【ポルシェ パナメーラ ターボS】550psのモンスター4ドアサルーンが日常で使える喜び

ポルシェ パナメーラ ターボSには、スポーツプラスモードのローンチコントロール機能が搭載されており、最高時速が306キロに達します。テスト車の燃費ではドライブコンピューターで6.8キロをマークし、100キロの加速まで3.8秒を実現しています。速度に応じてリアウィングが立ち上がり、左右に翼を広げるわけです。勿論、手動で操作することもできるので、風が強い日などは安定走行に貢献します。計器類は回転計を中心に、5連メーターが備わっています。イグニッションスイッチも定位置に配されており、ステアリングホイールの左側にあります。全てがポルシェの伝統を受け継いだ、インテリアデザインだと言えます。

現行モデルに受け継がれ

ポルシェパナメーラターボS画像

引用元:https://www.porsche.com/japan/jp/models/panamera/panamera-turbo-models/panamera-turbo/

ポルシェ パナメーラ ターボSは、ポルシェの創業以来の夢を託されたクルマだと言えます。それは、「4人がゆったり乗れるスポーツカー」ことです。2009年に新装オープンしたポルシェ博物館には、ナローボディ時代の空冷式911プロトタイプが展示されています。このクルマはホイールベースが延長されていたり、ルーフラインが水平方向に延長されたりしています。すなわち、ポルシェの夢実現への取り組みの跡が残されているわけです。このプロトタイプは見た目の不格好さからお蔵入りになりましたが、改良を続けた結果現在のモデルに受け継がれていると言えます。

 

しなやかな走りを実現

ポルシェパナメーラターボS画像

引用元:https://www.porsche.com/japan/jp/models/panamera/panamera-turbo-models/panamera-turbo/

価格的にはリーズナブル

ポルシェ パナメーラ ターボSは、世界各地のモーター市場で、好調な販売実績を上げています。初代モデルでありながら、早くもポルシェブランドを代表するモデルとなりつつあります。シリーズ最高峰の地位を築きつつあり、ニューモデルの新鮮さを失わないよう市場投入されています。モンスターの真価は、既存のターボに比べて、加速性能が0.2秒アップしていることです。さらに、ターボでオプション扱いだった、アクティブ・スタビライザーやトルクベクトリングなどが標準装備されています。ポルシェの効果なオプションが標準装備されている割には、価格的にはリーズナブルなところも魅力です。

荒々しさを見せないのは

ポルシェパナメーラターボS画像

引用元:https://www.porsche.com/japan/jp/models/panamera/panamera-turbo-models/panamera-turbo/

ポルシェ パナメーラ ターボSと基本モデルのターボ車とでは、見た目の差は殆どありません。テールゲート上の象徴は異なりますが、ターボで19インチの標準シューズは20インチに拡大されています。その他、展開式のリアスポイラーがボディと同色になり、外観上の特徴の一つに仕上がっているわけです。静粛性においては、スポーツエグゾースト・システムを作動させなければ、抜群の静かさを実現しています。それはハイエンド・サルーンとしての真価でもあり、満足のできる静粛性となります。加えて、20インチという巨大シューズからは想像できない、しなやかな走りを行えるのも魅力です。

 

まとめ

ポルシェ パナメーラ ターボSは、構造的にMTがベースとなっており、微低速域ではPDKの真価を発揮します。アイドリング・ストップもさりげなく実行され、優等生としての佇まいを見せます。そうした、ハイエンド・サルーンとしての振る舞いは、アクセルを踏み込んだ瞬間に4シーター・スーパースポーツカーへ変身することになります。このクルマを乗りこなすには、荒馬に立ち向かう勇気を要するわけです。速さの本質は非人間的ではなく、ポルシェの作品の矜持が詰まっていると言えます。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら