超小型車の時代・「現在実証実験中の超小型車」

まだ確定していない「超小型モビリティ」

既に日本において超小型車に相当する原付3輪「スリーター」やトライクの類が存在する事は前回書きましたが、実際に普及を目指すシティコミューターとしての超小型車の定義は、一部車種の販売が始まった今もなお、まだ確定していません。

国土交通省が「超小型モビリティ」の名で、普及のための実績やデータを取得するため、ある程度の規制緩和を行いながら実証実験を行っている段階です。

その「超小型モビリティ」の要件ですが、以下のようになります。

・全長、全幅、高さは軽自動車の規格内
・乗車定員は2名以下(ただし、年少者用補助乗車装置を2個取り付ければ3名以下)
・定格出力8kw以下(内燃機関の場合は排気量125cc以下)
・高速道路など最高速度60km/h超の道路は走らない
・地方公共団体などにより、交通の安全と円滑を図る措置を講じた場所で運行するもの

さらに、実証実験の段階では以下が緩和されます。

・二輪自動車の特性を持ち車幅1300mm以下のものは、二輪自動車の基準で灯火を設置できる。
・設計上、またはリミッターにより30km/h以下でしか走行しない場合は衝突安全基準を緩和。

ただし、安全性向上のために以下の要件が必要です。

・EVの場合は歩行者等に車両接近通報装置を義務付け
・車両前後面に基準緩和マークの表示義務
・運転手への速度警報装置、衝突警報装置、その他事故防止装置の取り付け推奨

要件から想像できる「超小型モビリティ」

 

実証実験のため緩和されているとはいえ、超小型モビリティの要件は結構厳しいものがあります。

まず乗員2名が乗って、最高時速60km/h以下となればそれなりの衝突安全性能を求められます。

認められている軽自動車並のボディがあればそれは可能ですが、本気で衝突安全性能を満たした上で2名乗ると、125ccエンジンや非力なモーターで60km/hも出せるのか疑問です。

どのみちスピードが出せないのならと割り切って、衝突安全性が緩和されたボディに、ラゲッジを増やした方が得策でしょう。

あるいは、スピードを重視するなら縦に2名乗車するタンデム式として、荷物は積まないものと割り切る考え方もあります。

実際の実証実験例・沖縄県本部半島でのトヨタ コムス

トヨタは2016年1月中旬から同年12月末まで、沖縄県本部半島で観光客を対象とした超小型車のカーシェアリング実証実験「ちゅらまーい Ha:mo」を行っています。

使われているのはトヨタ車体が製造した1人乗りEVミニカー「コムス」で、家庭用100Vコンセントから6時間かけて満充電を行い、200V電源やEV用の充電スタンドには対応していません。

満充電なら約50km走れるので、ちょっと海岸線の道路を海風に吹かれながら走る程度(コムスの最高速度は60km/h)なら最適でしょう。

宿泊施設などに30台のコムスが配備され、搭載された「おすすめ案内ルート」アプリで効率的に観光ができるようです。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら