【ホンダフリード ハイブリッド】ハイブリッドの魅力とは?

ホンダフリードはコンパクトミニバンでありながらも広々とした空間を備え様々なユーザーから人気を得ています。今回はそんなホンダフリードのハイブリッドモデルについて試乗レビューと共にガソリンモデルと比較しながら魅力をお伝えしていきます


「ホンダ フリード ハイブリッドの特徴」  

ホンダ フリード ハイブリッドの特徴①

常時車体前方から放射されているミリ波レーダーと単眼カメラを装備しているので、運転状況を認識して運転者の視覚および運転操作を支援することができるのです。 このシステムはHonda SENSINGと呼ばれており、搭載モデルをチョイスすることによって高度な運転者サポートが可能となっているので、なんらかの不測の事態が生じた場合にもその被害を最小限に留めてくれるのです。 運転者への安心を常に支援することにより、運転環境を理想的な状況に維持することが出来るシステムとなっています。  

ホンダ フリード ハイブリッドの特徴②

ハイブリッドシステムを搭載することによって低燃費を実現することが出来るのはもちろんですが、エコカーとして税金の減税を見込むことが出来るのが特徴です。 フリードハイブリッドモデルのリッター当たりの走行可能距離数は実に30km近くにも及ぶ為、一回ガソリンを満タンにした状態で次回の給油に要する期間が年に数えられる程になると言うことも大きな魅力といえます。 自動車を所有する人々の悩みのひとつでもある維持費の問題が、大幅に減額されることによって車両価格以上のコストパフォーマンス要素を追加することが出来るのです。  

ホンダ フリード ハイブリッドの特徴③

上記で紹介したHonda SENSINGとハイブリッドの2大要素に隠れてしまいがちですが、フリードハイブリッドにはさまざまな小技が展開しているのも見逃せないポイントとなっているのです。

①プラズマクラスター技術を搭載したフルエアコン

常に車内を浮遊するウィルスを抑制してカビ菌その他の有害性物質の除去を見込めるエアコンとなっています。

②柔らかな車内空間を演出

木目調を基調としたインテリアとごちゃごちゃしすぎない運転席周りを考慮して構成された車内空間は、快適な応接間のように高級感と清潔感の両方を成立させた構成提供しています。

「ホンダ フリード ハイブリッドの歴代モデル」  

ホンダ フリード ハイブリッドの歴代モデル①

ホンダフリードは2006年に販売が開始されていてさまざまな歴代モデルが存在しますが、コンパクトなボディに3列シートを配置するという画期的な方法で人気を博していた車です。 ホンダ独自の技術により低床且つ低重心とすることと、歴代のコンパクトカーの空間構成やエンジン特性などのノウハウを凝縮することによって、ユーザーに使いやすいサイズを提唱してきました。 オーナーのニーズに合わせて2列目をベンチシートや完全個別とするキャプテンシートのいずれかを選択することが出来るようになったのがポイントです。  

ホンダ フリード ハイブリッドの歴代モデル②

2代目として販売開始された現行型では前モデルの良さを継承しつつ、キャプテンシートとした場合のウォークスルーで3列目シートへの走行中のアクセスも容易としている点がポイントです。 それと同時に3列目シートをはね上げられる為に大きな荷物がある時も容易にラゲッジスペースを拡大することができる機能は非常に重宝しています。 ハイブリッド機能も格段にその性能が改善されているので、ストレスフリーな運転と静音を兼ね備えているのです。
 

「1.5リッターハイブリッドG:Honda SENSINGを兼ね備えた4WDモデルがおすすめ!」  

リード文:ホンダフリードハイブリッドGでは動力構成を1.5L直4エンジンとCVTプラスモーター組み合わによるハイブリッド構成としており、7速デュアルクラッチを搭載して4輪駆動とすることによって格段の乗りやすさと走行性能を両立しているのが特徴です。  

おすすめモデルの燃費

ハイブリッドモデルということもあり、その低燃費性能は特筆に値すると言えます。 元々1.5リッターということもあってエンジン稼動上の複雑な動力性能を必要とせず、また適度な排気量による燃料使用が少なくて済むことが挙げられます。 この為リッター当たりの走行距離平均が約30km近くにも及ぶので、低燃費で残量を気にすることなく走行できるのはドライバーにとって大きなメリットと言えます。  

おすすめモデルの維持費

前述で低燃費となる旨の記述をしておりますがガソリン補給の回数が減るということと、ハイブリッドによるエコカー減税対象ということ、そして1.5リッターという小排気量による自動車税自体の金額が少なくて済むという3つの要素により維持費はそれまでの同排気量の車と比べても飛躍的に小額になっているのです

「1.5リッターハイブリッドG:Honda SENSINGを兼ね備えた4WDモデルについていてほしいオプション3選」  

オススメオプション①

プラズマクラスター搭載の車両は増加傾向にありますが、単なる脱臭やウィルス除去だけでなく快適な車内空間を演出して運転者本人のみに及ばず同乗者の健康促進にも一躍買っているのが特徴です。 なおオプション価格としては5万円から10万円ほどでのラインアップとなってます。 また純正のエアロパーツについてはひと昔前の見てくれだけの装備と異なり、空力性能や機能性の改善を基に開発されているので燃費向上や消耗部品の延命にも役立つことになります。 各部位によって価格は変わりますが、フロントスポイラー:7万円前後、サイドスカート:12万円前後となっております。  

オススメオプション②

LEDヘッドライトおよびアクティブコーナーリングライトは運転時の視認性向上はもちろんのこと、対向車や相手への意思表示としてこれから自車がどういう行動を取るかを明確に伝えることが出来る機能となっております。 便利かつ安全を兼ね備えたオプションとなるので、該当モデルの車両購入を検討する上では導入したい装備となります。 こちらは10万円ほどでオプション搭載することができるので、購入検討をオススメしたい機能となります。

「まとめ」

ホンダフリードは初代のコンパクト3列シートという要綱からHonda SENSINGによる運転支援の充実、そしてハイブリッドモデルの高性能化という2大要素を加えることによって劇的に変化を遂げました。 昨今誤操作による事故の多発はHonda SENSINGを活用することによって大幅に低減させることができ、その機能を兼ね備えたモデルが低価格で入手できるのは車と同時に安全も入手できるということになるのです。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら