ディーラー整備がレベル高い理由|ベテラン整備士が教えます!

車を直したい時、取れる選択肢としては、ディーラーに持っていく、近くの街の整備工場に持っていくなどあるかと思いますが、結局何がいいのでしょうか? 金額が高いということでも有名なディーラーですが、それには理由があり、ディーラー整備も必要なタイミングがあります。 メーカーでは整備の技術レベルを高い水準に保つために多くの制度がありますので、その一部をフォルクスワーゲンを例にご紹介します。

整備研修を全て合格するともらえるテクニカルマイスターと言う称号

VWでは入社後、まず社内研修を受けます。 ドイツ系の輸入車は、国産系の知識で100%修理・整備は不可能です。 その理由の一つに、電子回路の見取り図が、そもそも国内で定められたものと違うので、故障探求がそもそも出来ないという側面があります。 しかし、メーカーとして自社の車を完璧にケアできるようになるためには、かなり膨大な量の勉強が必要となります。この「テクニカルマイスター」を名乗る為には、以下のカテゴリを全て修める必要があります。 1.ランニングギヤ(足回り系統) 2.エアコン 3.エレクロニクス(電子制御) 4.エンジン 5.ギヤボックス(オートマトランスミッション等) これらの分野の認定試験すべてに合格する必要があります。 そして、これらのカテゴリを受験する前に、いくつもの講義、テストをクリアしていく事が必須となります。 車は命を乗せるもので、それを守るために安全を保ち続けなくてはならない整備士は、やはりそれ相応の学びをしなくてはなりません。

しかし、整備士は短命

通常、整備士としての選手生命は5年以内に終了します。 それは、会社の人事などで、営業に転身せざる終えない環境があるからです。 多くのスタッフは、「テクニカルマイスター」獲得以前に、営業に転身していくので、この資格を有している人は稀有な存在と言えます。 最速で、取得出来たとしても5年以上はかかるので、正に経験と知識両方を併せ持った熟練整備士とカテゴライズする事が出来ます。 ただ、ディーラーにはそういう熟練整備士が現場に居て車を見ますので、質の高い整備をしてもらえるのです。それが故に、工賃が高い、というのは致し方ない部分かもしれません。

費用も考えるのであれば街の整備工場とディーラーを使い分ける


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら