BMW X1には高い評価の口コミがあります

BMW X1はセダンやスポーツカーが有名なBMWの車種です。SUVに対しても高い評価があり、中でも2009年に登場したSUVのX1はコンパクトに纏められていて誰にでも乗りやすいという口コミがあり非常に人気があります。世界中で支持され幅広い世代の人から支持されています。

BMW X1とは

BMW X1はエントリークラスのSUVです。サイズが小さく日本の狭い道でも運転がしやすいので人気があります。BMWではSUVではなくスポーツ・アクティビティ・ビークル(SAV))と表記していて、走破性の高さを表現しています。初代は2009年に登場し国内では2010年リリースされました。前後のバランスにこだわるSUVですが、後輪駆動がベースになっています。フロントノーズは長く設計されていて、安定感を重視し全高は1,550mmになっていて同クラスのSUVと異なるスタイルです。そのため日本の機械式駐車場のような空間にも収まることができるサイズとなっていて、幅広い世代の人から人気があります。海外ではディーゼルモデルが展開されていて、日本に導入されたものはすべてガソリンエンジン・モデルです。第二世代のフルモデルチェンジにおいてデザインや駆動方式などが大きく変わり、BMWらしさを求めるユーザーからは高い評価を得ています。コンパクトなサイズがちょうど良いという口コミや意見が多く、乗りやすいという声が多いです。

駆け抜ける喜びを体感できます

ファミリーカーとしても人気があります

BMW X1は第二世代になるとFRからFFに生まれ変わります。全長は短く全高は1,600mm以上あり、従来のコンセプトを大きく変えました。FRにこだわり続けていたBMWがFFベースにしましたが、居住性が向上し熟成したパッケージングは口コミでも好評です。機械式駐車場に収まらない大きさになりましたが、機能性や実用性が高められたのでファミリーカーとして人気があります。FFのノウハウはMINIで既に証明されていて、駆動方式が変わりましたが、駆け抜ける歓びを表現しているという口コミもあります。ブランド全体として前輪駆動モデルは今後も増えていくと予想することが可能です。

広く快適に過ごすことができます

BMW X1はFF化により全長が短くなったことに伴って、ホイールベースが90mm縮小しました。とはいえ後部座席は広く快適に過ごすことができ、家族連れに大変好評な口コミがあります。荷物を置くスペースは先代と比較すると85Lも拡大していて、後部座席を倒すと1,550Lという非常に大きなスペースを確保することが可能です。これはFF化に伴う恩恵によるものでエンジンを横置きにした分、キャビンスペースに割り当てられる部分が大きくなったと言えるでしょう。この大きさなら家族旅行やアウトドアなどでも居住性や積載性に関して不満が出ることはないでしょう。

評価の高い口コミがあります

遠乗りや近所での運転を楽しめます

BMW X1の初代タイプの口コミには高評価のものがあります。例えば高速などではパワーをしっかり出せることができるので、運転が楽しく喜んで遠乗りしたりショッピングに行っている人が多くいるそうです。近所への買い物にしか運転しない人もいますが、大きなボディでも威圧感を感じることはなく存在感がしっかりあり安心・安全で運転を楽しむことができますといった意見もありました。ややハンドルが重めになっていて少し力を使いますが、ハンドルを回した分だけすぐに反応するのできっちり駐車することができるそうです。BMWシリーズを乗り継いでいる人もいますが、現在X1に落ち着き大変満足しながら運転している人もいます。

運転しやすくなっています

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら