BMW X5の進化するSUV車の評価は? 

BMW X5は、セダンの5シリーズ(E39型)がベースとなった初のクロスオーバーSUV車で、現在は第三世代まで発売されています。今回は、この進化する先駆車BMW X5について、その概要や特徴の他、気になる燃料消費率や実際の評価等も詳細に御紹介します。

歴代のBMW X5

引用元:https://www.cars.com/research/bmw-x5-2018/

BMW X5は、クロスオーバーSUV車Xシリーズの中で最初に発表された車種であり、同時にBMWとしては初となるクロスオーバーSUV車でもあります。第一世代(2,000年~2,007年)は、セダンの5シリーズが主体となっており、また多くの部品が共通して採用されています。2000年に発表され、同年10月から日本でも4.4iの販売が始まりました。第二世代(2,007年~2,013年)においては、フルモデルチェンジがなされBMWで初となる3列シートを搭載し、第一世代よりもひと回り大きくなっています。日本では、2007年6月にグレードの最も低い3.0siとその2つ上のグレードである4.8iの2構成で販売が開始されました。第三世代(2,013年~現在)においては、第二世代より少々コンパクトになります。2013年5月に欧州で発表された後、同年11月には日本で中間のグレードに当たるxDrive35d・xDrive35i・xDrive50iの3構成で販売が開始されています。

BMW X5の概要と特徴

BMW X5の搭載エンジン

引用元:https://clubmini.jp/13599

BMW X5の現行型ではxDrive35iが3.0L 直列6気筒DOHCターボエンジン、xDrive50iとX5 M(2014年~現在)が4.4L V型8気筒DOHCツインターボエンジン、xDrive40e(2015年~現在)は2.0L直列4気筒DOHCターボエンジンが搭載されています。又、クリーンディーゼル車のxDrive35dは3.0L6気筒DOHCディーゼルエンジンが搭載されています。尚、新型BMW X5のエンジンに関しては、現行型となる直列4気筒ターボエンジン、直列6気筒ターボエンジン、V型8気筒ツインターボエンジンが主流となる模様です。

BMW X5の性能について

引用元:https://www.caranddriver.com/reviews/2015-bmw-x5-m-instrumented-test-review

BMW X5の現行型は、全グレードにおいて8速四輪駆動方式となっています。特に、高性能型の「X5 M」モデルでは、575ps/750Nmを発生する4.4L V型8気筒DOHCツインターボエンジンを搭載しており、僅か4.2秒で0kmから100kmまで加速させることが可能です。又、プラグインハイブリッドモデルに当たる「xDrive40e」は、2.0L 直列4気筒DOHCターボエンジンと電気モーターを組み合わせた方式を搭載しており、システムの出力は全部で313ps/450Nmで、電気モーターのみで走行した場合の最大走行距離は31kmとなっています。

新型BMW X5が2018年に発表か!

新型BMW X5のプラットホームが明らかに!

引用元:https://clubmini.jp/16145

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら