【ポルシェ パナメーラV6】ポルシェの形をした高級セダンではなくポルシェ独自のクルマ

ポルシェ パナメーラV6について

概要

今回はAncarに掲載中の中古車 ポルシェ・パナメーラV6を紹介していきます。

皆さんは「カレラ・パナメリカーナ・メヒコ」というレースをご存知でしょうか?1950年代前半にメキシコで行われた、世界一ワイルドで過酷な幻の公道レースです。毎年ドライバーの死亡事故が多発したため、たった5年間のみ開催されました。パナメーラの由来は911「カレラ」と同様にこのレースからインスピレーションを受けたとされています。

ポルシェ初のフル4シーターの4ドアセダンで、一流のスポーツカーでありながら高級サルーンの快適さを兼ねるモデルとして誕生しました。日本では、2009年11月20日から23日に開催された「名古屋モーターショー」(第16回)にて、一般向けとしては初めてのお披露目となりました。2016年にモデルチェンジされ2代目も発売されておりますが、今回ご紹介の車両は1代目になります。新車価格は1000万円以上。

外装


パナメーラをセダンと呼ぶのはちょっと無理じゃないか? と思う人も多いでしょう。何故その様なデザインになったかというと恐らく、ポルシェがメルセデスやBMWに対抗して高級サルーンの車を出したいけれど、ポルシェらしさも出したい、4ドアでもパッと見でポルシェだと認識してもらえるものを作りたいという思いで出来た為でしょう。

「パッと見でポルシェに見える」これはエンブレムが付いていればいいだけの話ではありません。たとえポルシェのエンブレムを付けていたとしても、それがごく普通の3ボックスセダンだったら、長い歴史と伝統をもつメルセデスのSクラスやBMW7シリーズに勝つことは難しい。しかし、見た目と内容でポルシェらしさを色濃く打ち出すことができれば話は別。パナメーラに興味をもち、購入を検討している人にとっては、セダンのセオリーを忠実に守っていることよりも、“ポルシェに見えること”のほうがずっと強い説得材料になるはずだと思いこの様なエクステリアデザインにたどり着いたのでしょう。

事実、パナメーラのルックスはライバルとは明らかに違うと思います。顔つき、そして何よりファストバックスタイルが、ポルシェ一族であることを高らかにアピールしています。フォーマル感はライバルに及ばないものの、そもそもパナメーラは運転手付きで後席に乗る人をターゲットにしたクルマではないので自らステアリングを握り運転を楽しみたいし人や荷物も乗せたい。そんな考えを持っている人たちに、911を連想させる様なパナメーラのフォルムは強くアピールします。

今回ご紹介のパナメーラはテックアートの21インチホイールにカスタムしてあり、大きな割に色がブラックの為、あまり派手過ぎず足元が締まる印象でとてもクールです。またマフラーも純正オプション品の4本出しになっておりキマっています!

ガラスコーティングを施せれている為ボディーの塗装の状態は艶がありとても綺麗です。

内装


スイッチの羅列やウッドパネルはスポーティーさを感じられず、ポルシェとしてどうなのよ? と思いますが、高い位置で傾斜したセンターコンソールのデザインおかげで、スポーツカー的な囲まれ感、コックピット感が得られると思います。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら