ニュルブルクリンクでベンツ・BMWの新型車が一斉にテスト!

ニュルブルクリンクにベンツ・BMWの新型車が一斉にテスト!

世界中の自動車メーカーが新型車のテストとして、周囲に専用のファクトリーを設けるほど現在の自動車開発に無くてはならない場となっている「ニュルブルクリンク・ノルドシュライフェ」。一周20.8kmという通常のサーキットの4〜5倍の長さに170のコーナーと300mの高低差、サーキットとして見ればあまりにもグリップレベルの低い舗装。

1周全開走行でマシンには通常走行2000〜3000km相当の負荷がかかると言われています。

そんなコースの魔力に引き寄せられたクルマ好きが世界中からやってきて走ったり、見学をしています。

発売前テストは、当然ながら秘密なので、一般の走行枠とは別に走行します。

そんなテストカーだけ走る走行枠「インダストリープール(Industrie-Pool)」があります。
そこでは、複数の自動車メーカーがそれぞれの新型車、試作車を「同時に」走行します。

つまりライバルに新型車の性能は丸わかり。逆にライバルにあっと言わせるぐらいの完成度まで仕上げていかなければならないプレッシャーがテストチームにのしかかります。

3月末に今年最初の「インダストリープール(Industrie-Pool)」が行われました。その様子がYoutubeで公開されていますので紹介します。

BMWのテスト車両

・新型M5


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら