性能と価格で激しく争うGT-Rとポルシェ911ターボ、宿命の対決は静かに続く?

泣くなスカライン!鈴鹿の華~宿命のはじまり~

そもそも現在のGT-RがかつてスカイラインGT-Rであり、その源流をさかのぼれば、まだ日産と合併する前のプリンス スカイラインGTに行き着きます。 1963年の第1回日本グランプリでトヨタに苦杯を舐めさせられたプリンスは、最上級セダン、グロリア・スーパー6のエンジンを小型セダン、スカイラインに無理やりぶち込んだスカイラインGTで、第2回日本グランプリでの打倒トヨタに燃えていたのです。 有力な対抗馬の無いトヨタにプリンス圧勝と思われた刹那、突如エントリーしてきたポルシェ904にまたも勝利をさらわれます。 破れたりとは言え相手は純レーシングカー、それに対してファミリーセダンベースの急造マシンで善戦したスカイラインは「泣くなスカイライン、鈴鹿の華」と讃えられましたが、それ以来スカイラインとポルシェの50年以上続く因縁が始まったのでした。

かつてポルシェ944ターボをベンチマークとしたGT-R

時は流れ1980年代後半、第2世代スカイラインGT-Rの第1陣、日産 BNR32スカイラインGT-Rの開発に当たっては、ベンチマークとされていたヨーロッパ車が存在しました。 それは何か? JTC(日本ツーリングカー選手権)でR30スカイラインRSが全く歯が立たなかったボルボ240ターボか、それとも、ボルボほどではないにせよ、いずれにせよR30ではお話にならなかったBMWやジャガーか。 既に世代はR31スカイラインに入っていたので、そうした古い車ではなかったものの、依然としてレースの世界ではヨーロッパ車のフォード シエラRS500が立ちはだかっており、いずれレースで破らなければならない相手でしたが、それともまた違います。 BNR32が目指したのはさらに上、ポルシェ944ターボだったのです。 ピュアスポーツと言って良い911に比べれば乗用車然としているように見える944ターボにさえ、当時の日本車で勝てる車はいない。 「どうせならヨーロッパでもっともバランスの採れたスポーツカーをターゲットにしよう」 その944ターボをベンチマークに、パワートレーンだけではなく優れたハンドリングを追求していった結果、BNR32は第2世代スカイラインGT-Rが世界中で名車として現在に至るまで讃えられる、最初の一歩を踏み出したと言えるでしょう。 それにしても、あの第2回日本グランプリから20年以上がたって、直接サーキットで対峙したわけではないとはいえ、またもスカイラインはポルシェをライバルとして、スカイラインGT-Rという最強のマシンを生み出したのです。

そして今、R35 GT-Rと911ターボの静かな争い


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら