【BMW i3】レンジエクステンダーによって航続距離は390kmに!

BMW i3とは

引用元:https://www.bmw-i.jp/BMW-i3/Design/

BMW i3はドイツの自動車メーカーBMWが製造販売している電気自動車で、排気ガスを排出しないゼロ・エミッション走行を実現しました。外観は全長が4m以下と短い割に全高が約1.6mと高いため、小さなSUVのようなデザインとなっており、つり上がったヘッドライトとBMW車共通のキドニーグリルが力強さを現しつつ、小さいだけのクルマではないことを主張しています。車高が高いことによって、車内空間に余裕を与え、コンパクトカーとは思えないほどの室内空間を確保し、全長の短さをカバーするために、後部ドアが逆に開く観音開きが採用され優れた乗降性を実現。

引用元;https://www.bmw-i.jp/BMW-i3/Design/

ボディ素材にカーボン・ファイバー強化樹脂(CFRP)を採用し、車両重量をわずか1,300kgに抑えています。カーボン・ファイバーはアルミニウムより約30%も軽量ながらより高い強度があります。これまでスポーツカーの素材として使用されることはありましたが、スポーツカー以外の量産車では初のことでした。また革新的なBMW eDriveテクノロジーが採用され、圧倒的な環境性能と走行性能を両立している車です。

驚くべきi3の走行性能

引用元:https://www.bmw-i.jp/BMW-i3/Drive/

BMW i3の走行性能は、最大トルク250Nmを発生する電気モーターが後輪に装着されており、そのおかげで0-100km/h加速は僅か7.3秒以内を実現しています。ガソリンエンジンでは実現できない静かに、しかし強烈に加速していく乗り味は、今まで経験したことがないような感動と喜びを与えてくれることでしょう。最高出力も125kwを達成しており、発進後の伸びが良く、気持ちの良い走りを実現します。BMW i3のアクセルを一度踏み込めば、この電気自動車がただ環境に優しく、燃費が良いだけのクルマではないことを、すぐに実感することでしょう。

優れた足回りとボディ

引用元:https://www.bmw-i.jp/BMW-i3/Drive/

BMW i3の強烈な加速を受け止めるには、優れた足回りや頑丈なボディが必要になります。BMW i3では、LifeDrive構造によって、前後重量配分を理想とされる50:50をほぼ実現することに成功しており、さらに低い重心によってバランスが良くなり、どのような走行状況においても、極めて高い俊敏性や優れた走行安定性を手に入れています。電気自動車は非常に重量のあるバッテリーを搭載しているために、重量バランスが悪くなりがちです。そこでBMWでは車体を2つに独立させ、ドライブ・モジュールなど重量があるものを下部に分けることでこの問題を解決しました。上部は居住空間となり広々した空間の確保につながっています。

レンジエクステンダー

引用元:https://www.bmw-i.jp/BMW-i3/Charge/


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら