ジュネーブ・モーターショー2018【メルセデス・ベンツ編】

3月8日からスイスで行われている「ジュネーブ・モーターショー」。東京モーターショーとは比べ物にならない規模で行われています。メルセデス・ベンツも数々の新車を発表しましたのでご紹介します!

■最速のクーペセダン。メルセデスAMG『GTクーペ』


メルセデス・ベンツのハイパフォーマンスモデルを開発する「メルセデスAMG」が販売中のスポーツクーペ「AMG GT」の派生モデルとして4ドアクーペ「AMG GT クーペ」をワールドプレミアしました。新型CLSと似ているように思われますが、あくまでもAMG。エントリーグレードとなる「GT53 4MATIC+」は、3.0L 直列6気筒+電気モーター。エンジン単体でも435馬力/70.9kg-mとパワフル。最上級グレードの「GT63 S 4MATIC+」は4.0L V8ツインターボエンジンで、ベースとなった「AMG GT」のスポーツグレード「GT R」より+54馬力&+20.4kg-mの639馬力/91.8kg-mを発揮する。どちらも常用域の2000rpm前後で最大トルク域になり、9速AT「AMGスピードシフトMCT 9G」で街中からサーキットまで、マナーよく楽しめる。室内空間もEクラスステーションワゴンに相当、家族旅行も可能。スーパーカー級の性能でファミリーで使えるクルマとして日本導入が待たれます。

■贅を凝らした「メルセデス・マイバッハSクラス」


かつては軍人・富裕層向けの高級自動車メーカーだったマイバッハ。2002年にダイムラー・ベンツの1ブランドとして復活を果たすも2013年に廃止。しかし翌年にAMGと同じサブブランドとして、メルセデスの最高級モデル「メルセデス・マイバッハ」として復活しました。このジュネーブ・モーターショーでメインモデルである「メルセデス・マイバッハSクラス」のニューモデルが公開されました。通常のSクラスのロングモデルからさらに200mmホイールベースを延長しています。

またマイバッハの法人ユーザーから「デジタルライト」という路面にナビゲーション情報や横断歩道を投影する最新鋭ヘッドライトシステムが導入されていき、今年中にこの機能を搭載した車両が量産されていくとのことです。

■より若々しくなった「Aクラス」


20〜30代のオーナーが多いAクラスが若々しくフルモデルチェンジを果たしました。先代モデルよりややワイドなった車体とスマートフォン世代にぴったりな最大10.25インチのタッチパネルディスプレイ「MBUX(メルセデス・ベンツ ユーザーエクスペリエンス)」、先進運転支援システム(ADAS)を搭載しています。
日本に導入されると思われるのは、1.4L直4ターボの「A200」、同じ1.4L直4ターボで224馬力を発揮する「A250」の2グレード。来年にはAMGが導入されると思われます。

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら

車の乗り換えを検討中の方必見!



楽に早くは当たり前。

Ancarのおまかせ出品ならどこよりも高く。

クルマをAncarのガレージに預けて、買取保証金(買取店と同水準以上)と高く売れた分の金額を受け取るだけの新たな出品方法です。

出品のための面倒な撮影や相手とのやり取りはAncarにおまかせできます。

「Ancar」があるからこそ価値が付く仕組み

私たちはAncarと言う、個人間の「売る」と「買う」のマッチングサービスを提供しております。 買い取りのみで利益を出す必要がないため、どこよりも高く売ることができます。

おまかせ出品を使えば「必ず高く売れる成功体験」ができます。

実際にご利用頂いたお客様の声

「60万円も高く売れた成功体験」K.T様



K.T様のコメント:憧れの車への乗り換えを検討し、車を査定。しかし査定額は170万円。 乗り換えを諦めていた時Ancarのおまかせ出品を知りました。

おまかせ出品を使った結果230万円で売却、最初の査定より60万円も高く売く売ることができました。今では憧れだった車に乗り換え最高のカーライフを送っています。 「高く売って乗り換える」。新しい車所有のカタチを体感できるサービスでした。

まず簡単査定!

お問い合わせいただいた内容を元に、スタッフが査定させて頂きます。ぜひお気軽にお問い合わせ下さい! 買い取り価格を知りたい方はこちら!

サービス詳細や、お問い合わせ後の詳しい流れについてはこちらをご参照下さい。