ポルシェ・ケイマンのスペックについて 【試乗した感想】

ポルシェ ケイマン画像

ポルシェ ケイマンとは

ポルシェ ケイマン画像

引用元:https://www.porsche.com/japan/jp/models/718/718-cayman-models/718-cayman/

同社の代表的なモデルである911の遺伝子を受け継ぐモデルで、スポーツ性能を高めながら快適性とハイパフォーマンスを実現したのがケイマンです。ポルシェ・ケイマンの外観は姉妹車「ボクスター」と似ており、トランスミッションやサスペンション、ショックアブソーバー等の共通部品で構成される車です。全長4,379mm・全幅1,801mmのこの車の寸法は上位モデルの911とほぼ同様でありながら若干小さめで生産されています。

このモデルは2シーター専用モデルで、リアにエンジンを配置する911と大きな違いとなります。従来モデルのケイマンはボクスターの格上モデルという位置付けでしたが、新型モデルからオープントップクーペとハードトップクーペという違いを持たせた兄弟車としてラインアップされて販売されています。2005年にドイツで発表されたのがケイマンSです。同社の誇る水平対向4気筒のミッドシップエンジンにターボチャージャー搭載し、オープントップのボクスターと異なる点はハードトップであり、それ以外で共通する部分が多いです。

ケイマンのデザインと特徴

ポルシェ ケイマン画像

引用元:https://www.porsche.com/japan/jp/models/718/718-cayman-models/718-cayman/

エクステリアデザインについて

エクステリアデザインに目を向けると格上モデルのポルシェ911カレラに比べて若干寸法が小さいながらほぼ同様のサイズ感を持つケイマンですが、横方向からの外観は瓜二つと言っても良いほど似通ったデザインで、前方からの外観はヘッドライトやアンダーバンパーに組み込まれた開口部など踏襲されたデザインで、911カレラの遺伝子が継承されています。空気抵抗を考えてノーズトップが下がった運転席から見通しの良いデザインで、ドアミラーの形状も空気抵抗が考慮されています。本来ボンネットとなる前方のトランクフードを開けると、アリゲーターが大きく開口したようにも思えます。

リアデザインについて

ポルシェ ケイマン画像

引用元:https://www.porsche.com/japan/jp/models/718/718-cayman-models/718-cayman/

格上の代表的モデルポルシェ911カレラと同様にテールダウンしたデザインとなっています。従来モデルではリアデザインの重厚感が薄く911カレラの迫力のあるデザインに比べて薄っぺらさがありましたが、リアトランクフードにポルシェとケイマンのエンブレムを装着し、走行中に自動でリフトアップするスポイラーが搭載されたことでやや重厚感が増したと言えます。
EXパイプがリアバンパー中央下部に配置され、兄弟車であるボクスターと共通の特徴を持ちまます。911との大きな違いとしては後方の車輪とドアの間に配置されたサイドインテークダクトで、試乗すると効率よく後方に空気を送り込み安定した走行が可能であることが実感できます。

走りを追求したケイマンのパワートレイン

ポルシェ ケイマン画像

引用元:https://www.porsche.com/japan/jp/models/718/718-cayman-models/718-cayman/

ポルシェの誇る水平対向エンジンのパワーとは

現行モデルでは自然吸気ではなく過給機モデルに変更され、ダウンサイジングされた2.0Lエンジンにターボチャージャーが搭載され、最高出力300馬力に最大トルク35.7kgmを発生しハイパフォーマンスを実現しています。水平対向エンジンは重心を低くしたケイマンには最適で、空力抵抗を考えたシルエットと合わせて加速性を高めたモデルです。0-100km/h加速到達時間はケイマンSで4秒で、高速度が274km/hとなります。実際に試乗してみるとアクセルを踏み込んだ時にスムーズな加速となり早期で安定したスピードに到達するとその後は安定した走行を可能にしてくれます。

ケイマンの乗り心地について

ポルシェ ケイマン画像

引用元:https://www.porsche.com/japan/jp/models/718/718-cayman-models/718-cayman/

ケイマンは低重心なデザインに仕上がっており低床であることから乗降時にセダンやSUVに比べて乗り難さはあるも、座席に座ると運転姿勢を固定するバケット式の座席が体を覆うようにするためハンドル操作にブレを与えません。スポーツ仕様のバケット式座席は長時間の運転でも搭乗者に疲れを与えないです。
実際に試乗してみると、運転席から操作しやすいシフトポジションやスイッチ系統の配置となり、アクセルやブレーキペダルのストロークも他のスポーツカーに比べて短く設定してあることで疲れずに運転ができます。
試乗して感じることはシートの最適な硬さで、高品質な素材が使用されていることが分かります。

安全性能に関する特徴

ポルシェ ケイマン画像

引用元:https://www.porsche.com/japan/jp/models/718/718-cayman-models/718-cayman/

衝突時のダメージを想定した配慮

ケイマンは高い出力を発揮するスポーツカーであるため安全性への配慮は高く設定されています。万が一の衝突時に稼働する安全システムとして、前方からの衝撃を軽減する運転席と助手席のエアバッグに加え、サイド及びカーテンエアバッグに側胸部エアバッグを搭載しています。横方向からの衝突にはポルシェ・サイド・インパクト・プロテクション(POSIP)というドアビームが片側2本ずつ配置されていることからその他の安全システムと共に2重のサポートで搭乗者への衝突時の衝撃を軽減するものです。カーテンエアバッグは衝突時のガラスの飛散によるけがから搭乗者を守ります。

夜間走行の安全を保護する

ポルシェ ケイマン画像

引用元:https://www.porsche.com/japan/jp/models/718/718-cayman-models/718-cayman/

ヘッドライトに使用されるバイキセノンライトは前方の視界を鮮明にする明るさが確保されており、リアコンビネーションランプはブレーキライト&方向指示シグナル共に高光度LEDランプが採用されています。後続車に予め危険を伝えるブレーキランプの鮮明さは降雨時の夜でも鮮明に確認できる光度で後続車のドライバーが離れた距離からも確認しやすく鮮明な光度により心象に残るものです。オプションによりオートレベライザーやコーナーリングランプが搭載可能です。雨の日の夜間の高速走行時でも安心できるライトが設置されているこの車は安心してドライブを楽しむことが出来るでしょう。

まとめ

ポルシェ ケイマン画像

引用元:https://www.porsche.com/japan/jp/models/718/718-cayman-models/718-cayman/

ポルシェ911の遺伝子を持つプレミアムスポーツクーペのケイマンは兄弟車であるボクスターと共通するコンポーネントを持った車ですが、オープントップとハードトップという違いを持たせたモデルです。水平対向エンジンはミッドシップとして配置されており低重心で空力抵抗を考えたものです。効率の良いダウンサイジングターボによりレスポンスの良い加速力を発揮します。実際に試乗することで加速の瞬発力や乗り心地が確認できるため、購入を検討する人は是非試乗してみることをおすすめします。

車の乗り換えを検討中の方必見!



楽に早くは当たり前。

Ancarのおまかせ出品ならどこよりも高く。

クルマをAncarのガレージに預けて、買取保証金(買取店と同水準以上)と高く売れた分の金額を受け取るだけの新たな出品方法です。

出品のための面倒な撮影や相手とのやり取りはAncarにおまかせできます。

「Ancar」があるからこそ価値が付く仕組み

私たちはAncarと言う、個人間の「売る」と「買う」のマッチングサービスを提供しております。 買い取りのみで利益を出す必要がないため、どこよりも高く売ることができます。

おまかせ出品を使えば「必ず高く売れる成功体験」ができます。

実際にご利用頂いたお客様の声

「60万円も高く売れた成功体験」K.T様



K.T様のコメント:憧れの車への乗り換えを検討し、車を査定。しかし査定額は170万円。 乗り換えを諦めていた時Ancarのおまかせ出品を知りました。

おまかせ出品を使った結果230万円で売却、最初の査定より60万円も高く売く売ることができました。今では憧れだった車に乗り換え最高のカーライフを送っています。 「高く売って乗り換える」。新しい車所有のカタチを体感できるサービスでした。

まず簡単査定!

お問い合わせいただいた内容を元に、スタッフが査定させて頂きます。ぜひお気軽にお問い合わせ下さい! 買い取り価格を知りたい方はこちら!

サービス詳細や、お問い合わせ後の詳しい流れについてはこちらをご参照下さい。

手洗い洗車のサブスクリプションサービス事前登録受付中!



通うことで愛車を常に綺麗に保つ

愛車への悩みを解決する手洗い洗車のサブスクが始まります!



事前登録、詳しい内容はこちら↓

洗車サブスクリプション
ポルシェ ケイマン画像