【BMW M6カブリオレ】高級オープントップで空を楽しむ

BMWの6シリーズと言えば高級クーペの代名詞的存在ですが、風を感じながら走れるカブリオレモデルも見逃せません。気品あるデザインで世界的にも人気を誇っています。現行で3世代目となるM6について、その評判やチェックポイントを確かめていきましょう。

BMW M6 カブリオレとは

引用元:https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/m-series/m6-convertible/2015/at-a-glance.html

1976年にBMWから登場した初代6シリーズは、世界でも屈指の人気を誇るラグジュアリークーペとなります。今でもその美しい造形美への支持は失われておらず、愛好家もいるほどです。同社の高級セダンよりも高価でしたが、その気品と作りこみの丁寧さは、それに見合ったものがありました。
6シリーズにM6カブリオレが登場したのは、フルモデルチェンジされた2代目からです。Mの名を冠するのは最高峰の証で、つまり6シリーズ最高グレードでのカブリオレとなります。M6は装備ももちろん充実していますが、性能面ではベースグレードに倍ほどの差を付ける凄まじいパワーが特徴的です。第二世代も現行の第三世代も最高出力は500馬力を軽く超えており、走りに定評があるBMWらしい仕上がりとなっています。
現行の第三世代ではGT3車両のベースグレードになっており、磨き上げられたフォルムと卓越した加速性能で存在感は抜群。カブリオレモデルも基本スペックはクーペと変わりませんから、その魅力をオープントップで満喫することが可能と言う、とても贅沢な一台となっています。

BMW M6カブリオレの走行性能は伊達ではない

ハイパワーなエンジンは超一流の証

引用元:http://dealer-blog.bmw.ne.jp/abebmw/2013/01/article1056/

現行のM6カブリオレは第二世代から600ccほどエンジンを小型化しており、約4,400ccのものを搭載しています。かなりのダウンサイジングですが、パワフルさは逆に大きく進化を見せていて、馬力では507psから560psへと向上しており、トルクの方は53.0kgmだったのが69.3kgmへと著しいパワーアップを果たしました。これで燃費面でも大幅に向上しているのが凄い所です。
併せてM DCT ドライブロジックと呼ばれるデュアルクラッチの変速機を採用しており、強力なパワートレインに仕上がりました。その加速性能は停止から100km/hまで4秒程度とされています。

走りを支えるシャシーと足回り

引用元:http://www.tm23.jp/cars249.html

これだけのパワーを備えたマシンでは、コントロール性能もそれに見合っていないければ、安心して運転することは出来ないでしょう。その点でM6はFIAの主催するGT選手権にも登場している車種なので、かなり堅実に作り込まれています。これはカブリオレにも言えることで、オープントップではあるものの気持ちよく運転することができるでしょう。
鍛造ホイールは堅牢で、ブレーキも優れた制動力を発揮します。オプションではカーボンブレーキが用意されているのですが、これは更に性能が高くなっています。自在に調節できるディファレンシャルを搭載しており、サーキットでも思い切った走りが出来そうです。

エレガンスな内装と外装は思わずうっとりするほど

上質な品格とスポーティーさのある外観

引用元:http://dealer-blog.bmw.ne.jp/hanshin_bmw/2011/02/article426/

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら