【週刊 F1レーサー#13】「音速ディカプリオ」に栄冠は輝くのか? 〜 ニコ・ロズベルグ〜

ニコ・ロズベルグは現役ドライバーの中でも最もチャンピオンに近い存在です。

画像引用 f1-gate.com

ロズベルグはワールドチャンピオンの父ケケの庇護を受け若くしてF1キャリアをスタートしました。
同年代のライバルだったルイス・ハミルトンに先を越されたもののその速さは現役屈指です。

初代GP2チャンピオン

ニコ・ロズベルグは1985年ドイツヘッセン州のヴィースバーデンに生まれました。

父は1982年ワールドチャンピオンのケケ・ロズベルグで、幼少期をモナコで過ごします。
母はドイツ人で、将来のスポンサー獲得等を考えた父ケケはニコの国籍をドイツにしました。

このためドイツ語、英語、イタリア語、フランス語と語学堪能なロズベルグですがフィンランド語は話せません。

10歳でカートを始め、2002年にはドイツのフォーミュラBMWでチャンピオンを獲得しました。
このご褒美として弱冠17歳でウィリアムズF1のテストドライブを経験しています。

2003年からF3に2年参加した後、2005年はこの年国際F3000から改編されたGP2に参戦します。
イギリスの大学(航空学部)に合格していたロズベルグでしたがレースに専念する決意を固めます。

この挑戦は実り3勝を挙げたロズベルグは初代GP2チャンピオンの座に輝いたのです。

二世ドライバーコンビ

その活躍を認められ、ロズベルグは2006年ウィリアムズからF1デビューします。

デビュー戦となったバーレーンGPでは7位入賞、史上最年少ファステストラップを記録しました。
翌2007年はマシンの信頼性も高まり後半戦4連続入賞し期待を集めるようになりました。

画像引用 image.blog.livedoor.jp

3年目の2008~09年シーズンは同じく父をF1ドライバーに持つ中嶋一貴とコンビを組みます。
2008年シンガポールGPで荒れた展開のレースを生き残り初の2位表彰台を勝ち取りました。

翌2009年も8連続入賞、また前年から通算で27連続完走と着実なレース運びを見せます。

その活躍を認められこの年チャンピオンになったブラウンを買収した母国メルセデスへ移籍する事になったのです。

待望の初優勝

2010年ロズベルグはF1に復帰したミハエル・シューマッハとコンビを組みました。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら