【BMW i3】購入時の注意点。航続距離と充電設備の関係や燃費

BMW i3はワンペダル走行で運転することになります。アクセルペダルだけで加速と停止ができるのです。ガソリン車ではブレーキを踏んで停止するまでにある程度の距離を必要としましたが、ワンペダル走行は回生ブレーキによって走行中にアクセルペダルから足を話した瞬間にブレーキがかかる仕組みです。ブレーキとアクセルの踏みかえがなくなることにより、ペダル操作が減るため慣れるとワンペダル走行は楽です。しかし、今までと動作が違うため慣れるまで時間がかかることがあります。購入してから合わなかったということがないように購入前に試乗サービスを利用し運転感覚を確認しておくと安心です。

燃費などの維持費がよくても電気自動車では不安なら

BMW i3の年間の電気代

BMW i3の総電力量は21.8kWhで、夜間に充電した場合は265円です。(夜間の電力量を12.16円/kWhと想定して算出しています。)毎週1回充電すると、年間13,000円程度で済み、他メーカーのハイブリッドカーの燃費37.2km/Lと比較すると、年間走行距離10,000km、ガソリン価格130円/Lの場合、ガソリン代は年間35,000円となります。このように計算してみると、電気代が燃料費ほどかからないため維持費は安く済みます。同じ維持費として、自動車税も電気自動車は減税の対象となるため、ハイブリッドやガソリン車より維持費が安いのは魅力です。

電気自動車では不安という時はレンジエクステンダー

引用元:http://blog.livedoor.jp/yamamotosinya/archives/52344678.html

維持費も安く、航続可能距離も伸びてきていても電気自動車では不安という方もいるでしょう。そのような場合、BMW i3は電気自動車とレンジエクステンダーの2種類から選べるようになっています。電気自動車に乗りたいけど、長距離移動も多く充電ステーションが少ない地域があるかもしれないというような不安がある方は、「レンジエクステンダー装備車」をおすすめします。タンク容量は9L、燃費は24.7km/Lです。レンジエクステンダーとは、搭載しているエンジンは主に発電に使用するためのもので、走行時にはモーターで走行するハイブリッドシステムですが、充電が少なくなった場合には、ガソリンとエンジンで走行もできます。

まとめ

以前は航続可能距離への不満や、バッテリーの劣化に対する不安などがあった電気自動車ですが、BMW i3はそのようなマイナス面に大幅な改良が加えられています。電気自動車を販売しているメーカも増え、ディーラーだけだはなくショッピングセンターなど、身近な場所にも充電スポットが充実してきているので気軽に充電できるのも安心です。BMW i3は小型なボディからは想像もできない力強く安定した走りで、排気ガスを出さない環境に優しい車です。購入を迷っているかたにも安心できる面は増えてきているのではないでしょうか。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら