CVTのホンダ・シビック タイプRが出るという噂があります!その背景事情とは?

ホンダファンの期待を裏切る?シビック タイプRのCVTの可能性が浮上!

2016年11月に北米ホンダへのインタビューを行った際、次期「シビック・タイプR」にCVTのトランスミッションを設定するかどうかも話題となりました。 その場には北米ホンダの幹部や広報担当者たちがいましたが、皆「そんなまさか」という顔を見せていました。 しかし、その時点での彼らは、日本の本社から詳しい話を聞いていなかっただけなのかもしれません。 実際のところはどうなのでしょうか? 『シビックX』という名のオンラインフォーラムで、Browncoat3000というユーザーネームの人物が、2016年11月号の『カー・マガジン』(印刷版)を紹介しているのですが、その記事では、ホンダの幹部3人が「CVTのタイプRもあり得る」と述べているのです。

実はMT仕様のシビックは、全体のほんのわずかという事実

記事の内容は、エンジニアの責任者である刈谷氏もしくはホンダ・ヨーロッパの幹部である井上氏いずれかの談話を元に構成されています。 ここで話題となっているタイプRのCVTは、低速からの加速を重視したセッティングとなるようです。 これ以上の詳細情報がまだ手元にはありませんが、1つ言えるのは、CVTを設定するとコアなファンを落胆させるのは明らかですが、経営の視点では理に適ったものであるということです。 話を昨秋のLAモーターショーに戻しますが、ホンダに尋ねたところ、アメリカ市場におけるマニュアルの販売比率はわずか3%だというのです。 もちろんタイプRは万人向けのクルマではありませんが、マニュアルしかないとなると、ますます市場が狭まってしまうわけです。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら