アウディ A3は日本向き!?中古車も大変お得!

audi A3画像

「アウディ A3の特徴」

・アウディ A3の特徴①

ドイツの自動車会社アウディが製造販売するハッチバック型、およびセダン型の小型(Cセグメント)乗用車で、1996年に販売されて以来、走行性能と居住空間の快適性を追求したモデルです。3代目 アウディA3が現行販売されています。特に車自体の走りが洗礼されていて、ステアリングからボディ、足回りなど全てにおいて精度が高く、運手が苦手な人が操作してもコーナリングをスムーズに行うことができるし、コーナーからの立ち上がりも非常にスムーズで運転手に負担をかけるどころか、走りの楽しみを教えてくれるような乗りごこちを体感できます。

・アウディ A3の特徴②

内装の精度も高くインテリアの素材やデザインには大変高級感があり、樹脂を多用しながらも曲線を随所に織り交ぜたデザインは、上質な空間を演出しています。またオプションでレザー内装などを購入すれば、ラグジュアリー感をあげることも可能です。センターパネルはいたってシンプルで、メーターバイザー内の全面に液晶を採用し、多機能ディスプレイメーター「バーチャルコクピット」が選択できるようになっているのも大きな特徴です。

・アウディ A3の特徴③

非常にコンパクトで日本の道路事情に大変マッチしている車です。ハッチバックタイプは全長4465mm、全幅1795mm、全高1390mmで、セダンタイプは全長4470mm、全幅1797mm、全高1380mmとなっていて非常に使いやすいサイズで、マンションなどのパレット式立体駐車場や、狭い部分への駐車も楽々こなすことができます。安全装備も充実していて、歩行者を自動で検知したり、クルーズコントロール機能も付いていて快適で安全に運転することができます。

「アウディ A3の歴代モデル」

・アウディ A3の歴代モデル①

アウディA3画像

初代モデルは1996年から2003年まで製造・販売され、「小さな高級車」のコンセプトで販売されました。日本での販売は1997年の初頭で、3ドアハッチバックボディと4速ATという仕様でした。2000年には大きなマイナーチェンジが行われ、インテリアやヘッドライト、テールランプを中心にデザインの大幅な変更がありました。

・アウディ A3の歴代モデル②

アウディA3画像

引用元:http://minkara.carview.co.jp/userid/435948/car/725061/profile.aspx

2代目モデルは2003年から2012年まで製造・販売され、基本的なメカニズムは先代と変わらないものの、この代からは5ドアモデルのハッチバックタイプになり、「オープンスカルーフ」が全グレードでオプションとして選べるようになりました。

・アウディ A3の歴代モデル②

アウディA3

引用元:http://www.motortrend.com/cars/audi/a3/2017/

3代目モデルはハッチバックタイプが2012年から製造・販売され、2013年からはアウディa3にセダンタイプが追加され大まかに二つのタイプから選択できるようになりました。この代からはエンジンが全てTFSIエンジンになり、日本初のWi-Fi搭載車種としても注目を浴びました。ボディは先代に比べると多少大型化され、ホイールベースも60mm拡大されたことから、居住空間の快適性がまし基本骨格にはモジュールプラットフォーム「MQB」を採用しています。

「中古価格について」

・アウディ A3の歴代モデル①〜②

初代モデルや2代目モデルの中古価格は10万円から220万円程度で、100万円以上出せば比較的状態の良い中古車を買うことが出来ます。年数が経っている割には中古車市場に出回っている台数が多いですが、年式が古いほど過走行の中古車が目立ち、走行距離が多いのでそれに比例して中古価格が安くなる傾向にあります。しかし、2代目の最終モデルは走行距離も少なく内装や外装も綺麗なため、中古の価格も若干高めに設定されています。しかし、200万前後で綺麗なアウディ A3に乗れるならかなりお得感があります。

・アウディ A3の歴代モデル②

3代目モデルはハッチバックタイプとセダンタイプがあり、ハッチバックタイプの中古価格は100万円から450万円程度で、セダンタイプの中古価格は150万円から460万円程度です。A3はどちらのタイプでも大変人気があり、市場に出回っている台数も多く新車同様の新古車の台数も多いため、新車を買うか迷っている人は新古車を検討することによって安く買うことができるし、ディーラー保証や整備付きのプランなどもあるため、新車を買うよりも新古車を買う方が得感があります。

「A3セダン 1.4 TFSI Sラインパッケージがおすすめ」

アウディ A3はどれも素晴らしいのですが、特におすすめなのは現行型「A3セダン 1.4 TFSI Sラインパッケージ」です。排気量は若干低いですが、それでも十分すぎるパワーとA3特有のコンパクトで快適に運転できます。ノーマル仕様と違いタイヤが18インチにサイズアップされていてエクステリアのインパクトが違いますし、SラインパッケージにはLEDライトパッケージなどのオプションがあり、それをつければより高級感のある車にしあげることができ、セダン特有の静粛性も兼ね備えているため快適な運転も楽しめます。

・おすすめモデルの燃費

アウディA3画像

引用元:https://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/a3/a3.html


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら
audi A3画像