なぜオープンカーは屋根が無いのに高級なのか?【ソフトトップorハードトップ】

誰もが一度は乗ってみたい、オープンカー。風を切って走る爽快感、まるでスターになったかのような気分になれる非日常感はいつもの屋根付きでは味わえません。

そんな珍しいオープンカーの中でも特徴的なのがやはり“ソフトトップ”。スマートに街を走るソフトトップの姿は目を引きますが、「どうして布なんだろう…?」と疑問に思ったこともあるのではないでしょうか。そして、「屋根が無いのに(布なのに)価格が高いのはなぜなんだろう」とも。

今回は「なぜオープンカーは高価格なのか」を探り、その良さや手入れの方法までソフトトップについて幅広くご紹介します。

オープンカーとソフトトップの始まり

自動車が生まれた黎明期、ほとんどすべての自動車はオープンカーでした。自動車に屋根をつけても車体重量が増えるだけで速度が出ないからです。そのため、当時の馬車では普通だった箱型の客室ではなく、屋根があっても重量の小さい簡単な幌(ほろ・防水用の布)を取り付けるだけでした。この幌がソフトトップの起源というわけです。

なぜオープンカーは高級なのか?

現代の自動車はモノコック構造(外板に必要最小限の加工を施して強度を高める構造)が主流です。モノコック車は開口部分があると強度が低下します。つまり、オープンカーのように屋根が無いと強度が弱い車になってしまうのです。
そのためオープンカーは強度を確保するための工夫が求められます。強度確保のために、通常の屋根付き車両より多くの部品点数が必要となり、開発時間もかかります。その結果、コストも重量も増えるので、高価格となるのです。「なぜ屋根が無いのに高級なのか?」の答えは、「屋根が無いから」だったというわけです。

また、耐候性のあるインテリアや車内への風の巻き込みを防ぐ仕組みなど、ソフトトップ特有の装備が必要となることも高価格になる要因です。

ソフトトップは雨漏りする?メリット・デメリット

自動車黎明期から続くオープンカーですが、現在は自動で開閉するハードトップも多くあります。自動車選びにおいて“安全”というのは欠かせない基準のひとつですよね。布やビニールでできた幌と金属の板、どちらの方が安全そうかと聞かれれば金属の板でしょう。
それでもなおソフトトップが選ばれる理由は何なのでしょうか?

ソフトトップの懸念・デメリット

特徴的なソフトトップですから、それ特有の気になる点も多くあります。まずはハードトップと比較したソフトトップのデメリットを確認しましょう。

耐久性
やはり耐久性はハードトップの方が高いです。ソフトトップの素材は布やビニールですから気温や天候による影響を受けて劣化しやすいのです。また、特徴的な見た目ということもありイタズラの被害に遭うことも多いそうです(車上荒らし、カッターで切り傷をつけられるなど)。

気温の影響
耐久性でも触れましたが、素材だけではなく乗員にも気温の影響があります。夏は暑く、冬は寒いのです。夏は屋根を閉めてエアコンを効かせるより、開けるほうが涼しいとか。一方、冬は暖房が効くので“頭寒足熱”。意外と温かいという声もあります。

雨漏り
雨漏りがあるんじゃないかと不安ですが…劣化や傷がない限りソフトトップから直接雨漏りすることはありません。ただ、車体と屋根との結合部分(ウェザーストリップ、いわゆる“パッキン”など)から水が入ってくることはあるようです。


雨が降ればパラパラと、高速で走行すればバサバサと風を切る音が鳴ります。そのため、あまり質の良いオーディオは設置しないという傾向があると聞きます。

リアウインドウにヒビ
アクリル製、ビニール製のリアウインドウが経年変化によって曇ったりヒビが入ることがよくありました。近年はガラス製のものが増えており、リアウインドウの透明度・耐久性は高くなっているようです。

視界が悪い
ソフトトップ車はクローズ時の後方・側方の視界が圧倒的に悪いです。運転の際には、厳重注意が必要です。もちろん、オープン時は360°全方位の視界が良好です。

ソフトトップのメリット

デメリットばかりではありません。ハードトップと比べてソフトトップが優れていることもあるんです。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら