フォルクスワーゲンの高性能版を生んだ「R」シリーズと「Rライン」を知っていますか?

VWのR、それはニュービートルRSiから始まった

フォルクスワーゲン(以下、VW)では、初代ゴルフの頃からホットハッチ的なGTI、あるいは大排気量版のゴルフVR6など、スポーティ、あるいは高級版のグレードをラインナップしてきました。 しかし、それらとは一線を画しつつ高性能・高品質を高いレベルで統合したようなモデルが2001年、ニュービートルRSiとして登場しました。 通常のニュービートルに対し、そのファニーフェイスと似合わぬ225馬力の3.2リッターV6エンジンを搭載、そのパワーに見合うよう拡幅されたフェンダーや大型バンパーとスポイラー、そして4-MOTIONと呼ばれるVW独自の4WDシステムを備えていました。 ニュービートルにとどまらず、従来のVW車のイメージを一新するような特異なモデルだったRSiですが、これこそが21世紀のVWにおける「R」シリーズの始まりです。

2000年代のVW高性能車群を構成したRシリーズ

ニュービートルRSiに続き、Rシリーズ第2弾として4代目ゴルフに同じエンジンを搭載したゴルフR32が登場しました。 第1弾に比べ外観の変更点は控えめで、いわば「羊の皮を被った狼」的なモデルに近づいていますが、足回りやタイヤ、内装の違いや2本出しマフラーでちょっと見ればすぐわかる雰囲気を持っており、以後のRシリーズはこの路線が定着します。 その後も3.6リッターV6エンジンを搭載したパサートR36、4.9リッターV6ディーゼルターボをパワーアップしたSUVのトゥアレグR50が2000年代のRシリーズを構成しました。 特にトゥアレグR50は兄弟車のポルシェ カイエンにも無い高出力ターボディーゼルの搭載で、カイエンに対して明確にキャラクターの違いを出しています。 トゥアレグでは他にも、Rシリーズではありませんがやはりカイエン未搭載の6リッターW12エンジン搭載のW12 SPORTがあります。

2010年代のRシリーズは新世代高性能「R」ゴルフR とシロッコR

2010年代に入ると、6代目ゴルフおよび復活したシロッコにそれぞれゴルフR / シロッコRが設定されました。 エンジンは2リッター直4TSIに更新されたものの、現行7代目ゴルフRでは280馬力に達しており、地味ながら高性能4WDターボのコンパクトスポーツとなっています。 シロッコRは2014年3月で日本での販売を終了しましたが、代わって7代目ゴルフRではステーションワゴン版にもゴルフR・ヴァリアントとして設定しており、現在のVW高性能車はこの2車種です。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら