国産エンジン史スポーツカーその18「280馬力自主規制を作ったVG30DETT」

国産エンジン史スポーツカー編その18は、GT-RのRB26DETTとほぼ同時に登場したVG30DETTです。


280馬力自主規制の先駆け

CCライセンス 表示Nissan 300ZX by FotoSleuth

現在では「そんな話もあったか」と過去の記憶になりつつある「280馬力自主規制」。

国産車の過激な高性能化、それに比例するように増大した交通事故に歯止めをかけるべく、自工会(日本自動車工業会)に加盟する自動車メーカー各社が運輸省(現在の国土交通省)に申し出たものです。

2004年まで続いた自主規制は今や過去のものとなり、現在では日産 GT-Rのように500馬力、600馬力のクルマも国産車メーカーから販売されていますが、そのキッカケを作ったのが日産でした。

1989年、Z32型フェアレディZのVG30DETT搭載モデル、前回紹介したBNR32型スカイラインGT-RのRB26DETT搭載モデル、そして4.5リッターV8のVH45DEを搭載した初代インフィニティQ45が相次いで300馬力モデルとして開発されます。

トヨタ7M-GTなどとの大排気量ハイパワーエンジン競争の中で優位に立つべく、メーカーとしては当然の事でしたが、そこで運輸省から「待った」がかかったのでした。

その先駆けとなったのが、3台の中でもっとも早くデビューしたフェアレディZと、その搭載エンジンVG30DETTです。

「本命」の決定版VG30DETT

前回紹介した通り、当時の日産が考えていた新世代エンジンの本命はV型6気筒のVGエンジン、そして軽量コンパクトなVGに置き換わるまでの過渡期のエンジンとしてL型の生産設備を利用して生産されたのがRBエンジンでした。

「Very Good」を略して命名されたVGエンジンはフロントに搭載すれば短いエンジン長から縦置きFR用エンジンとして前後重心を車体中央に近くできましたし、コンパクトなので横置きFF用エンジンとしても使用可能。

そして、ミッドシップスポーツ用エンジンとしても最適だったのです。

その当初からZ31型フェアレディZ用エンジンとしても使われ、3リッターV6DOHCターボ、255馬力のVG30DETは初代日産 シーマに搭載、高級セダンでありながら爆発的な加速力を発揮して「シーマ現象」と呼ばれる大ヒットを記録しました。

その決定版としてツインターボ化、当初300馬力、自主規制で280馬力エンジンとして、発売当時の国産最強エンジンだったのがVG30DETTです。

幻のスーパースポーツ、MID4-II

CCライセンス 表示NISSAN MID4-II.(1987) by MIKI Yoshihito. (#mikiyoshihito)

しかしこのVG30DETT、元からZ32フェアレディZ用に開発されたわけではありません。

本来は1985年に発表されたミッドシップ4WDスーパースポーツのMID4(VG30DE搭載)、その発展型として1987年に発表されたMID4-IIのエンジンとして世に出ました。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら