初めて聞いた?!世界のマイナースーパーカー「チゼータ モロダーV16T」(伊/米)

戦後唯一のV16エンジン?!(しかも横置き)

チゼータ モロダーV16Tはかつてランボルギーニに在籍していたクラウディオ・ザンポーリと、アメリカのミュージシャン、ジョルジオ・モロダーの2人が設立したチゼータ・モロダーURL社唯一の量産車。 「誰も見たことが無いスーパーカーを作ろう!」 と考えた結果、奇想天外すぎて第2次世界大戦後は誰も市販車に積もうと思わなかったV型16気筒エンジン搭載車を考えつきます。 結果、「誰も見たことがない」というより、「メンドクサイので誰も作ろうとしない」スーパーカーが誕生することになり、それが1988年のジュネーブモーターショーで発表され、1991年から販売されたチゼータ モロダーV16Tでした。 6リッターV16エンジンというだけで既に「え?V12じゃないの?V16?」と驚くところですが、それを横置きに搭載しているから、また驚きです。 つまり片バンク8気筒もの長いエンジンを横に置いているわけで、ボルボやランチア車で直6エンジンを横置きする例は確かにあrますが、8気筒となると相当幅広いボディになります。 フロントに積むより左右に余裕ができるミッドシップ配置とはいえ、V16Tが全幅2,060mmと、V12エンジン縦置きのフェラーリやランボルギーニよりほんの少し幅広程度で収めたのは、うまくまとめた方だと言えるでしょう。 あるいは、どのみちその程度の全幅にするならば、横置きにした方がミッドシップ配置の中でもさらにエンジンを重心近くに配置できるという計算があったかもしれません。 ただ、もちろんミッションを直列配置はできないのでそちらは常識的な縦置きとなり、エンジンとミッションがT型配置になることから「V16T」と命名されたようです。

ガンディーニデザインはディアブロのボツ案?

そしてデザインはどこかで見たような…というより、ランボルギーニそのものという形でしたが、それもそのはず、ランボルギーニ ディアブロをデザインしたアレッサンドロ・ガンディーニの作です。 クライスラー傘下だった頃のランボルギーニでガンディーニがディアブロのデザインを起こした案のうち、ボツ案のひとつがチゼータに採用されたと言われています。 ですからV16Tがランボルギーニにソックリだったとしてもそれは当たり前の話で、パクリだの何だのといった話は筋違い。 何しろデザイナーは同一人物ですし。 ただし、ここまで「どこかで見たようなスーパーカー」ですと面白くない人物や企業には困らなかったようで、V16Tはイタリアで生産に入ろうとしたところ、地元部品メーカーから供給を拒否されてしまいます。 しかも、共同創立者だったモロダーがフェラーリとその親会社フィアットからの圧力でチゼータの経営から手を引いてしまうという憂き目にあったのでした。 正確にはチゼータ モロダーV16Tであるにも関わらず、現在車名がチゼータV16Tと伝わっているのはこのためでしょう。

チゼータの倒産と復活?


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら