【出品車両紹介】【ホンダ N-ONE ツアラー Lパッケージ】加速性能が良く、オールマイティーに使える軽

ホンダ N-ONE ツアラー Lパッケージについて

概要


今回はAncarに掲載中の中古車 ホンダ・N-ONE ツアラーLパッケージを紹介していきます。

N-ONEは2012年11月に発売したN-BOXから展開を開始しました。ホンダ初の市販軽乗用車N360をモチーフに「人のためのスペースは最大に、メカニズムは最小に」の基本思想であるM・M(マン・マキシマム/メカ・ミニマム)思想を受け継ぎ、新しいベーシックカーの創造を目指して開発されました。

N-ONEは長く愛着のわくデザイン、大人4人がくつろげる室内。そして快適な高速クルーズも実現できる走行性能を高次元でバランスさせた軽自動車のベーシックカーとして開発されたホンダの軽自動車シリーズ「Nシリーズ」の第3弾モデルです。新世代のN-ONEのターゲットユーザーはもちろんN360を知る団塊の世代、そしてまったく存在すら知らない若者世代をターゲットに開発され、いいものをたくさん乗り継いできた団塊世代も満足し、若者には自由に移動できる喜びを知って欲しい願いを込めた意欲作です。新車価格は140万円。

外装

今回ご紹介している車両は、元々真っ赤なボディーを、ルーフとミラーカバーを3M社製のラッピングシートで白のツートンカラーにしており、リアドアのガラスの延長線上にも黒のラッピングを施してあるので、後期モデルにあるツートンカラーとも一線を画す個性的なデザインになっております。一見MINIの様なカラーリングです。ホイールも下位グレードとは違い、純正アルミホイールです。また丸いライトが特徴的で、スモールランプだけつけた時はかなり可愛いです。懐かしさの中に新しさもあるデザインになっております。年式距離相応の小キズは少しありますが、目立つ大きな傷なども無くきれいな状態です。

内装


軽自動車は内装がチープな印象がありますが、N-ONEの内装は長く使っても飽きのこない居心地の良さを追求し、シンプルな構成としながらも細部の処理や素材感にこだわり、丁寧な造り込みを施してある為、全く安っぽさは感じられないです。樹脂成型のダッシュ回りではありますが、シワ加工されており見た目の印象はクラスを超えています。USB端子が2つあり、スマホを繋げば充電はもちろん、音楽を車載スピーカーから流すことも可能です。


フロントシートはベンチシートタイプで、座り心地がいいです。シートサイズも小さくなくしっかり座れます。後席は大人4人がくつろげる空間と説明するように、足元のスペースも広く、シートバックがリクライニングするため、ゆったりしています。天井も高く圧迫感はまったくないです。リアシートの足場も広く、後ろに座っている方も遠方でのドライブでもストレスは感じにくいです。

N-ONEには、運転席回りを中心に豊富な収納スペースが確保されているほか、後部座席がフラットになったり座面を跳ね上げて背の高い荷物を載せられるので非常に便利です。自転車なども乗せることが出来ます。


トランクに関しては、N-ONEの魅力でもある低床フラットな積み込み口。これが積み荷の時もとても役立ちます。重い荷物を高く持ち上げなくてすむように、荷室床面はできるだけ低くフラットになっていて、滑りこませるように積み込めるので、出し入れもラクにできます。力の弱い女性や、荷物を多く持っているときでも便利ですね。また、ラゲッジスペース下にはサブトランクも用意されており、たくさんの荷物を積むことが出来ます。

スペック

エンジン・燃料系
エンジン型式 S07A
最高出力 64ps(47kW)/6000rpm
最大トルク 10.6kg・m(104N・m)/2600rpm
種類 水冷直列3気筒DOHC12バルブターボ
総排気量 658cc
内径×行程 64.0mm×68.2mm
圧縮比 9.2
過給機 ターボ
燃料供給装置 電子制御燃料噴射式(ホンダPGM-FI)
燃料タンク容量 35リットル
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン
環境仕様
JC08モード燃費 23.2km/リットル

足回り系
ステアリング形式 パワーアシスト付きラック&ピニオン
サスペンション形式(前) マクファーソン式
サスペンション形式(後) 車軸式
ブレーキ形式(前) ベンチレーテッドディスク
ブレーキ形式(後) ドラム(リーディングトレーディング)
タイヤサイズ(前) 155/65R14 75S
タイヤサイズ(後) 155/65R14 75S
最小回転半径 4.5m

駆動系
駆動方式 FF
トランスミッション CVT(無段変速車)
変速比 CVT 3.152~0.577
後退 2.722~1.248
最終減速比 4.894

ホンダ N-ONE ツアラー Lパッケージの走り


今回ご紹介の車両は過給器付きで遮音に相当力を入れているため、軽自動車独特の軽いエンジン音には聞こえません。ここにも軽自動車にありがちな安っぽさがないです。また、ターボラグもなく低速からトルクがかかります。加速は割りと良く回るエンジンの為、家族4人フルで乗っても問題なく走れます。

このターボモデルの市街地での走りですが、最近の低燃費指向にCVTの特性を振ったリッターカークラスより加速性能は高いです。アクセルのレスポンスもよく、軽快に走れます。さらにLパッケージにセットされるパドルシフトを使いSモードで走行すれば、よりスポーティな走りも楽しめます。ワインディングロードで楽しく攻める走りが出来ます。

軽を選ばない理由として、高速道路の登坂車線でトラックを追い抜こうと追い越し車線に出てみたものの、なかなか追い越せず、速いクルマに後に付かれるというのがイヤだからという人も多いですが、この車両はそのストレスはまったくありません。80km/hからの加速でも力強く加速をするので、ストレス無く合流追い越しができます。中間域からでも吹け上がりますので安心して運転できます。

一般道では、どの軽自動車もあまり走りの差は感じられないと思いますが、この車の驚くポイントは高速道路での運転時なのです。100km/hより上の速度域の安定感がとても素晴らしいです。地面に吸い付いているかのような安定感で、本当に軽自動車なのかと思うほどです。トールワゴン系の軽自動車は、重心が高いので横風や大型トラックの追い越し時の風圧などで挙動が不安定になりますが、N-ONEは皆無です。さらにこのご紹介車両はLパッケージで、クルーズコントロールの装備も含まれるので、長距離も楽にこなせる新世代の軽自動車といえます。

前オーナー様によれば、実燃費は市街地で15km/Lほど、高速道路だと20km/Lほどだったとのこと。

まとめ


荷物も人も乗せて走れて、燃費も良く、長距離でも安定して快適な走りが楽しめオールマイティに使える。それに加え、軽自動車特有の安っぽさがない。こんなクルマは今ままでにないと思います。都心などの狭い道が多い地域では非常に使い勝手が良いのではないでしょうか。ぜひこの機会にいかがでしょうか。
「Ancar」で安く購入できる中古車の一覧を見る

車の乗り換えを検討中の方必見!



楽に早くは当たり前。

Ancarのおまかせ出品ならどこよりも高く。

クルマをAncarのガレージに預けて、買取保証金(買取店と同水準以上)と高く売れた分の金額を受け取るだけの新たな出品方法です。

出品のための面倒な撮影や相手とのやり取りはAncarにおまかせできます。

「Ancar」があるからこそ価値が付く仕組み

私たちはAncarと言う、個人間の「売る」と「買う」のマッチングサービスを提供しております。 買い取りのみで利益を出す必要がないため、どこよりも高く売ることができます。

おまかせ出品を使えば「必ず高く売れる成功体験」ができます。

実際にご利用頂いたお客様の声

「60万円も高く売れた成功体験」K.T様



K.T様のコメント:憧れの車への乗り換えを検討し、車を査定。しかし査定額は170万円。 乗り換えを諦めていた時Ancarのおまかせ出品を知りました。

おまかせ出品を使った結果230万円で売却、最初の査定より60万円も高く売く売ることができました。今では憧れだった車に乗り換え最高のカーライフを送っています。 「高く売って乗り換える」。新しい車所有のカタチを体感できるサービスでした。

まず簡単査定!

お問い合わせいただいた内容を元に、スタッフが査定させて頂きます。ぜひお気軽にお問い合わせ下さい! 買い取り価格を知りたい方はこちら!

サービス詳細や、お問い合わせ後の詳しい流れについてはこちらをご参照下さい。

手洗い洗車のサブスクリプションサービス事前登録受付中!



通うことで愛車を常に綺麗に保つ

愛車への悩みを解決する手洗い洗車のサブスクが始まります!



事前登録、詳しい内容はこちら↓

洗車サブスクリプション