BMW3シリーズの維持費について

BMWの中でも国内で圧倒的な人気を誇る3シリーズ。セダンとツーリングがラインナップされ、国産車とそこまで大差のない価格でありながら、BMWという高級輸入車のブランドを味わうことができることから、BMWの中でも購入層が多いシリーズです。固定費は国産車とほとんど変わらず、減税対象車となっているモデルもあり、比較的維持がしやすい車です。今回はそんな3シリーズの維持費についてご紹介します。

BMW 3シリーズとは

https://www.bmw.co.jp

BMWの中でも3シリーズは中核となる主力モデルで最も販売台数の多い車です。欧州ではメルセデスベンツのCクラスと人気を分け合っており、日本ではフォルクスワーゲンのCセグメントと互角といった所でしょうか。大きめでラグジュアリーな5シリーズや7シリーズもありますが、日本の道路で扱いやすいことや、求めやすい価格から3シリーズが最も人気となっています。快適さや荷物の積載量なども含め、最もバランスが取れているシリーズと言えます。そのため、BMW購入者の3割から4割は3シリーズを求め、続いて1シリーズ・X1などが人気となっています。

BMW3シリーズの維持費について

固定維持費

https://www.bmw.co.jp

自動車税、重量税、自賠責保険料、駐車場代、任意保険などが主な自動車の固定維持費になります。まず、自動車税は1年に1度の支払いで、排気量によって金額が分けられています。現行型の3シリーズの場合、318iが1,498cc、320iと330iが1,998cc、340iが2,997ccとなっており、それぞれ318iから34,500円、39,500円、51,000円となります。なお、減税についてはディーゼルの320dのみ29,500円の減税で年額10,000円となります。重量税はほとんどの3シリーズは~2t区分になるため、基本の税額は32,800円となります。なお、現行型の減税についてはBMWメーカーサイトをご確認ください。

自賠責保険については、25ヵ月(車検期間内プラス1ヵ月)で26,680円となります。重量税と自賠責保険は車検の際に一括で支払うことになるので、月々の固定維持費としては駐車場代と任意保険代となります。それぞれ土地によって変わるのと保険は年齢や事故歴、保険対象の内容によって変わってくるので、ソニー損保などで調べてみると良いでしょう。

ガソリン代

https://www.bmw.co.jp

3シリーズの中でもどのモデルを購入するかによってガソリン代は変わってきます。現行モデルの中で一番燃費の良いモデルはプラグインハイブリッドの「330e iPerformance」です。燃費はリッター36.8kmです。次いで燃費がいいのはディーゼルモデルの320dです。リッター21.4kmとなり、軽油なのでガソリン代はリッター当たりレギュラー対比で10円、ハイオク対比で20円ほど安くなります。ガソリンモデルの中で一番燃費がいいのは318iになります。リッター17.2kmとなっています。3シリーズはどのモデルも比較的燃費は良く、ガソリン代は抑えられるシリーズとなっています。

パーツの交換費用

ドイツ車は壊れてから直すのではなく、壊れる前にパーツ交換し新車の状態を保つ、「パーツは消耗品」の感覚があります。ディーラーに持っていくと「これ変える必要があるの?」といったパーツまで見積もりに入ります。万が一のためにパーツをすべて交換すると、通常より費用がかかります。

3~40,000km走るとタイヤ交換が必要になりますが、特にMスポーツはタイヤの交換費用が普通よりかかるので要注意。グレードによっては前後のタイヤ幅が違うため、量販店のお買い得な4本セットが購入できず個別購入になります。そうすると定価とほぼ同じ値段で購入することになり、結果交換だけで10万円以上かかってしまいます。
さらに最近のBMWは標準でランフラットタイヤを履いていますが、ランフラットタイヤはタイヤ代も工賃も割高になります。パンクしても走れるメリットが大きいのでランフラットタイヤはおすすめですが、その分費用がかさみます。

故障による修理費用

http://www.nextfactory.jp

輸入車は故障しやすいと言われていましたが、以前よりも組み立て制度も向上し、故障頻度は大幅に減りました。高温多湿の日本と同じような気候のドイツで作られている車だからこそ、同じクオリティで走らせることができます。ただし、現行モデルや比較的新しい3シリーズに限ります。中古車で10年ほど前のモデルを購入する方もいるかと思いますが、古い3シリーズはオイル漏れや冷却水漏れがよく発生します。最悪の場合エンジンを下ろさないと直せないオイルシールの劣化などもあり、部品代は安くても交換工賃で数十万というパターンもあります。中古で古い3シリーズを購入された方は、年間での修理費用は10万以上かかると思っていた方が良いでしょう。

まとめ

引用元:https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/3-series/sedan/2015/driving-dynamics-and-efficiency.html?_ga=2.246289028.1030582575.1521808952-696429843.1521808952

3シリーズは輸入車だからと維持費が多くかかるということはありません。特に新車で購入した方はメーカー保証もあり修理費用の心配もありません。燃費もいいため月々のガソリン代もそこまで気にならないでしょう。ただ、中古で古い3シリーズを購入する方は修理費用の負担が重くなる可能性があります。また、燃費もそこまで良くありません。その分購入費用が安いので、手軽に3シリーズを手に入れることができます。月々の維持費だけを考えたら新車が一番ですが、購入費用も含めてのトータル費用では圧倒的に中古の方が安くなるでしょう。

車を乗り換えようかなと考えている方、次の車を購入する前に現在お乗りのお車を高く売るには、今までの売り方とは違う新しい売却のカタチ『おまかせ出品』がおすすめです。

また逆に、現在BMW3シリーズに乗られていて、乗り換えを検討しているオーナーさんにもおすすめのサービスです。以下の記事で詳しくご紹介しています。

【元中古車屋が伝授】BMW3シリーズなら高く売れるサービスがある?

車の乗り換えを検討中の方必見!



楽に早くは当たり前。

Ancarのおまかせ出品ならどこよりも高く。

クルマをAncarのガレージに預けて、買取保証金(買取店と同水準以上)と高く売れた分の金額を受け取るだけの新たな出品方法です。

出品のための面倒な撮影や相手とのやり取りはAncarにおまかせできます。

「Ancar」があるからこそ価値が付く仕組み

私たちはAncarと言う、個人間の「売る」と「買う」のマッチングサービスを提供しております。 買い取りのみで利益を出す必要がないため、どこよりも高く売ることができます。

おまかせ出品を使えば「必ず高く売れる成功体験」ができます。

実際にご利用頂いたお客様の声

「60万円も高く売れた成功体験」K.T様



K.T様のコメント:憧れの車への乗り換えを検討し、車を査定。しかし査定額は170万円。 乗り換えを諦めていた時Ancarのおまかせ出品を知りました。

おまかせ出品を使った結果230万円で売却、最初の査定より60万円も高く売く売ることができました。今では憧れだった車に乗り換え最高のカーライフを送っています。 「高く売って乗り換える」。新しい車所有のカタチを体感できるサービスでした。

まず簡単査定!

お問い合わせいただいた内容を元に、スタッフが査定させて頂きます。ぜひお気軽にお問い合わせ下さい! 買い取り価格を知りたい方はこちら!

サービス詳細や、お問い合わせ後の詳しい流れについてはこちらをご参照下さい。

手洗い洗車のサブスクリプションサービス事前登録受付中!



通うことで愛車を常に綺麗に保つ

愛車への悩みを解決する手洗い洗車のサブスクが始まります!



事前登録、詳しい内容はこちら↓

洗車サブスクリプション