CVTのホンダ・シビック タイプRが出るという噂があります!その背景事情とは?

ホンダファンの期待を裏切る?シビック タイプRのCVTの可能性が浮上!

2016年11月に北米ホンダへのインタビューを行った際、次期「シビック・タイプR」にCVTのトランスミッションを設定するかどうかも話題となりました。 その場には北米ホンダの幹部や広報担当者たちがいましたが、皆「そんなまさか」という顔を見せていました。 しかし、その時点での彼らは、日本の本社から詳しい話を聞いていなかっただけなのかもしれません。 実際のところはどうなのでしょうか? 『シビックX』という名のオンラインフォーラムで、Browncoat3000というユーザーネームの人物が、2016年11月号の『カー・マガジン』(印刷版)を紹介しているのですが、その記事では、ホンダの幹部3人が「CVTのタイプRもあり得る」と述べているのです。

実はMT仕様のシビックは、全体のほんのわずかという事実

記事の内容は、エンジニアの責任者である刈谷氏もしくはホンダ・ヨーロッパの幹部である井上氏いずれかの談話を元に構成されています。 ここで話題となっているタイプRのCVTは、低速からの加速を重視したセッティングとなるようです。 これ以上の詳細情報がまだ手元にはありませんが、1つ言えるのは、CVTを設定するとコアなファンを落胆させるのは明らかですが、経営の視点では理に適ったものであるということです。 話を昨秋のLAモーターショーに戻しますが、ホンダに尋ねたところ、アメリカ市場におけるマニュアルの販売比率はわずか3%だというのです。 もちろんタイプRは万人向けのクルマではありませんが、マニュアルしかないとなると、ますます市場が狭まってしまうわけです。

シビック タイプRのCVT設定はそこまで問題?

それに、CVT仕様のタイプRがドライビングの質を駄目にしてしまうかと言えば、そういうものでもないでしょう。 アメリカでシビックのセダン(ターボ仕様)のCVTを乗ったジャーナリストによれば、なかなかの出来だということです。 ところで、こういった類のクルマに、なぜそこまでCVTが問題視されるのかも、具体的に考えてみる必要があります。 そもそも、タイプRとはその車種中ナンバーワンの高性能仕様車として、広告塔であるということです。 すなわち、元から販売台数は期待されていません。 それでは、そんな性格のクルマを、今度はどうして拡販に結びつけようとするのか? 元から万人受けしないと言いつつも、少しでも客層を広げたいからでしょうか? ちなみに、北米では「Si」グレードにマニュアルが設定されていますが、より上級で高性能のタイプRにマニュアルがないとなれば、ちょっとした矛盾と思われないでしょうか? こうしたポイントに、ホンダは答えていく必要があるかもしれません。 現時点での確率としては、CVTがタイプRに設定されるのはせいぜい25%程度でしょう。 しかし今後の情報には敏感である必要があります。 ホンダから詳細が公表されるのを待ちたいと思います。

Honda Is Considering A CVT For The Civic Type R: Say It Ain’t So!Ancar | Ancar(アンカー) – 中古車の個人売買


〜今までよりもクルマを高く売却できる新しい方法〜 


「90万円」高く売却に成功! K様



K様のコメント:
 
「愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」

高く売却できる『おまかせ出品』

『おまかせ出品』で、びっくりするくらいクルマが高く売れるかも!?

『おまかせ出品』の詳細はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

出品中のクルマ一覧はこちら

【TGR TRADE】 レースに使う競技車両の売買も!



トヨタ(トヨタ・ガズー・レーシング)と提携し、競技用(レース)車両の個人間売買サービスプラットフォーム「TGR TRADE」を開始しました!

「自分が大切に乗ってきた車両を手放したいが、どこで売ればいいのか分からない」「レースやラリーに興味があるので、中古車で手軽に参加してみたいが、どこで買えるのか分からない」という、個人の売りたいお客様、買いたいお客様それぞれのニーズや困りごとがあります。

『TGR TRADE』はそのような双方の思いを結びつけるためのプラットフォームとなり、中古車の競技用車両が流通する市場を作ることで、モータースポーツへの参加のハードルを下げ、クルマファンの裾野拡大につなげることにお役に立ちたい、という思いから開始するサービスです。

売りたいお客様はスマホで簡単に出品ができ、かつ価値を理解してくれる人に直接引き継ぐことが出来る、買いたいお客様はレース経験者と直接のコミュニケーションをサイト内で取ることができるなど、個人間売買である特性を生かしつつ、お客様のニーズに寄り添ったサービスを展開していきます。
『TGR TRADE』の詳細はこちら

 【ショールーム撮影会】



愛車をショールームで撮影してもらえる『ショールーム撮影会』を開始しました!

愛車の撮影をしてくれて、売りたい時に、そのままサービスが利用できる画期的でスマートなサービス「ショールーム撮影会」!!

是非、興味がある人は利用してみては??

※毎週日曜日、完全予約制にて、下記のショールームにて開催されています。
〒151-0071
東京都渋谷区本町1-17-12リッツ初台ビル 1F
営業時間 10:00-19:00 (定休日:火曜・水曜)
TEL 03-6300-9141
Email apl@ancar.jp
HP https://lounge.ancar.jp

 【クルマの相談所】



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら