大人気!ルノー・カングーの中古車選びのコツは?

イベントにオーナーが大挙して集まるなど、根強い人気のルノー・カングー。

その可愛らしいスタイリングと実用性が、新車はもとより中古車でも人気の理由になっています。

ではカングーの中古車選びでの注意するポイントはどこにあるのでしょうか?

そこで、この記事ではカングーの中古車選びのポイントと、初代、2代目モデルの中古車相場をご紹介します。

扱いやすいサイズで人気のある初代

 「カングーⅠ」とは?

2002年3月に日本市場に投入された初代カングーは、その後2代目が登場されたことでカングーⅠ(カングー・ワン)と呼ばれています。

貨物車ベースであることから、背の高い荷室や荷室上、運転席上のストレージスペースを備えつつ、乗用車並みの直進安定性やハンドリング、そして優れた乗り心地などで輸入車の中でも人気モデルとなりました。

さらに、ABSや4つのエアバッグを標準装備するなど、欧州の安全基準である「ユーロNCAP」で4つ星の評価を受けたことも評価が高くなった理由のひとつでもあります。

日本では乗用モデルのみが販売され、エンジンは1.4Lガソリンエンジンに4速ATを組み合わせていました。

数が少なく中古車での購入が難しい

カングーⅠは、2002年3月から2009年9月に2代目のカングーⅡが登場するまで販売され、中古車市場にも多くが流通しています。特に車幅が2代目モデルよりかなり小降りで1,675mmと扱いやすいサイズであるため、よりカングーらしさがあるとして人気があります。

そのため、中古車は引く手あまたで、相場も年式のわりに高値で推移しています。反面、販売を終えてから13年から20年も経過しているために、程度の良い固体が少なくなる一方で、手に入れることが難しくなっています。

中古車の平均価格は62万円。50万円~90万円といったところが相場といえます。

大型化して購買層が広がった2代目

2009年9月1に 日本向けのフルモデルチェンジが発表された2代目カングー、いわゆるカングーⅡは、コンセプトこそ変りませんが、室内空間が拡大されたのが大きな特徴になります。

日本でも従来の5ナンバーから3ナンバーに変更されたことから、初代モデルと区別する「デカングー」と呼ばれます。

これはベースとなる商用モデルに、1200mm×800mmの欧州規格パレットを積載させるために横幅を中心にサイズアップしたのが理由です。そのおかげで積載性だけではなく居住性や衝突安全性など乗用車としての魅力も向上しました。

サイズアップ以外で特徴的なのは後部ドアが観音開きタイプの仕様のみとなることで、これもフォークリフトでのパレット積みを可能にするものですが、他の国産ミニバンやトールワゴンにはない、カングーだけの魅力となっています。

エンジンは当初1.6Lのガソリンエンジンだけでしたが、2014年に1.2L直噴ガソリンターボエンジン搭載車も登場しました。さらに限定車ですが、2021年7月には1.5Lのディーゼルターボエンジンも設定されています。

多彩な限定車は中古車でも狙い目

カングー人気を支えているのは多彩な限定車です。毎年、100台~200台限定の様々な限定車が登場しているので、中古車選びにおいても狙い目といえます。

カングーⅡ全体での中古車平均価格は153.2万円。100万円台前半前半~300万円台後半となっていますが、2021年に400台限定でで発売された「リミテッド ディーゼル MT」だけが500万円近い相場となっています。

次期型が出ても人気は不動!


2020年には、次期型カングーが公開され、日本での発売が待たれています。次期型はこれまでとは一転したデザインを採用しており、ライバルのプジョー・リフターやシトロエン・ベルランゴといったライバルに対抗しうる要素がふんだんに盛り込まれています。ただし、唯一無二の個性がなくなっており、良くも悪くもカングーらしさがなくなっていると、賛否の声があるのも事実です。

それらのことも含めて、現行モデルのカングーⅡと初代モデルのカングーⅠの中古車での人気と相場は、当分の間は下がる気配はないようです。  

まとめ

カングーがこれほど一般の人に支持されているのは日本だけだそうです。本国では貨物車ですから日本でいえばハイエースのようなものですから。そういえば最近はハイエースもカスタマイズして乗用車として利用されることも多いので、日本にはカングーを受け入れる下地があったのかも知れませんね。

【おまかせ出品体験談】

K様 ディーラーより「90万円」高い額で売却に成功!



K様のコメント
 
「愛車のボクスターがディーラーより90万円も高く売れて満足です。330万円の買取保証金を受け取った後、追加金も受け取れてとても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」
CTA画像
クルマが買取店やディーラーより高く売れる『おまかせ出品』

無料でカンタン査定!まずはあなたのクルマを査定してみよう!


〜今までよりもクルマを安く購入できる新しい方法〜


中古車販売店より安く購入できる 『Ancar』

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?