【ポルシェ・ボクスター】の気になる評価とは

ポルシェに乗ってみたい、オープンカーを所有したいと憧れを持つ人は一度はポルシェ・ボクスターの購入を考えた事があるでしょう。走りの性能はもちろんオープンエアーの爽快感を楽しめるこの車の評価は実際どうなのでしょうか。一般のユーザーからプロの評論家まで様々な評価をご紹介します。

ポルシェ ボクスターとは

ポルシェボクスター画像

引用元:https://www.porsche.com/japan/jp/models/718/718-boxster-models/

ポルシェ・ボクスターとはドイツの老舗自動車メーカーポルシェが製造販売するオープンタイプの車です。ボクスターは1996年に登場し、新規開発されたM96水平対向6気筒エンジンをミッドシップに搭載したモデルです。名前の由来は水平対向エンジンを差すボクサーとポルシェのオープンモデルの呼び名であるスピードスターの両方を掛け合わせて作った造語です。ハイパワーモデルの911に配慮して抑えられたエンジン出力によりエントリーモデルの色が強いが、車全体のバランス、ツーシーター、ミッドシップ、オープンカーという事を考えると運転を楽しむモデルの中ではよりピュアな存在といえます。低重心のエンジン配置と、ボディ底面をカバーで覆い、完全なフラット状態を作ることにより、世界の名車の中でもカミソリのような鋭いハンドリングを誇る、恐るべきコーナリングウェポンであると知られています。ライトウェイトスポーツカーとしての完成度の高さを持ちながら、ルーフを開けて走れば無限に広がる大空を眺めながら風になり街を走り抜ける事が出来る車、それがポルシェ・ボクスターです。

一般ユーザーの気になる評価とボクスターの実力は

ポルシェボクスター画像

引用元:https://gqjapan.jp/car/news/20160127/porsche-718-boxster

走行面から見たボクスターの実力

ポルシェ・ボクスターの一般のユーザーの声で走行性能はとても評価が高いです。ボクスターのような軽量なMR車では運転が好きならMTモデルが最も走る楽しさを実感出来るとの声があります。爽快感と操る楽しさが理想的なバランスで高い次元にあり、車の良さを実感出来るようです。ハンドリングが素晴らしく、取り回しもし易いボディのサイズ感が人馬一体感を与えてくれます。それでいてパワーは十分にありスポーツ走行も楽しめます。気持ちの良い排気音もありつい踏み込みたくなるが世界最高のブレーキのポルシェと言われる実力はしっかりとあり、安心してスポーツ走行を楽しめる点も高い評価に繋がっているようです。

オープンカーとしてのボクスター、その評価はいかに

ボクスターは走り以外でも評価の高い口コミが多数あります。オープンカーとしての快適性はとても高く、風の巻き込みは計算され疲れにくくなっています。ルーフを解放すれば夜の星空、海岸線をのんびりドライブ、ワインディングを駆け回る等のすべてのシーンで忘れられない思い出を作ってくれます。オープンカーはルーフを開けたときに室内をすべて見られますが、上品に作りこまれた室内空間は見る人すべてを魅了します。オープンカーとしての満足度も非常に高い様です。ハイパワーモデルのポルシェより運転をしていても疲れない、維持費も故障やトラブルもまったくなく快適という声がよく聞かれます。

専門家を唸らせる完成度その高みをご紹介

ポルシェボクスター画像

引用元:http://openers.jp/article/948044

ボクスターの実力を専門家はどう見るのか

専門家試乗会でのボクスターの実力は専門家達を圧倒しました。サーキットでのテストドライブではマイルドな乗り味で神経質さを感じさせない走りに好感を持った人が多いです。20インチのホイールを履いているとは思えないようなしなやかな足回りに、軽快なフットワーク、タイトなコーナーでも軽やかなハンドリング性能で運転する人を魅了します。また、新型のボクスターではライトウェイトスポーツカーの性能と共にターボにより強化された加速感、デュアルクラッチトランスミッション、オープンカーである事を忘れてしまうボディ剛性の高さにより高速走行も走る楽しみも味わえるとさらに評価が上がっています。

車の完成度が専門家たちを唸らせる

ボクスターのエクステリアの評価も高く、前方へと大きく突き出したリップ付きのフロントエプロンがあり、内部がブラック仕上げになっているヘッドライトのとスモーク処理されたリアコンビネーションランプ等が特徴的です。外観のバランスが良く、美しいと言われています。インテリアでは、上質な作りこみのシートとアルカンターラを用いた独自のフィニッシュが、運転席をコックピットのように演出し、それでありながらゴージャスな雰囲気を醸し出しています。ボクスターはいい意味で注目を集める車なので、内外装共に隙の無いデザインの作りこみが所有する喜びをより一層感じさせてくれると高評価です。

ポルシェボクスターのライバル他車比較と市場の評価は

ポルシェボクスター画像

引用元:http://b-cles.jp/car/wp-content/uploads/2015/08/porsche_boxster_2015_03.jpg

競合車達と比較したボクスターの評価は

ポルシェボクスターの競合車となる他社のオープンカーとして上げられるのは同じ外車ではBMWのZ4、メルセデスのSLK。アウディのTT・ロードスターが良く上げられます。ポルシェジャパンの社長の会見ではレクサス・RCF、日産自動車・GT-R等も競合車だと言っていました。魅力的な競合車のひしめき合う、このクラスはまさに激戦区と言えそうですが、ポルシェメーカーから輩出されたピュアスポーツカーとしての走りの性能。ミッドシップライトウェイトの鋭いハンドリング、高い次元でバランスの取れた車の評価等、他社の車より一歩リードしていると言えるのではないでしょうか。

気になるボクスターの市場評価

ポルシェ・ボクスターの市場価値は如何なるものなのか、車を売却する場合などその評価も非常に大切です。ポルシェはリセールバリューが一番高いメーカーでその理由は人気はもちろん、ネームバリュー、そして絶対的な信頼感によるものだと言われています。それにより市場価値も常に高く、特に人気のあるモデルでは販売から年を経る毎に中古車価格が上昇しているものもあります。ボクスターも他メーカーに比べると高いリセールバリューがあり、市場価値、評価が高い傾向にあります。市場評価が高いポルシェは車を乗り換える時、手放す時でも大きく損する事無く売却出来るので、安心して所有出来、そういった部分もポルシェの魅力かもしれません。

まとめ

ポルシェ・ボクスターの評価はプロアマ問わず、非常に高く、その価値はとても高いと言えます。ライトウェイトスポーツカーとしてのハンドリング性能、世界一のブレーキ、ターボの気持ち良い加速等の走りの魅力だけでも一級の車であるのに、気兼ねなく街中を流す事も出来、ルーフを開放しすべて景色に溶け込む一体感を味わう事も出来ます。ポルシェの中で一番、自由で背伸びをせず自分らしらを出せる車なのではないでしょうか。ポルシェ・ボクスターを所有し、その唯一無二の感動を味わってみませんか。

【おまかせ出品体験談】

K様 ディーラーより「90万円」高い額で売却に成功!



K様のコメント
 
「愛車のボクスターがディーラーより90万円も高く売れて満足です。330万円の買取保証金を受け取った後、追加金も受け取れてとても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」
CTA画像
クルマが買取店やディーラーより高く売れる『おまかせ出品』

無料でカンタン査定!まずはあなたのクルマを査定してみよう!


〜今までよりもクルマを安く購入できる新しい方法〜


中古車販売店より安く購入できる 『Ancar』

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?