「ロボット刑事」愛車ジョーカーと似ていた意外なクルマとは!?

「ロボット刑事」とは?

1973年から石ノ森章太郎の漫画原作と同時進行でTV放映された特撮ヒーローものが「ロボット刑事」です。 言われてみると何となく「キカイダー」などあのへんのメカメカしいキャラクターの漫画版と雰囲気が似ている気がしますが、ロボット刑事のメカはスケルトンタイプでは無いので、特撮版では何となく着ぐるみ感がありますね。 どのみち40代後半以上の読者でなければ「ロボット刑事」をリアルタイムで見た記憶は無いでしょうし、筆者は40代前半ですが再放送でも見た記憶が無く、初の特撮ロボット刑事と言えば「宇宙刑事ギャバン」です。 そう考えると宇宙刑事ギャバンやロボコップのご先祖的と言えないこともないのですが、「ロボット刑事」の主人公は改造人間ではなく、純然たるロボットなのが特徴でしょうか。 警視庁特別科学捜査室所属の犯罪捜査用ロボット「K」が主人公で、犯罪ロボットレンタル組織(何げに斬新な気が)「バドー」と、Kと人間による混合捜査チームが戦うというお話であります。

Kの愛車「ジョーカー」

その「K」にはジョーカーという愛車があるのですが、警視庁の捜査車両にあるまじき派手ぶりです。 むしろあまりにカラーリングが派手すぎて、誰も警察の捜査用車両とは思わないのでは? ウルトラマンシリーズに登場したポインターやマツダ・コスモスポーツも派手でしたが、あれはウルトラ警備隊などにとってリクルート用広報宣伝車も兼ねていると思えばわからないでもありません。 しかし、流線型のフロントノーズに赤白のツートーンカラーボディ、青い矢印で三色トリコロールです。 「K」自体もハンチング帽に赤いブレザー、それでいてネクタイはシックな紺色とそこだけお堅い公務員っぽいので、警察組織としてどうこうという以前に、そのカラーセンスにチグハグ感を感じますが、西部警察などはもっと凶暴なので、硬いことを言ってはいけません。 それよりジョーカーですが、割と斬新なのは後部がステーションワゴン風になっており、様々なメカニズムを搭載した超兵器感があります。 この手の特撮モノだとスタイル重視でセダンかクーペ、あるいはオープンカーにこだわり、スペース効率など細かいことは考えないものですが、1970年代前半でステーションワゴン風というのは画期的ではないでしょうか? 当時はステーションワゴンといえば「ライトバンの5ナンバー版」にほかならず、貧乏臭い雰囲気がありましたから、ステーションワゴンが主役メカというのは斬新かもしれません。

ナイトライダーのご先祖と言われたらどうする?

実際、高度な電子頭脳や飛行機能を搭載しており、その意味では「ナイトライダー」のAI搭載マシン「キット」のご先祖だと言えます…が、そう言われて納得いく人がいるでしょうか? ちなみにベースは「ヨタハチ」ことトヨタ・スポーツ800だそうです。 モノコックボディで高価だったであろうヨタハチよりも、トラック同様シャシーにスポーツカーボディを含む各種ボディを載せたダイハツ コンパーノあたりを使った方が作りやすかったと思うのですが、ヨタハチを使った理由は何だったのでしょう? 仕上がり具合を見ると、上からベタベタとハリボテを貼ったにしては完成度が高すぎる気もします。 本当はコンパーノがベースでは?と思ったところで、似たようなクルマがダイハツにありました。

ジョーカーの先輩?ダイハツ P3


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら