VW・ゴルフのホットバージョンGTIと高性能バージョンRシリーズはどう違う?

ゴルフRの属する「Rライン」とは何か

フォルクスワーゲン(以下、VW)には、初代ゴルフIから既に設定されていた伝統のスポーツホットハッチ版ゴルフGTIと、高性能版ゴルフRが別々に設定されています。 その「R」が初設定されたのは2008年登場のゴルフVIからですが、その源流は1991年登場のゴルフIIIに追加設定された「VR6」に求めることができるでしょう。 2.8リッター狭角V6エンジンを搭載したVR6はゴルフの大排気量・高級版と言えて、小型車でも低振動で静粛性の高い高品質エンジン搭載型として開発されましたが、ゴルフIVからは3.2リッターに排気量を拡大した上で「ゴルフR32」と改名しました。 これはニュービートルRSiで先行採用されたVWの新ブランド「Rライン」のひとつで、「R」はレーシングの略。 つまりVWのスポーツ部門であり、少々大げさに言えばメルセデス・ベンツのAMGやBMWの「M」に相当する高性能版を送り出すブランドだと思えばいいでしょう。 ゴルフVI以降はダウンサイジングターボ路線に沿って2リッター直列4気筒ターボエンジンに更新され、2017年現在販売されているゴルフVIIでは280馬力を発揮し、ミッションは6速DSG(2ペダルMT)か6速MTと組み合わせた、4WDターボマシンとなっています。

伝統のスポーツハッチ、ゴルフGTI

一方、初代ゴルフIで1.6リッター(110馬力)または1.8リッター(115馬力)エンジンを搭載した「GTI」が設定されて以来の伝統があり、日本には1983年登場のゴルフIIから輸入されるようになった伝統のスポーツ仕様ホットハッチです。 VR6登場まではゴルフ最高性能を持っており、VR6自体は高級版という位置づけでもあったので、引き続きゴルフのスポーツポジションにあり、VWによりゴルフGTIカップというワンメイクレースもゴルフVの代まで開催されていました。 現在のゴルフVII GTIは220馬力の2リッター直4ターボエンジンを搭載、ゴルフR同様にミッションは6速DSGか6速MTです。 ただしゴルフRとは異なりFF(フロントエンジン・前輪駆動)のみとなっています。 そのせいもあってか、ゴルフR(6MT仕様で1,500kg)に対して、6MT仕様で1,390kgと大幅に軽く、軽快に走りそうな予感を感じさせるのが特徴でしょう。

両者の違いはどこにある?まずは装備面


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら