アストンマーティンのF1チームの詳細とは?ドライバーやマシンについても解説

アストンマーティンにはF1チームがあり、その歴史は何十年も前に遡ることができます。

さまざまな改良を重ねて作られるF1マシンですが、アストンマーティンはどのようなマシンなのでしょうか。

さらにアストンマーティンはF1にいつから参戦しているのでしょうか。

「アストンマーティンは好きだがF1については知らない」や「F1は好きだがアストンマーティンは知らない」という方もいることでしょう。

本記事ではアストンマーティンとF1について詳しく解説します。

アストンマーティンのF1について知ることで、アストンマーティンやF1をより楽しむことができるでしょう。

気になる方はぜひ最後までご覧ください。

アストンマーティンとF1

アストンマーティンにはF1チームがあり、その歴史について以下の表にまとめました。

 

チーム名 アストンマーティンF1チーム
国籍 イギリス
本拠地 シルバーストーン
チーム代表 マイク・クラック
技術責任者 アンドリュー・グリーン
参戦初年度 1959年
シャシー メルセデスAMG F1 M13 E パフォーマンス
搭載エンジン AMR22

 

アストンマーティンは1959年からF1に参戦しています。

レーシンググランプリはさらに前から行われており、アストンマーティンのレースの歴史はF1参戦よりも前から歴史があるのです。

参戦後は数々のレースに参加しており、1959年にル・マン24時間レースを制しています。

その時のマシンのプロトタイプがDBR1というプロトタイプとなるのです。

マシンもさまざま改良を積み重ねて、現代のマシンが誕生しました。

2022年に発表されたのが後述するAMR22となるのです。

アストンマーティンのF1チームのドライバー

アストンマーティンのF1ドライバーは2人おり、ベテランと若手の融合で成り立っています。

・セバスチャン・ベッテル

・ランス・ストロール

上記2名がアストンマーティンのF1チームドライバーです。

どのようなプロフィールなのかを以下で紹介します。

セバスチャン・ベッテル

セバスチャン・ベッテルは西ドイツ出身のドライバーで数々のタイトルを獲得しています。

2010年~2013年まで4年連続でF1ドライバーズチャンピオンという偉業を成し遂げているドライバーです。

さらには史上最年少優勝など多くの活躍をしているドライバーです。

2022年シーズンで引退も表明しており、今年がラストイヤーとなるのです。

ランス・ストロール

ランス・ストロールはカナダ出身のドライバーで、2022年シリーズでは5年目のシーズンとなります。

2020年シーズンで活躍をしている若手ドライバーです。

成長が著しい中で2022年シーズンに期待がかかっているドライバーと言えるでしょう。

アストンマーティンのF1マシン

アストンマーティンのF1マシンは2022年2月10日(現地時間)に発表されました。

発表されたマシンは記念のマシンで、アストンマーティンがグランプリ参戦100周年を記念する特別なマシンです。

アストンマーティンが未来の車に搭載させるテクノロジーや技術を惜しみなく使用した最高峰のマシンと呼び声高いです。

2022年シーズンはこのマシンで最高のパフォーマンスを見せてくれることでしょう。

まとめ

アストンマーティンとF1の歴史や2022年シーズンのドライバーやマシンについて詳しく解説しました。

レーシンググランプリに参戦し、100周年の節目を迎えるアストンマーティンということで、長い歴史がありました。

今シーズンのF1では、ドライバーはベテランと若手の融合やマシンも最高峰のものなのでパフォーマンスに期待できます。

本記事でF1やアストンマーティンについて深く知っていただき、よりアストンマーティンとF1を楽しめると幸いです。

【おまかせ出品体験談】

K様 ディーラーより「90万円」高い額で売却に成功!



K様のコメント
 
「愛車のボクスターがディーラーより90万円も高く売れて満足です。330万円の買取保証金を受け取った後、追加金も受け取れてとても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」
CTA画像
クルマが買取店やディーラーより高く売れる『おまかせ出品』

無料でカンタン査定!まずはあなたのクルマを査定してみよう!


〜今までよりもクルマを安く購入できる新しい方法〜


中古車販売店より安く購入できる 『Ancar』

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?