レギュラーガソリン車にハイオクを入れるとどうなるの?|ベテラン整備士が教えるます!

結局いいのか悪いのか?

ガソリンスタンドに給油しに行くと、大別して「ハイオク」「レギュラー」の2種類のガソリンが販売されています。 多くの人が持ったことのある疑問かもしれませんが、レギュラーガソリン車にハイオクを入れるとどうなるのでしょうか? 今回はこの辺りのお話をさせて頂こうと思います。

レギュラーガソリン車にハイオクを入れると…

結論から言いますと、調子が良くなり、燃焼効率が上がって出力と燃費が向上します。 いいこと尽くしに聞こえますが、これにはちゃんとした理由があるのです。 実は、ガソリン自体に「ハイオク」という種類は存在しないのです。 どういう事かというと、添加剤をガソリンに封入し、オクタン価(ガソリンの純度)を人為的に操作し、燃焼効率を高めたものが「ハイオク」と一般的に総称されます。 このハイオクは、提供する会社によっても名前が変わります。 例えば、出光興産の販売している「ハイオク」の名称は、「スーパーゼアス」といいます。 つまりハイオクとはガソリンと添加剤が混ざったものなので、私の場合車に添加剤を入れたいと感じたタイミングでハイオクを給油していました。 レギュラーガソリン+添加剤よりも、ハイオクのみ又はハイオク+添加剤を使用する方が効果が高いと考えられるからです。

ハイオクガソリン車にレギュラーを入れると…

最近の電子制御のエンジンは非常に賢く、想定値より燃焼効率の悪い燃料が使われても、圧縮空気や混合比を柔軟に変更する事によって、 比較的スムーズに駆動させることが出来ます。 しかし、最適な燃料を使用していない為に、その車が持つ、本来の性能を発揮できないと言うリスクと故障する可能性が含まれていますが。 燃料代は安く済みますが、あまりオススメ出来る行為ではないのです。 これを行う場合はあくまで、自己責任でお願いします。

Ancar | Ancar(アンカー) – 中古車の個人間売買


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら