国産エンジン史軽自動車その2・最初から最後まで同じエンジンを貫いたスバル

国産エンジンの歴史をさまざまなジャンル・角度から解説していくシリーズ、軽自動車編その2は、画期的な「国民車」としてトヨタの小型車「パブリカ」と共に名を残した軽自動車「スバル360」に始まり、最後までその発展型エンジンを使ったスバルです。


息の長さが特徴のスバルエンジン

自動車市場,アメリカ,ドイツ車,BMW,アウディ,メルセデス,CARBUZZCCライセンス 表示Subaru Boxer Engine in a Scion by crudmucosa

トヨタや日産、ホンダのような大メーカーが数多くのエンジンや車種を開発する一方で、小メーカーはなかなかそのようにいきません。

その結果として、既に時代遅れとなっているクルマやエンジンを長く作りアウディ・RS3の長短を、ライバルと比較して考察します!実は、アウディ・RSは北米でほとんど販売がありません。ライバルと比較して見てみましょう。

続け、陳腐化してなお装飾など付加価値を追加して生産を続ける事になります。

それはなぜかといえば、一番大きな理由は「企業規模から、新たな生産設備やラインへの投資ができない」からです。

もっとも代表例としては、ボディの金型ひとつとってもなかなか更新できなかったいすゞが10年以上同じクルマに少しずつ手を加えながら生産していた(フローリアンやベレット)がありますが、スバルもことエンジンについては似たようなものでした。

ある意味、EA型からEJ型を経て現在のFA/FB型で水平対向エンジン搭載メーカーとして世界に冠たる存在となったのは、「それ以外作れなかった」(一時期、小型車用に直列3気筒エンジンを作ったのが数少ない例外です)からです。

そして、そこまでして水平対向エンジンメーカーとして有名になりながら軽自動車にはついに採用する事が無かったのは、軽自動車用エンジンもまた「それを作り続けるしか無かった」という事情がありました。

「スバル360」で産声を上げたEKエンジン

CCライセンス 表示1969 Subaru 360 Models by aldenjewell

スバルの軽自動車用エンジンが世に出たのは1958年、初の軽自動車にして革命的な「スバル360」用のエンジンとしてEK31型がデビューした時でした。

強制空冷2ストローク2気筒エンジンの排気量はわずか360cc。

今でいえば、コーラの350缶とほどんと変わらない排気量から16馬力を発揮したのが、その最初でした。

厳密に規格の定められた小さな軽自動車の中で最大の室内スペースを確保するため、駆動方式は床下を通るドライブシャフトなどがいらないRR(リアエンジン・リアドライブ)方式で、搭載スペースもミニマム。

その中にEK31を押し込めるように搭載して、メカニズムは最小限、キャビンは最大限というコンセプトは、その後乗用車が360からR2、レックスを経てFFへ、さらにRRのままで商用車のサンバーが発展していっても、変わりが無かったのです。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら