忘れられたBMW製3列シートカー&BMW究極のV12エンジン

BMW究極のV12エンジン

BMWは、1993年にF1コンストラクターである英マクラーレン社と共同でスーパーカー「マクラーレン F1」を開発しました。このクルマに搭載されたのは、6.0L V12のBMW M Powerエンジン。「M Power」といっても開発はM社主導ではなく、BMW Motorsport社によるもの。当時としては驚異の628馬力を発生し「リッター100馬力以上」を達成した、BMW究極のエンジンとも言えます。

実はこのエンジンは、当時のフラッグシップクーペ「8シリーズ」のハイパフォーマンスモデル「M8」に搭載されるはずだったものをベースにチューンアップしたもの。

「M8」は、フェラーリに対抗するため、1.8トン以上ある車体をカーボンなどで徹底機な軽量化で1492kgまでシェイプアップされた。発売されれば間違いなくフェラーリ以上に過激かつ懐深い1台になるはずだったが、販売コストがあまりにも高くプロジェクトそのものが中止となりました。

 

その点マクラーレンF1は、マクラーレン社のアイコンとしての役割を持っていたので、コストによる制約は受けずに生産されました。ゴードン・マレーが設計したカーボンモノコックボディによって、フォルクスワーゲン社の高速周回テストコースにて391km/hを記録しました。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら