【種類紹介】トヨタはなぜエンブレムを車種ごとに変えるのか

街を走る車を見て、ふと思うことがあります。「え、あの車どこのメーカー??」と。そんな時、大体の場合がトヨタの車なんです。ではなぜ、トヨタだとわからないのか。それはエンブレムがトヨタのTマークではないからですね。そう、トヨタには様々なエンブレムが存在し、車種ごとに異なったエンブレムがつけられています。そんなことをしたら「トヨタの車」とわかってもらえないじゃないかと思いますよね。実際に、筆者の周りにも「クラウン」というメーカーがあると思っていた人が何人かいました。なぜ、トヨタはエンブレムを車種ごとに変えるのでしょう。そこには深い歴史とトヨタの戦略が関係します。今回は、それらの理由を解明しつつ改めてトヨタに存在するエンブレムの種類を紹介します。

トヨタのエンブレムの種類

まずは、トヨタのエンブレムの種類をザッと紹介いたします。調べてみるとあまりにも多すぎて、過去のものなどは紹介仕切れませんが、ご了承ください。それにしても多いですね。現在ラインアップされている乗用車のうち、商用車とGRモデルを抜くと37車種、うちエンブレムが異なるのは17車種です。半分と言ってもいい数字ですね。レクサスは他とは違い、完全に別ブランドとして販売されていますが、一緒に紹介します。また、エンブレムが異なる車種の共通点として挙げられるのがトヨタの販売チャネルです。トヨタは複数の販売チャネルを持っており、ネッツ店やカローラ店といったように別の看板を掲げた販売店があります。それらのチャネルで販売されている車種に関してはネッツエンブレム、カローラエンブレムといったように個別のエンブレムがつけられているのです。ここにはトヨタの販売戦略が関係してきますが、それは後ほどご紹介します。

レクサス

ネッツ

ネッツ店で販売されている車種、「ヴィッツ」「ヴェルファイア」「ヴォクシー」にこのエンブレムがつけられています。よく見たらどれも「ヴ」で始まりますね。なにか関係があったりするのでしょうか。

カローラ

https://toyota.jp/


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら