新型のポルシェカイエンと旧型との比較

2010年の3月にジュネーブショーが開かれ、そこに2代目ポルシェ・カイエンが登場しています。デザインはキープコンセプトを基本にしており、先代より全長が48ミリ伸びています。素材や部品なども見直されており、カイエンSに比べて、180キロの減量になります。そんな新型カイエンと旧型の比較を行いました。

ポルシェ カイエンとは

2代目ポルシェ・カイエンには、エネルギー回生システムが搭載されており、燃費性能と環境性能が向上しています。全てのモデルにアクティブ4WDシステムが採用されており、日本では3モデルが発売されています。ベースモデルは直噴インジェクションで、6速マニュアルトランスミッション仕様です。車両重量は2060キロで、8速ティプトロニックS仕様のモデルは2090キロです。Sも同じく直噴インジェクションで、バリオカム・プラスの仕様になっています。2014年11月発売のカイエンは、先代モデルより燃費性能が向上しており、3.6リッターVエンジンを搭載しています。一方、同年の7月には既にSが発売されており、従来の4.8リッターVエンジンに代わり、3.6リッターVツインターボが搭載されたわけです。また、11月に発売されたGTSでは、最高出力が従来比で20ps増しており、440psが達成されています。最大トルクも増大しており、燃費性能も向上しています。ターボには4.8リッターV8ツインターボが搭載されているわけです。最高出力は520psです。

ポルシェカイエンとカイエンS

引用元:http://www.fastescars.co.jp/newcars/porsche/detail/cayenne-s/

ポルシェカイエンとカイエンSとの違いは、最大出力の違いです。旧型のカイエンの場合には、最高出力は300馬力ですが、カイエンSの最高出力は420馬力です。今まで以上にパワフルな走りに期待できる仕様になっているのが特徴です。価格差としても290万円あります。本領を体感するならばカイエンSともいえるでしょう。また現行モデルから追加されたSEハイブリットも存在します。価格差は27万円ですが、モーターが追加され環境性能と動力性能を両立されています。ポルシェに乗る層は、それほど燃費を気にしませんが、グレード間の階級から外れたモデルと言えるでしょう。

旧型と違う部分はどの部分なのか

引用元:https://iwiz-autos.c.yimg.jp/c/autos/ucar/cars/669/084/U00021669084/U00021669084_001.jpg

エクステリアについては新型と旧型で大きく変わったわけではありません。しかし細部のデザインは見直されたために、新型の方がよりスポーティな印象です。インテリアとしては、新型はセンターコンソールのモニタが大型化されました。その為内装の質感が非常に重厚な作りになりました。クロノ部分は、大きく変更はありません。旧型にあった走行モード選択ダイヤルはシフトレバー手前側にありましたが、新型には見当たらなくなりシフト周りがすっきりしました。新型のヘッドライトは、EV「ミッションE」に似たものになっています。またテールランプは新型911に似た作りとなっています。

ポルシェ「カイエンターボ」の特徴

引用元:http://minkara.carview.co.jp/userid/1690018/blog/36217607/

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら