小型4ドアセダン【トヨタ ベルタ】気になる中古車価格など

トヨタベルタは2代目ヴィッツがベースの最小セダン。プラッツの後継車で実用性よりもスタイリング性を重視した仕様になっている。シンプルでクールを売りにしているトヨタベルタ、今回はこだわりのポイント、気なる中古車価格などをまとめて取り上げました。


「トヨタ ベルタの特徴」

トヨタ ベルタの特徴①

ベルタは2011年にトヨタカローラ店から販売開始されたコンパクトセダンであり、小回りが利いて気軽に買い物やその他のお出かけに利用することの出来る足として若年層から主婦層に人気の車でした。 特にそのコンパクトながらも走る場所を選ばない気軽さが、前述した階層の人々に強く支持された車といえるのです。 扱いやすいボディ形状と容易に目視できる車両感覚が人気を博した理由であり、運転に自信がない方々にも受け入れられた要因といえます。

トヨタ ベルタの特徴②

コンパクトなセダンという売り文句で多くの人々に支持されながらも、インテリアにおける視点移動が最小限で済んで且つ操作しやすいパネル類やゆったりと寛ぐことのできる空間の使い方にも人気がありました。 全席のシートがコンパクトな外見からは想像できない程の広々設計となっており、同乗者にも窮屈なイメージを感じさせることのない車内レイアウトを実現することが出来たのです。

トヨタ ベルタの特徴③

主婦層や若い女性に支持された大きなポイントはその収納力の高さであり、ドアポケットを皮切りにダッシュボードから運転席周辺、そしてセンターコンソールの周りにも様々な配慮がなされてるのがポイントとなってるのです。

「エクステリア・インテリア」

トヨタ ベルタのエクステリア

ベルタのエクステリアで目を見張るのはコンパクトながらもマッチョなイメージで重厚感のあるピラー周りや、豪華さよりもシンプルで使い勝手の良い車をフラッグシップのモデルとして営業戦略されたと言えます。 シャープですっきりとしたフロントマスクや、細かい部材を目立たなくする配慮が随所に盛り込まれているのが特徴です。

トヨタ ベルタのインテリア

ベルタのインテリアはまさに運転に特化した、集中空間の演出にあると言えます。 とかくごちゃごちゃしがちなハンドル周りから変則器までの流れにもこだわりがあり、操作パネルをVゾーンかすることで各種機能をしっかりと確実に操作することが可能となりました。 また速度やガソリン量、タコメーターをセンター配置することによって、その他の部分はすっきりとした形状と清潔感を併せ持つ車となりました。 今ではその流れを汲んだコンパクトハッチバックやセダンタイプにも、すっきりさせた影響をドライバーに与えることの出来る魁的な役割りを展開したのです。

「中古車価格について」

トヨタ ベルタの歴代モデル①

現在ベルタの中古車は市場動向として、全国に200台ほど存在しています。 中古車相場の推移としては、10万円台から100万円台に集中しているのが特徴です。 そして年式の人気度はやはり最終モデルとなっており、基本的なコンセプトを前面に打ち出した車として人気が高いのです。 なお2005年から2012年までの生産モデルが全体の90%以上を占めているのも、本来の人気グレードへの問い合わせや購入成約に至るまでの経緯がかなりユニークであると言えます。

トヨタ ベルタの歴代モデル②

ベルタはゆったりとしたセダンであることは前述済ですが、中古車市場においては非常に重要視される走行距離がとても少ない車が多いのも特筆的な現象です。 やはり街乗りなどがメインの為にあまり遠出に使用されるシチュエーションが少ないのも、中古車市場における走行距離の少ない数値に反映された内容であるといえるのです。

「Gモデルがおすすめ!」

ベルタには3つのモデルが存在しており、いずれもがコンパクトで技術的な快適性の重視しております。 またベルタにはそれぞれのモデルで4輪駆動と2輪駆動が展開しており、フルタイム4WDの恩恵を随所に発揮できるのです。

おすすめモデルの燃費

ベルタGの4WDモデルを例に挙げると、1.3リッターという決して余裕のある排気量ではない場合でもそれを凌駕する4WDは非常に魅力的であると言えます。

小見出し2:おすすめモデルの維持費

「Gモデルについていてほしいオプション3選」

オススメオプション①

元々ベルタで最上位モデルとしてのGに対する想いというよりは、如何に所有する車の充実度を上げるのかといった話しに端を発しているのです。 その中でもヘッドランプに特化したオートディスチャージ機能は、発光度合いを明るくして道路状況や人の動きなどを瞬時にドライバーに伝えることができるので非常にオススメなオプション機能といえます。 またGモデルのみにディーラーオプションとなっているのは、チョイスする車種モデルを限定することで特別な仕様を提供することが出来ると言ったメーカーの差別化を図った営業戦績UPに繋がっていたのです。

オススメオプション②

DVDのボイスナビゲーションシステムによる決め細やかな情報伝達は、臨場感溢れる空間を演出してくれるのでとてもオススメであると言えます。 その他タッチパネルの採用や6.5インチのワイド画面に表示される内容では、各種情報を瞬時に確認することが出来るのでとても快適となります。 10万以上のディーラーオプションとなりますが、その操作頻度や視覚的に楽しむことによってぜひとも装備した車両をチョイスすることが重要となるのです。

「まとめ」

ヴィッツやその他のコンパクトセダンと比較しても、その完成度の高さは際立っています。 磐石なコンパクトさとインテリア空間の贅沢な使い方、そして卓越した応接間のようなゆったり感を演出する室内シートのレイアウトとコンセプトは乗る人にゆとりと安心感を持たせることの出来るのが最大の特徴であると言えるのです。 また技術的な性能となっているフルタイムの4WDは通常の4輪駆動と異なり、いつもはFFとしての前輪駆動がメインとなります。 但しその状態で発信や加速などによる前後輪に回転差が生じてしまった際に、自動的に後輪も前輪と同期を取って正常な状態に戻すことの出来るメカニカルな部分での補助も大きな特徴として存在しているのです。 日常生活層をターゲットとして、販売戦略を延ばしてきたモデルであるといえるのです。