保険無し、新規で申込、年間走行距離11000km以下):19,000円

「PZターボスペシャルモデルについていてほしいオプション3選」  

オススメオプション①

更なる荷物運搬に役立つベースキャリアが約30,000円ほどとなっており、室内だけでなく室外にも荷物スペースを設けることが出来るので非常に効率的となります。 また標準と拡張ルーフ分のオプション価格が同一設定となっているので、いずれの車種をチョイスしている場合でも対応できるのがありがたいところです。  

オススメオプション②

ヘッドランプの明るさを際立たせて夜間の配送などでも安心さを補助するガーニッシュオプションがあり、こちらは左右のヘッドランプに対応することができるのが特徴です。 オプション価格としては2万円となり、それぞれプラス1万円でかなりの改善が期待できる補足機能となっております。

「まとめ」

マツダのスクラムは商用車バンという位置付けとなっていますが、自家用としての使用でも大変重宝する車両となっています。 オプションの中には車内をムーディに演出するイルミネーションキットなどもあり、単なる荷物を運ぶだけのお仕事車両ではないところも魅力です。 また軽自動車の軽いボディに高性能なターボチャージャーをボルトオンすることによって、加速性能においてもなんら遜色のない仕上がりとなっているのです。 快適なドライブを演出する両側電動スライドドアやそれに連動して作動する電動ステップなど、乗車する人への細やかな心配りの配慮がふんだんに成されているのです。