海外で人気【トヨタ rav4】の特徴や歴史、気になるスペックについて

トヨタRAV4をご存知ですか?海外での人気を得ていたクロスオーバーSUVで現在、国内での販売は終了しています。今回は国内の販売が終了した今でも、世界中で販売台数を伸ばしているトヨタRAV4の気になる特徴、スペックから歴史をまとめました。


「トヨタ rav4の特徴」  

トヨタ rav4の特徴①

トヨタrav4はさまざまなアウトドアシーンで非常にアクティブに使用することに特化したコンパクトなSUV車となっております。 インテリアでは広いラゲッジスペースにどのシチュエーションでも活用できる備品の格納能力に優れており、そのフロアに撥水加工が施されているので濡れたり汚れのひどくなった様々なアウトドアグッズを気にすることなく無造作に積み込んで移動することが出来るので非常に便利となってます。  

トヨタ rav4の特徴②

更なるインテリアの特徴としていろいろな荷物を収納する際に運転時の振動などで中身が散乱するのを防ぐユーティリティネットや、予めその懸念がある際に状況に応じて利用できる床下収納を設けているので多方面での実用性は驚くほど高く利便性の面でも抜群となっております。 またrav4のボディ自体はコンパクトにまとまっているが、本格的な四輪駆動による動力伝達システムを充実させているのが大きな特徴となってます。 rav4自体の地上高が高く設定されているので、悪路や凹凸の多いハードな路面でもボディ下回りを気にすることなく安心して走行することが出来るのです。  

トヨタ rav4の特徴③

トヨタrav4の主流エンジンは排気量2.5リッター枠で展開しており、トルクが太いので170馬力以上の発進加速やダートでの走行性能を楽しむことが出来るのです。 その結果、走行自体に安心感を以って車を操る楽しみを満喫することが出来るのが大きな特徴となっております。 変速装置も無段階のCVTシステムを用いており、ダート走行性能に適している前輪駆動もしくは4輪駆動のいずれかをチョイスすることができるのです。

「トヨタ rav4の歴代モデル」  

トヨタ rav4の歴代モデル①

トヨタrav4は1994年5月にそれまでのトラックから乗用車へと視点ベースを改めて開発されたコンパクトSUVとなっております。 軽量な3ドアのボディは当時では斬新とされていたモノコック構造と4輪ダブルウィッシュボーンサスペンションの開発と実用化により採用されました。 SUVながらもオンロード性能を考慮した走行性能が売りとなっており、エンジンは2リッターの直列4気筒でDOHCによるガソリン仕様のみとなっておりました。 駆動方式はフルタイムの4WDとなっており、変速装置はマニュアルとオートマを選択することが可能となっていました。 但しセンターデフ作動制御が異なっていた為にそれぞれのミッション性能により走りの質に一部違いが生じたのが印象的です。  

トヨタ rav4の歴代モデル②

3代目の現行型では初代からさらにボディが拡大されて、インテリア構造が全体的に余裕を持った形での販売となりました。 それによって特に後部座席の居住性が一新されて、ドライバー以外でもカーライフを楽しめる仕様としたのが特徴となっています。 エクステリアは洗練された都会的イメージを強調することで、シティオフローダー的な印象を強くする結果となっています。 なおトヨタのオリジナル技術である横滑り防止機能+アクティブコントロール4WDといった最新技術となる電子制御を採用しており、それまでの排気量を一新して2.4リッターへボアアップしてシーケンシャルシフト付きとする7段変則のCVTが採用されました。

「中古車価格について」  

トヨタ rav4の歴代モデル①

rav4の中古価格の推移ですが初代モデルの中古市場における平均価格は46万円ほどで取り引きされてますが、これが現行モデルとなった場合の平均中古価格としては100万から120万前後となります。 なお全国の中古車市場に出回っている総数としてはだいたい400台ぐらいとなり、サンルーフやエアロパーツなどのオプションが充実した車両が多く見受けられるのも特徴となっております。  

トヨタ rav4の歴代モデル②

初代から現行型に至るまでで流線型的なエクステリアはほぼ同等となっており、マイナーチェンジなどでエンジン性能などが変わった状態でもエクステリアの方針変更などは見受けられませんでした。

「Gモデルがおすすめ!」  

リード文:未来型コクピットを連想させるナビゲーションや各種スイッチ類の張り出しなどで、ドライバーは運転する楽しみを最大減に引き出すことの出来る内容となっているのが大きな特徴となっています。  

おすすめモデルの燃費

Gモデルの燃費性能ですが前輪駆動と後輪駆動のモデルに分かれており、低燃費に貢献するモデルとしては2輪駆動モデルとなっています。 当然前輪駆動の方が車体全体を引っ張ることで燃料の消費を抑えますが、4WDではその制御についても実践されることになるので燃費がかかることになります  

おすすめモデルの維持費

維持費については小排気量と低燃費のおかげでかなり安い設定になっており、そこに2年越しの車検や日々の給油・オイル交換などの日々のメンテナンス料金が発生することになります。

Gモデルについていてほしいオプション3選」  

オススメオプション①

元々メーカー設定の最上級モデルとなるGですが、アウトドアを楽しむことが出来ればある程度については標準装備のままで対応OKとなるケースが多いのですが、やはりカーライフの充実を求めるが故の問い合わせが多いのも事実です。 現に中古車情報で自分の希望にある程度近い形で希望されてくるケースが多いのですが、4WDモデルへのクルーズコントロールなどがオススメとなっております。 こちらはメーカーオプションとなっており、63,000円の見積額となる為に後から追加で注文することはできません。  

オススメオプション②

必ず付けておきたいメーカーオプションとしてはサンルーフであり、開放感が抜群に違うにも関わらずに実際にアウトドア生活者がチョイスした装備を抜くのは少々考えづらいところがあります。 なおこのオプション自体は95,000円ほどとなっており、SUV車のオーナーとなるのであれば必ず入手しておきたい内容となっております。

「まとめ」

SUV車の代表格といえるrav4は、運転以外の所にも目を付けた点が若い販売層に受け入れられておりました。 それまでの車はあくまで移動手段のみであり、目的地で活動した後のフォローに着眼することは今まで皆無であったといえます。

CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら
安く購入できるかも!?

【Ancar 個人間売買 出品中の掲載車両】


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら