ビジネスシーンを支える日産 【日産 ad バン】気になる燃費、価格等について

日産ADは日産自動車が発売する商用車です。OEM供給モデルとして、マツダ・ファミリアバンと三菱・ランサーカーゴが販売され、かつてはスバル・レオーネバンも存在しました。今回は日産ADバンのスペックについてご紹介します。


日産 adバンの特徴

日産 adバンの特徴①

日産 adバンは、ビジネスバンとして長い歴史を持つロングセラーモデルです。 1日を日産 ad バンとともに過ごすユーザーへの調査を行い、見つかった課題を解決することでビジネスバンとしての高い性能を実現しました。 最も大きな課題であった運転席の居住性と機能性を高めており、ビジネスバックを収めるスペースや書類を置けるラック、パソコンを置いて操作できるテーブルに加えてホワイトボードを備えることでちょっとしたアイデアや気づいたことをメモ書きできるようにしました。

日産 adバンの特徴②

日産 adバンの広いラゲッジスペースは健在です。 後部座席シートを倒せば、みかん箱(380x320×280mm)が42個も収められスペースを確保できます。助手席を倒せば2mの長さのある荷物を収納できるので、極めて高い収納能力を有していることがわかります。 後部座席を倒したさいの荷室長は1952mm、開口部高は940mm、開口部幅は1182mm~1366mm、バックドア開口時先端と地上高さは1860mmと大柄な男性の身長に匹敵するため、頭を気にすることなく余裕を持って荷物を出し入れできます。

日産 adバンの特徴③

取引先まで移動する気持ち良い走りと高い燃費を両立させた走りも特徴です。 2WDには、最高出力111PSを発揮するHR15DEエンジンととレクストロニックCVTを搭載、4WDモデルには最大109PSを発揮するHR15DEエンジンとフルレンジ電子制御4速オートマチックを採用しており、目的地までスピード感を持って移動できる走破性を備えており、街乗り、高速道路移動、遠隔地の取引先までスムーズに移動できるため、ビジネスもはかどります。

日産 adバンの歴代モデル

日産 adバンの歴代モデル①

日産 adバンが、最初に登場したのは1982年10月です。 当初から商用車として開発されたことから重量のある荷物を載せて頻繁に移動することを想定し、頑強さを維持するためにリアサスペンションがリジッドアクスル + リーフスプリングを搭載することで高い耐久性能を実現しました。1996年には車体強度増すために一部を改良、1988年にはADバンの名称を導入しています。また1990年に発表された2代目モデルは専用部品を多く採用するなど、性能と機能の着実な向上が図られました。

日産 adバンの歴代モデル②

1999年に登場した3代目モデルは、2代目ウィングロードt基本構造が同じです。直列4気筒エンジン、運転席エアバッグの標準装備するなど、時代に応じた安全基準を付け加えています。 2006年に発表された4代目モデルは、ユーザーの声をフルモデルチェンジに反映したモデルです。ペンホルダーやセンターコーンソールのカップホルダー、ビジネスファイルボックス、袋をぶら下げるフック、カードホルダー、財布などの小物類を収められるインストアアパーボックスなど、ユーザーの使い勝手を考えたモデルに仕上げました。

中古車価格について

日産 adバンの歴代モデル①

数少ないですが、2代目モデルの中古市場で見つけられます。旧式であることから中古車相場も安くなっており、20万円~40万円前後で購入できます。 3代目モデルも多く見つけられますが、中古車相場が20万円~50万円台なので、かなり安く購入できます。 とにかく安価なモデルがほしいという場合は、初代モデルや2代目を探すとコストパフォーマンスの良い日産 adバンを見つけられます。

日産 adバンの歴代モデル②

最も充実しているのが、4代目モデルです。 オプション装備やグレードによっても違ってきますが、50万円~125万円程となっており、中古車市場において最も人気があります。 安価なモデルは2006年に発表された当時の初期モデルとなっており、100万円以上するモデルは、2015年にマイナーチェンジによりADとADエキスパートモデルが統合された新しい日産 nv150 adグレードです。マイナーチェンジ以前のモデルとフロントデザインが似ていますが、歩行者検知エマージェンシーブレーキや車線逸脱警報などを搭載しているため、価格も高いです。

VE 4WD がおすすめ!

日産 ad バンを購入するなら、VE 4WDをおすすめします。 VE 2WDモデルに比較すると燃費が悪くなりますが、VE 4WD には商用車に必要なすべてが揃っていますし、なによりも全輪駆動なので雨天や積雪などの悪天候であっても高いグリップで地面を蹴り、あらゆる目的地までスムーズに移動できるので、これ以上ない基本性能を備えているといえます。 いつでも、求められる場所に確実に移動できる商用車を探しているならVE 4WDがおすすめです。

VE 4WD の燃費

VE 4WD の燃費は、1Lあたり13.0kmです。商用車バンとして優秀な燃費性能を備えており、ランニングコストの削減も期待できます。またタンク容量が42Lあるため、単純計算すると最長航続距離が546kmになります。天候や積載重量、路面様態などに拠って違ってきますが、東京から大阪まで無給油で移動できるほどなので商用車として十分な性能を備えているといえるでしょう。

VE 4WD の維持費

年単位でかかる費用

・自動車税:1万4300円

・車検代:3万円~83815円 毎月かかる費用

・ガソリン代、軽油代は毎月6930円(年間8万3160円)、レギュラー代は毎月7560円(年間9万720円)、ハイオク代は毎月8190円(年間9万8280円)

・駐車場代:1万円

・任意保険代:年間8万4850円~8万6360円

VE 4WD についていてほしいオプション

オススメオプション①

ドライブレコーダーをおすすめします。万が一のトラブルを記録することで過失責任や割合をはっきりさせることができますし、記録されているためドライバー事故防止意識向上にもつながります。ドライブレコーダー価格は3万9000円(税込み)なので手頃です。 初めて訪れた土地でも安全に駐車したり、安全に後方発進できるようバッグビューモニターを取り付けてはどうでしょうか。従来モデルよりも資格となる後方をはっきりと映し出してくれますし、価格帯は3万6000円(税込み)なので負担も小さいです。

オススメオプション②

日産オリジナルナビゲーション MJ117D-A エマージェンシーブレーキ無車用もおすすめです。ナビに必要な基本性能を備えていますし、シンプルなタッチパネルなのでスマートフォン間隔でサクサク操作できます。日本語や英語にも対応しており、外国人の方でも利用できます。オプション価格が11万7498円(税込み)と高くなっていますが、ナビ機能が道案内してくれるので、大切な取引先との商談に送れるリスクを減らせます。

まとめ

日産 ad バンは、日産のロングセラー商用車です。 2016年に4代目モデルがマイナーチェンジされたことから新たな安全機能などを採用しており、目的地へのスムーズな移動、燃費の効率、試作品や見本などの積載できる十分なスペースを備えており、あらゆるビジネスシーンで活躍してくれます。 特に4代目モデルは、ユーザーの声を反映することで使い勝手を大きく向上させており、効率的なビジネスを目指す法人や事業者におすすめしたいモデルです。

車の乗り換えを検討中の方必見!



楽に早くは当たり前。

Ancarのおまかせ出品ならどこよりも高く。

クルマをAncarのガレージに預けて、買取保証金(買取店と同水準以上)と高く売れた分の金額を受け取るだけの新たな出品方法です。

出品のための面倒な撮影や相手とのやり取りはAncarにおまかせできます。

「Ancar」があるからこそ価値が付く仕組み

私たちはAncarと言う、個人間の「売る」と「買う」のマッチングサービスを提供しております。 買い取りのみで利益を出す必要がないため、どこよりも高く売ることができます。

おまかせ出品を使えば「必ず高く売れる成功体験」ができます。

実際にご利用頂いたお客様の声

「60万円も高く売れた成功体験」K.T様



K.T様のコメント:憧れの車への乗り換えを検討し、車を査定。しかし査定額は170万円。 乗り換えを諦めていた時Ancarのおまかせ出品を知りました。

おまかせ出品を使った結果230万円で売却、最初の査定より60万円も高く売く売ることができました。今では憧れだった車に乗り換え最高のカーライフを送っています。 「高く売って乗り換える」。新しい車所有のカタチを体感できるサービスでした。

まず簡単査定!

お問い合わせいただいた内容を元に、スタッフが査定させて頂きます。ぜひお気軽にお問い合わせ下さい! 買い取り価格を知りたい方はこちら!

サービス詳細や、お問い合わせ後の詳しい流れについてはこちらをご参照下さい。

手洗い洗車のサブスクリプションサービス事前登録受付中!



通うことで愛車を常に綺麗に保つ

愛車への悩みを解決する手洗い洗車のサブスクが始まります!



事前登録、詳しい内容はこちら↓

洗車サブスクリプション