マツダ CX-5の内装をグレードごとに解説

マツダが2012年から販売しているCX-5は2017年にフルモデルチェンジし、現在の2代目CX-5となっています。クロスオーバーSUVであるCX-5は、乗り心地や安定性を持ちつつ運転の楽しさがあり、オフロード走行も楽しめます。

また、CX-5の内装は、機能性とデザイン性に優れたもので定評があります。

今回は、そんなマツダ CX-5の内装をグレードごとに解説していきます。

CX-5のグレード 

マツダ CX-5は、2.0Lガソリンの「20S」、2.5Lガソリンの「25S」、2.2Lディーゼルの「XD」があります。現在のラインナップでは、トランスミッションは6速ATでディーゼル車のみ6速MTの選択もあります。またそれぞれ、2WDと4WDの両方の選択ができます。

CX-5には、主にグレードが「Proactive」・「L Package」・「Exclusive Mode」の3つがあります。

この、3つのグレードについて解説していきます。

Proactive

「Proactive」は「20S」と「XD」に採用されるグレードです。以前は、ノーマルグレードに対し、安全装備を充実させたグレードとして「Proactive」が位置していましたが、現在では「Proactive」が「20S」と「XD」のベースグレードとなりました。それだけ、安全面への定着化が進んでいる証拠です。

シートはクロス素材が使用され、運転席はパワーシートに加え、ドライビングポジションメモリー機能も搭載されています。

ステアリングは本革巻で、ステアリングヒーターも標準装備されています。センターディスプレイは8.8インチのものが採用され、上級グレードと同じ10.25インチのディスプレイはメーカーオプションで選択できます。

カーナビのオプション選択ではなく、標準装備でインフォメーションディスプレイが搭載されているのは、近年の輸入車でも多く好感が持てますね。

L Package

「L Package」は「25S」と「XD」に採用されるグレードです。「L Package」の「Proactive」との大きな違いは、19インチのアルミホイールが採用されているエクステリアです。また、インテリアの随所でも高級感をさらに感じさせるデザインが施されています。

シートは黒を基調としたレザーと白を基調としたスムースレザーから選択ができます。本革シートとなることで室内の高級感が一気に増します。

また、インテリアの随所にクロームメッキが施されています。「L Package」ではセンターディスプレイが標準装備で10.25インチとなり、インパネ部の存在感を際立たせます。

Exclusive Mode

「Exclusive Mode」では「L Package」よりもさらにラグジュアリーなデザインのあるグレードです。シートは、高級車で多く採用されるナッパーレザーが採用されカラーはディープレッドとなっています。

また、ステアリングもセンターのエンブレムがクロームメッキのリングに囲まれ、より引き締まった印象があります。また、ルームミラーは他のグレードと違いフレームレスとなっています。

CX-5の室内空間・収納スペース

CX-5の車体サイズは全長×全幅×全高:4545×1840×1690mm ホイールベース:2700mmで室内空間は室内長×室内幅×室内高:1890×1540×1265mmとなっています。

4人乗車でも十分なスペースとなっていますが、後部座席の足元の狭さが長距離ドライブでは苦になるという声もあります。しかし、そういった人はCX-8という選択もあります。

ラゲッジスペースは奥行き950mm、高さ790mmで505Lあります。また、床下収納も30Lあり、充分に実用性があります。

まとめ

今回は、マツダのCX-5についてご紹介しました。現在のマツダらしい、シックなデザインは上級グレードになればよりラグジュアリーな車へと変貌します。走りにも拘りのあるCX-5に興味があれば、是非一度試乗もしてみてください。

【おまかせ出品体験談】

K様 ディーラーより「90万円」高い額で売却に成功!



K様のコメント
 
「愛車のボクスターがディーラーより90万円も高く売れて満足です。330万円の買取保証金を受け取った後、追加金も受け取れてとても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」
CTA画像
クルマが買取店やディーラーより高く売れる『おまかせ出品』

無料でカンタン査定!まずはあなたのクルマを査定してみよう!


〜今までよりもクルマを安く購入できる新しい方法〜


中古車販売店より安く購入できる 『Ancar』

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?