【車選び】あなたにぴったりのボディタイプ~SUV編~メリット・デメリット

車を買う際にどんな車がいいか迷いますよね。正直どれも良くて、なんとなく値段や燃費、ぱっと見の見た目などで判断しがちです。しかし車のボディタイプは見た目の違いだけでなく、それらにはそれぞれ個性があり、メリット・デメリットがあります。今回はそれぞれのボディタイプの特徴、そしてメリットとデメリットをご紹介するコーナー第4弾、『車のパイオニア:SUV』です。

荷物も人もいっぱい乗せたい、流行りの人気車種に乗りたい、アウトドアもみんなで楽しみたい!そんな人におすすめなのがSUVです。

今回はSUVの特徴と、メリット・デメリット、そしておすすめSUVまで全てをご紹介します。

SUVとは

トヨタのCH-Rなどに代表されるように、SUVは近年流行ってきているボディタイプの1つとして道で見かける人も多いのではないでしょうか。SUVは、基本的にはアウトドアスポーツを楽しみながら、悪路走行にも優れ、そしてオンロードでも高い走行性能を発揮するように作られました。『Sports Utility Vehicle』(直訳:多目的スポーツ車両)の略ということで、『何にでも使える』ことが特徴です。

『SUVの定義は何か?』という疑問はよく抱かれますよね。実は、SUVには明確な定義があるわけではないのです。基本的には最低地上高が高く、居住空間が広く、悪路などにおいて走破性の高いものがSUVとして各自動車メーカーから定義づけられて販売されています。

皆さんもよく見かけるであろう車種としては、トヨタ CH-R、レクサス NX、マツダ CXシリーズ、輸入車ならBMW Xシリーズ、レンジローバーなどなど、、挙げ始めるとキリがないくらいあると思います。

近年はBMW X6をはじめSUVクーペなどSUVのなかでさらに走行性能とスタイリングを高めるようなモデルも販売されており、車の中のパイオニアとしてこの先、可能性の高いボディタイプです。そんなSUVにも、もちろんメリットもデメリットもありますのでご紹介していきます。

SUVのメリット

SUVのメリットとして挙げられるものは大きく2つあります。

①圧倒的な存在感、見栄えの良さ

これはやはりSUVの特権かと思います。最低地上高が高く、ボディサイズもタイヤのサイズも比較的大きいSUVは、デザインも映えて街中での存在感は抜群です。存在感があり見栄えも良いため、高級感があります。もともと同意義であったオフロード用のクロカン車とはだんだんと定義に差が開いてきているように見受けられ、SUVはよりスタイリッシュに、高級住宅街にも溶け込めるようなデザインになってきています。

②大きな車体サイズによる視界の広さと実用性の高さ

SUVは基本的に車体サイズが大きいです。なので運転がしづらいのでは?という不安もあるかと思います。しかし実はその逆で、大きい車体なだけに運転席からの視点は高く、実に見通しが良いのです。そのおかげで大きいけれど車体を把握しやすいので運転はしやすいかと思います。またその大きい車体サイズは、高い実用性ももたらしてくれることは言うまでもありませんね。SUVはもともと実用性にも優れるようにと開発された車ですので、他のボディタイプに比べて荷物の積載量や乗車定員も多いことがほとんどです。

以上のことからSUVは、『存在感と実用性が抜群の車』であると言えます。

SUVのデメリット

SUVのデメリットとして挙げられるものは大きく2つあります。

①駐車場に入らない場合がある

こちらは大きな車体サイズが原因ですが、特に日本のような特異な駐車場事情を持った国の中でSUVを所有するという時には、駐車場のサイズ制限を気にして生活しなければいけません。もちろん、サイズ制約が原因で車庫証明が取れないなどはそれ以前の問題ですが、自宅が平置きでも出先の施設などが機械式の駐車場を採用していて、厳しめのサイズ制約(特に幅1850mm、長さ5000mmまでなど)を設けている場合は停めることができない場合があります。

②維持費が高くなりがち

大きな車体を動かすために必要なものといえば、大きな力です。SUVの大きな車体を動かすためには、大きなエンジンが必要となってきます。3Lエンジンは当たり前で、4Lや5L級のエンジンを搭載した高性能SUVまであります。近年はハイブリッド車も増えてきていますが、やはり悪路走行時の走破性はなかなか電気モーターの力では高められないのか、まだまだ大排気量のものが多い傾向です。そのためSUVは排気量によって価格が決まる自動車税が高くなることがありますので、注意が必要です。

以上のことからSUVは、『現実的な生活の中での実用性は低い』車であるともいえます。

おすすめSUV

そんな車のパイオニアSUVですが、その中でも特におすすめの車種をいくつか挙げでおきます。

①現実的な生活の中での実用性も高いSUVが欲しい方

そんなあなたにはトヨタ CH-Rがおすすめです。まずは独特で先進的な存在感を放つデザインは街中で走っていたら思わず見てしまうほどです。新車価格でも230万円〜とかなりお得です。もっとも驚きなのは搭載されるエンジンで、一番小さなパワートレインは1.2Lの直噴ターボです。ここまで小さなエンジンでもしっかりと走るということなので驚きです。また、排気量が少ないので自動車税ももちろん安いです。そして、これだけのメリットを備えていてさらに、車体サイズが全長×全幅×全高=4,360×1,795×1,550(サイズの異なるグレードもあり)ということで、SUVなのにさらにノーマルルーフ車(1,550mm以下)として駐車場に入るという優れものです。

参照元:https://toyota.jp/c-hr/grade/s_led/?padid=ag341_from_chr_top_grade_s_led_thumb

②色々な意味での実用性も高いのがいいけど、輸入車の良さも譲れない方

そんな方にはアウディのQ2がおすすめです。排気量も1〜1.4Lと小さめで維持費も安く、小さなボディサイズ(全長×全幅×全高=4,200×1,795×1,530)で駐車場にも入りやすいです。輸入車は特に、近年安全性の向上に合わせてボディサイズも大きくなってきましたが、アウディのQ2は日本の自動車を取り巻く環境の『空気を読んだ』車であるといえます。デザイン性もアウディならではの高さで、やはり国産車とは全く違った完成度の高さを感じることができます。新車価格は300万円を超えますが、手に届きやすい車なのではないでしょうか。

参照元:https://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/q2/q2/exterior.html

各メーカーの新たな取り組みが施されていくSUVですが、これからもまだまだその人気は留まることを知らないようです。各自動車メーカーがこれからどのような施策でSUVを販売していくのか、非常に楽しみなところです。個人的には歴史としてはまだ浅い、BMW X6を筆頭に近年人気を高めてきているSUVクーペが気になるところです。

そんなSUVからも、個人間の中古車売買サービス『Ancar』には多数出品されています。ぜひこの機会に探してみてはいかがでしょうか。

「Ancar」で安く購入できる中古車の一覧を見る

車の乗り換えを検討中の方必見!



楽に早くは当たり前。

Ancarのおまかせ出品ならどこよりも高く。

クルマをAncarのガレージに預けて、買取保証金(買取店と同水準以上)と高く売れた分の金額を受け取るだけの新たな出品方法です。

出品のための面倒な撮影や相手とのやり取りはAncarにおまかせできます。

「Ancar」があるからこそ価値が付く仕組み

私たちはAncarと言う、個人間の「売る」と「買う」のマッチングサービスを提供しております。 買い取りのみで利益を出す必要がないため、どこよりも高く売ることができます。

おまかせ出品を使えば「必ず高く売れる成功体験」ができます。

実際にご利用頂いたお客様の声

「60万円も高く売れた成功体験」K.T様



K.T様のコメント:憧れの車への乗り換えを検討し、車を査定。しかし査定額は170万円。 乗り換えを諦めていた時Ancarのおまかせ出品を知りました。

おまかせ出品を使った結果230万円で売却、最初の査定より60万円も高く売く売ることができました。今では憧れだった車に乗り換え最高のカーライフを送っています。 「高く売って乗り換える」。新しい車所有のカタチを体感できるサービスでした。

まず簡単査定!

お問い合わせいただいた内容を元に、スタッフが査定させて頂きます。ぜひお気軽にお問い合わせ下さい! 買い取り価格を知りたい方はこちら!

サービス詳細や、お問い合わせ後の詳しい流れについてはこちらをご参照下さい。

手洗い洗車のサブスクリプションサービス事前登録受付中!



通うことで愛車を常に綺麗に保つ

愛車への悩みを解決する手洗い洗車のサブスクが始まります!



事前登録、詳しい内容はこちら↓

洗車サブスクリプション