BMW X1の凄すぎる内装

BMWのX1とは、数あるBMWシリーズのSUVのなかでも最も身近な車種です。実用性が良いというだけでなく、非常にコストパフォーマンスなどが良いということでどの年齢層からも高い評価を得続けています。そんなX1の内装について、徹底的に解説していきます。

BMW X1とは

引用元:https://minkara.carview.co.jp/car/bmw/x1/

BMWX1とは、BMW社が誇るSUVのファーストモデルです。非常に優れたコストパフォーマンス・実用性を提供している他、走行性能や内装の質感などでも根強い人気を獲得しています。BMWX1には8つのグレードがあり、最も人気なのはxDrive16dというグレードです。低価格なだけでなく、様々なBMWの誇る最新システムを惜しみなく搭載していることなどが理由です。ガソリンエンジンはもちろんディーゼルエンジンまで用意しており、1.5Lのガソリン・2.0Lのディーゼルターボというラインナップとなっています。この車の一番の特徴は、若者から老人まですべての年代層の人が愛用できるということです。デザインはエレガントな感じを残しながらもすこしスポーティでいかつく、サイズは4.455mmと意外に小柄です。気になる値段は450万円~500万円とこれまた意外に安値です。おまけに、燃費は10km/L~15km/Lと決して悪くはありません。全てのバランスが非常に整った車として、年齢に関係なく人気が高まっています。

BMW X1の内装解説

価格の割に質感が非常に良い

引用元:https://clubmini.jp/15219

インテリアの特徴としては、その安い価格にも関わらず他の高価格なモデルにも引けを取らないということです。X1の価格は450万円~500万円とBMWのSUVシリーズの中では一番安く、一番低品質になるはずのモデルです。しかし、このX1は、SUVとしてだけではなくラグジュアリー性も追求されています。シートには惜しみなくレザーを使い、ドライバーが長時間のドライブにも耐えられるように設計してあります。さらに、レザーの色はブラウンなどのカラーを含み、高級感漂う室内となっています。オフロードで汚してしまうのがもったいないほどによく出来上がった内装です。

便利な機能をたくさん搭載

引用元:http://dealer-blog.bmw.ne.jp/ikebukuro-bmw/2012/03/article357/

BMWX1の内装の魅力は高級感だけではありません。ずばり実用性です。全席・コクピットには、電動パワーシートやシートヒーター、レザーハンドルなどを用いています。後席も、60:40の2分割式リヤシートとなっており開放感が驚くほど良いです。成人がゆったりと疲れることなく長時間のドライブに耐えられる空間が出来上がっています。さらに、トランクルームの容量はライバル車をはるかに上回っていて、容量を増やしたいときには手動でハンドルを使って調節することもできます。このようなことから、SUVでありながらもファミリー車として使用されるというケースも多々あります。

BMWX1の内装の詳細

さらに細かい機能・ポイント

引用元:http://carvel.xyz/x1_interior

BMWX1の内装にはまだまだたくさんの隠された仕掛けがあります。その例としてふさわしいのが、リヤシートをボタン操作一つで倒せてしまうシステムです。X1はトランクの容量が非常に大きいので、どうしても後席まで手が届かなくなってしまいます。そんな時にこのシステムを使えば、誰でも簡単にリヤシートを倒しトランクの容量をさらに広げることができます。老若男女にはとても重宝するシステムです。また、トランクの下にも秘密があります。

引用元:https://www.vasques.com/blog/toritsuke/post-3562/

このように後席を倒してスペースを広げるのが大変だという時には、トランクの底にあるレバーを引くだけで底に空間が現れます。少しのスペース確保にはもってつけです。

ライバル車と内装を比較

引用元:https://minkara.carview.co.jp/userid/1383667/blog/25299289/

BMWX1のライバル車としては、メルセデスベンツGLAやアウディQ3などがあります。どの車も一流ブランドが手掛けた車で、内装には気を配っています。特に注目すべき点は、その値段に見合わぬ高級感でしょう。どのメーカーもどれだけ低価格で高級感を出せるか競い合っています。しかし、X1の内装はこのどの車種よりも優れていると言えます。スポーツにもラグジュアリーにも、ましてやファミリーにも対応できる車といえば、X1以外ありません。しかも、この二つの車はどちらも年齢層が決まっており、内装もその年齢層を意識して作られています。内装の高級感や実用性もX1が群を抜いています。

まとめ

このようにこのBMWX1は言葉では表現できないような素晴らしい車だと言えます。その遊び心をくすぐるようなルックスから内装に至るまで様々な箇所に工夫を凝らしているということも大変人気です。X1はどのような家庭環境の人でも対応することができ、その実用性も爆発的な人気を得ました。口コミサイトやレビューでも、ありとあらゆる年齢層の人から高評価を得ています。それも、BMWX1が他車を凌ぐほどのバランスの持ち主だからです。BMWX1の実力は途方もないものです。


〜今までよりもクルマを高く売却できる新しい方法〜 


「90万円」高く売却に成功! K様



K様のコメント:
 
「愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」

高く売却できる『おまかせ出品』

『おまかせ出品』で、びっくりするくらいクルマが高く売れるかも!?

『おまかせ出品』の詳細はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

出品中のクルマ一覧はこちら

【TGR TRADE】 レースに使う競技車両の売買も!



トヨタ(トヨタ・ガズー・レーシング)と提携し、競技用(レース)車両の個人間売買サービスプラットフォーム「TGR TRADE」を開始しました!

「自分が大切に乗ってきた車両を手放したいが、どこで売ればいいのか分からない」「レースやラリーに興味があるので、中古車で手軽に参加してみたいが、どこで買えるのか分からない」という、個人の売りたいお客様、買いたいお客様それぞれのニーズや困りごとがあります。

『TGR TRADE』はそのような双方の思いを結びつけるためのプラットフォームとなり、中古車の競技用車両が流通する市場を作ることで、モータースポーツへの参加のハードルを下げ、クルマファンの裾野拡大につなげることにお役に立ちたい、という思いから開始するサービスです。

売りたいお客様はスマホで簡単に出品ができ、かつ価値を理解してくれる人に直接引き継ぐことが出来る、買いたいお客様はレース経験者と直接のコミュニケーションをサイト内で取ることができるなど、個人間売買である特性を生かしつつ、お客様のニーズに寄り添ったサービスを展開していきます。
『TGR TRADE』の詳細はこちら

 【ショールーム撮影会】



愛車をショールームで撮影してもらえる『ショールーム撮影会』を開始しました!

愛車の撮影をしてくれて、売りたい時に、そのままサービスが利用できる画期的でスマートなサービス「ショールーム撮影会」!!

是非、興味がある人は利用してみては??

※毎週日曜日、完全予約制にて、下記のショールームにて開催されています。
〒151-0071
東京都渋谷区本町1-17-12リッツ初台ビル 1F
営業時間 10:00-19:00 (定休日:火曜・水曜)
TEL 03-6300-9141
Email apl@ancar.jp
HP https://lounge.ancar.jp

 【クルマの相談所】



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら