【画像あり】クライスラー・ネオンのスポコン路線「ダッジ SRT-4」!日本での評価は?

返り討ちにあった日本車キラー、クライスラー ネオン

今でもアメリカの大統領が「アメリカでは日本車がたくさん売れているのに、アメ車が日本では売れないのは不公平だ!」と言っておりますが、根本的な原因はアメ車が悪いのではなく、市場調査にに問題があるのではないでしょうか? 実際、アメ車の中でも歴史と伝統を誇り、アメ車らしいルックスをした「ジープ」ブランドの各車は日本市場でも素晴らしい販売台数を誇っています。 FCA(フィアット・クライスラー)の日本法人は、BMWミニが「ミニ」専門ディーラーを立ち上げてそのブランド力をフルに生かしているように、FCAディーラーの一部を「ジープ」専門ディーラーへ改装するプロジェクトを進めていて、今後も販売台数が伸びそうです。 その一方、FCAがまだビッグ3(米3大メーカー)の一角、クライスラーとして独立していた頃には、「日本でも売れるサイズのアメ車なら、日本でも売れるはずだ」と考えて、何車種かが実際に輸入されました。 それが「日本車キラー」として堂々デビューした、GM系のサターンとシボレー キャバリエ(日本ではトヨタ キャバリエとして販売)、それにクライスラー ネオンです。 結果的に、「アメリカらしさが無いなら、日本車でいいですわ」と日本のユーザーから評価を得られずいずれも不人気車で終わってしまいましたが、実際これらにアメ車らしさがあればどうだったでしょうか? 「ジープ」ブランドの好調を見ると、ユーザーが求めていたのは「日本車っぽいアメ車」ではなく、「日本でも魅力的なアメ車」だったのだと思います。

日本に輸入されていれば!2代目ネオンの痛快なモデルSRT-4

1996年6月の発売後日本では泣かず飛ばずだった初代ネオンですが、2000年には2代目の右ハンドル日本仕様が発売されました。 外装は初代よりスタイリッシュで質感も上がったものの、ミッションが相変わらず3速ATのままなど、日本基準ではおよそ2リッタークラスの車とは言えず、しかもセダン不況の時代に4ドアセダンのみだったので、もちろん売れません。 これはアメ車だけではなく日本車でもセダンが売れない時代でしたからネオンの責任では無いのですが、何とも間が悪かったのは事実です。 実際、ネオンをアメ車風ボディに仕立てただけの5ドアハッチバック/2ドアカブリオレ車、クライスラー PTクルーザーは、日本でもヒットしました。 実用性とアメ車らしさを兼ね備えていれば、日本人でもアメ車をちゃんと買うのです。 しかし2代目ネオンが惜しかったのは、いかにも日本人受けしそうなモデルが輸入されなかったことです。 それが、パっと見ではラリーでも活躍した日本の某メーカー車に似ている高性能スポーツセダン、ダッジSRT-4でした。

2.4リッターターボ搭載のコンパクトスポーツセダン、レーシングバージョンもあり!

北米では、クライスラーのスポーティブランドで、ウルトラマッスルカーのバイパーも販売していた「ダッジ」ブランドでもネオンは販売されていました。 そのダッジが日本車に対抗できるコンパクトスポーツを作ろうとチューニングしたのがダッジ SRT-4です。 2004-2005年モデルはFFながらエンジンは最高出力230馬力、最大トルクは図太く34.5kgfをわずか2,400回転から発揮し、0-100km/h加速は5.3秒とFF車としてはまずまず! 最高速度も246km/hを発揮します。 開口部の多くスポーティなフロントマスクや、トランクリッド上の高いリアスポイラーもやる気を感じさせる姿で、しかもACRと呼ばれるレーシングベースモデルや、純正チューンナップキットも用意されており、ステージ3チューンでは実に335馬力までパワーアップ可能。 日本車サイズで、リアから見れば左右2本出しマフラーとリアスポイラー以外はネオンそのものにも関わらず、アクセル一発でバックミラーの車を点にできる実力は、これこそ日本のファンが求める「小さなアメリカンマッスルカー」だったのではないでしょうか? 残念ながらSRT-4が日本に世紀輸入されることはありませんでしたが、「あまり見かけないレアな羊の皮をかぶった狼」が欲しい人は、ダッジ SRT-4を探すか、個人輸入してみるといいかもしれません。

次回は、今回もちょっとだけ触れたPTクルーザーと同じ、「小さくともアメ車らしい車」プリムス プロウラーをご紹介します。

Ancar | Ancar(アンカー) – 中古車の個人間売買


〜今までよりもクルマを高く売却できる新しい方法〜 


「90万円」高く売却に成功! K様



K様のコメント:
 
「愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」

高く売却できる『おまかせ出品』

『おまかせ出品』で、びっくりするくらいクルマが高く売れるかも!?

『おまかせ出品』の詳細はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

出品中のクルマ一覧はこちら

【TGR TRADE】 レースに使う競技車両の売買も!



トヨタ(トヨタ・ガズー・レーシング)と提携し、競技用(レース)車両の個人間売買サービスプラットフォーム「TGR TRADE」を開始しました!

「自分が大切に乗ってきた車両を手放したいが、どこで売ればいいのか分からない」「レースやラリーに興味があるので、中古車で手軽に参加してみたいが、どこで買えるのか分からない」という、個人の売りたいお客様、買いたいお客様それぞれのニーズや困りごとがあります。

『TGR TRADE』はそのような双方の思いを結びつけるためのプラットフォームとなり、中古車の競技用車両が流通する市場を作ることで、モータースポーツへの参加のハードルを下げ、クルマファンの裾野拡大につなげることにお役に立ちたい、という思いから開始するサービスです。

売りたいお客様はスマホで簡単に出品ができ、かつ価値を理解してくれる人に直接引き継ぐことが出来る、買いたいお客様はレース経験者と直接のコミュニケーションをサイト内で取ることができるなど、個人間売買である特性を生かしつつ、お客様のニーズに寄り添ったサービスを展開していきます。
『TGR TRADE』の詳細はこちら

 【ショールーム撮影会】



愛車をショールームで撮影してもらえる『ショールーム撮影会』を開始しました!

愛車の撮影をしてくれて、売りたい時に、そのままサービスが利用できる画期的でスマートなサービス「ショールーム撮影会」!!

是非、興味がある人は利用してみては??

※毎週日曜日、完全予約制にて、下記のショールームにて開催されています。
〒151-0071
東京都渋谷区本町1-17-12リッツ初台ビル 1F
営業時間 10:00-19:00 (定休日:火曜・水曜)
TEL 03-6300-9141
Email apl@ancar.jp
HP https://lounge.ancar.jp

 【クルマの相談所】



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら