【危険な居眠り運転】最先端技術がドライブ中の居眠りを防ぐ?

本製品の詳しい情報は、下記リンクよりご覧ください。

http://www.juki.co.jp/sleepbuster/sleep-buster/drive-rythem.html#feature

パナソニック・「眠気制御技術」

出典:https://www.panasonic.com/jp/corporate/wonders/wondersolutions/nemuke.html

最後にご紹介するのが、パナソニックの眠気制御技術。

本製品は、人工知能を搭載したカメラで、ドライバーの瞬き、表情を捉え、そこからドライバーの眠気を正確に探知します。また、カメラだけでなく、赤外線アレイセンサー、環境センサにより車内環境(室温や室内の明るさ)とドライバーの体温を探知し、これまで計測が困難であった眠気の推移を予測することができます。

本製品の最大の特徴は、どこまでもドライバー想いである点でしょう。
今まで紹介してきた商品はどれも、アラームや振動によって、ドライバーに注意喚起をするものでした。しかし、パナソニックは、このアラーム機能がドライバーの運転快適性を侵害するものだと認識し、極力アラーム機能を使わずに居眠り運転を予防する方法を考えました。そうして出来上がったのが本製品です。

では、アラーム機能を用いずに、具体的にはどのようにして居眠り運転を防ぐのでしょうか。
本製品は、ドライバーの眠気の推移を予測することで、早めに、空調を変える(足元に冷たい風を送る)、音響を変える(音量や、曲を変える)、また、場合によってはドライバーを近くのサービスエリアなど、安全に停車できる場所へと誘導することができます。このように早めの対策を打つことで、アラーム機能を使わずとも居眠り運転の予防ができるというわけです。

本製品は、2017年 10月よりサンプル対応を開始しています。しかし現段階では、一般向けへの販売は行っていないようです。

本製品の詳しい情報は、下記リンクよりご覧ください。

https://www.panasonic.com/jp/corporate/wonders/wondersolutions/nemuke.html

未来の安全のカタチ〜居眠り運転を防止する究極のテクノロジー

今まで紹介してきた製品は、どれもが「ドライバーを覚醒させる、もしくは眠らないように予防する」ものでした。しかし、これでは実際にドライバーが眠ってしまい、アラームが正常に作動しても起きることができなかった際、事故を予防することができなくなります。

この問題を解決するために注目されているのが、自動運転技術です。ドライバーの眠気が感知された際に、安全な停車場所を検索し、そこまで自動運転で向かい、停車させる。つまり、居眠り運転による事故を防ぐ究極の策は、ドライバーを起こすことではなく、車を安全に駐めること、というわけです。

この分野で現在注目されているのが、アイシングループが開発した、「ドライバー異常時対応システム」です。本システムは、ドライバーの顔の向きや、まぶたの開閉から眠気を計測します。ドライバーの居眠り時、また意識不明などにより安全に運転することが不可能だと判断されると、車を自動で路肩へ安全に停車させます。

本テクノロジーは居眠り運転による事故防止策として、非常に画期的です。しかし、自動運転から車を停車させた後の通常運転への切り替えに問題があったり、自動運転技術そのものにまだ修正が必要だったりして、現段階での実用化にはまだいくつかの課題が残っています。

まとめ

交通事故、死亡事故共に一番の原因となっている、居眠りによる漫然運転。

ドライバーは全て、自分の健康状態に気をつけ、しっかりと睡眠をとり、運転しなければいけない。これは周知の事実ですが、いつ何時でもこれらを守って運転することは、きっと皆さんできないのではないでしょうか?だって人間なんだもの。

しかし、それらの慢心、油断から実際に事故は起きています。そこで、事故を一つでも減らすために、これらの先端テクノロジーに頼ることは、もはや必然であると考えています。

これらの製品は現在、トラックドライバー、バスドライバーなどの長距離を継続的に運転する人向けに販売されていることが多いです。しかし、最近は一般向けへの販売も増えてきています。

これらの製品がもっと普及し、居眠り運転による事故が一つでも減ることを、筆者は願っています。

Ancarでクルマを購入するメリット

取引のサポートが充実

車検証、自賠責の名義変更、ETCの再セットアップを代行して行いますので安心です。お車の陸送の手配も代行いたします。

安心のエスクロー決済で取引の際に個人間でのお金のやり取りをする事がありませんので、安心して取引する事ができます。

購入検討されている段階で、事前に点検を行う事ができ、故障箇所を第三者の目でチェックしてもらう事ができます。

ご希望であれば、保証もお付けする事ができます。

オーナーと直接連絡できる

ご購入前にオーナーと直接やりとりする事が出来ますので、値段交渉ができたり、過去の修理した箇所など様々な質問もする事ができます。

購入時の消費税が不要

個人売買ですので、通常の中古車屋さんで購入する時にかかってくる消費税が一切かかりません。

ウェブ上で購入でき、納車まで来店不要で完結できる

忙しくてなかなか中古車屋さんに足を運べない方でも、ウェブ上で購入する事が出来ます。

 

 

 

 

 


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら