これがストレスという人いませんか?駐車場の恐怖から逃れる方法。

避けては通れない!駐車の技術向上方法

 「かっこよく」なくてもいいんだ。ちゃんとまっすぐぶつからずに駐車したいだけなんだ。

車を使用する時というのは、ドライブや通勤、デート、買い物です。
運転すると必ずしなければいけない事があります。
駐車です。
よく車を運転する人の実に4割もの人が駐車が苦手と答えています。
センスや視野の広さ、注意力にもよりますが、初心者の方なら尚更難しいでしょう。
今回はそんな方のために、バック駐車のコツを説明していきます。

①焦らずに行うこと

駐車スペースに他の車がいない時や、誰も乗車していない時など、以外と簡単に駐車できることが多いと思いませんか?
まずは焦らずに行うことが重要です。

②右側から駐車する(左ハンドル車は左側)

助手席側からのバックは、位置が把握しづらいので、まずは運転手席側を内側にして、駐車してみましょう。

③距離と角度

苦手な方は、赤の車との距離(★)が遠いです。
できるだけ詰めるようにしましょう。
そして車の角度は45°くらいが理想です。45°で入り、ハンドルを調整しましょう。

図のポイントを気にすれば、少し楽になります。

④車体の大きさを把握する

自分が車に乗り、実際にバックする際に、知人に車体の横や後ろに立ってもらい、どこまでが車体なのかを、把握しましょう。
実はかなり大きく把握しがちで、「こんなところまでバックできるのか!」という方がほとんどです。

まとめ

以上の4点に注意してバック駐車をしてみましょう。
バックの仕方にはいろんな方法がありますが、今回説明したポイントを把握すれば、かなり上達するはずです。
参考にしてみてはいかがでしょうか?

【おまかせ出品体験談】

K様 ディーラーより「90万円」高い額で売却に成功!



K様のコメント
 
「愛車のボクスターがディーラーより90万円も高く売れて満足です。330万円の買取保証金を受け取った後、追加金も受け取れてとても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」
CTA画像
クルマが買取店やディーラーより高く売れる『おまかせ出品』

無料でカンタン査定!まずはあなたのクルマを査定してみよう!


〜今までよりもクルマを安く購入できる新しい方法〜


中古車販売店より安く購入できる 『Ancar』

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?