ホンダ新型「N-BOX」が進化!最新モデルのスペックとは

ホンダ「N-BOX」は、2021年12月17日に一部改良モデルを発売しました。

N-BOXは、ホンダの代表する軽自動車で、人気ある車種の1つとなります。

スズキ ハスラーやダイハツ ソリオなど数多くの軽自動車の中でもトップレベルで人気ある車種です。

では、そんなN-BOXの最新モデルはどんな感じなのでしょうか。

この記事では、発売して11年間の歴史や最新モデルのスペックなどをご紹介します。

軽自動車が好きな人やN-BOXの購入を検討している人は、ぜひ最後までご覧ください。

これまでの歴史

N-BOXは、初代モデルが2011年12月16日に発売されました。

新しいホンダの軽自動車シリーズ「Nシリーズ」の第一弾として登場し、ホンダ独自技術であるセンタータンクレイアウトの採用により、軽乗用車としては最大級となる室内空間が実現されました。

この作りがかなり好評となり、N-BOXは発売直後からすぐに人気モデルになりまして、2012年の軽四輪車販売台数ランキングで見事2位を獲得し、翌年の2013年には堂々の1位を獲得したのです。

軽自動車ということで価格がリーズナブルなのに車内スペースが広いという点が人々を魅了したとも言えます。

そして、2017年9月1日に2代目N-BOXが発売されました。

安全運転支援システム「ホンダセンシング」を採用し、ホンダでは初採用となりました。

さらに、N-BOXに採用したことをきっかけに、全タイプの車種に標準装備しました。

2017年(初代の販売月も含む)から2020年まで連続して1位を獲得し、2代目は初代のことよりも人気がすごく、多くの人から愛されたのです。

運転支援システムである「Honda SENSING(ホンダ センシング)」性能向上

2021年12月17日から一部改良しましたが、その改良部分とは「ホンダセンシング」の性能向上に当たります。

具体的には、以下の4つの部分の性能向上となります。

・衝突軽減ブレーキシステム

・リアワイドカメラの性能向上

・快適機能の標準装備化

・「本革巻セレクトノブ」を採用

それでは、順番に解説していきます。

衝突軽減ブレーキシステム(CMBS)

前走車、対向車、歩行者(昼間・夜間)と横断自転車の衝突回避を支援するシステムです。

約5km/h以上で走行中に自車との速度差が約5km/h以上ある前走車両や歩行者、または対向車両に対して衝突する可能性があるとシステムが判断した場合に作動します。

それによって、自動的に停止もしくは減速し衝突回避や衝突被害の軽減を図る仕組みとなるのです。

リアワイドカメラの性能を向上

従来の30万画素から改良したことで100万画素まで画素数を向上しました。

より明確な後方確認が可能となり、安心感を高められます。

快適機能の標準装備化

従来4WD車のみに採用していた「運転席&助手席シートヒーター」とターボ車のみに採用していた「左右独立式リアセンターアームレスト」を標準装備としました。

これによって、快適機能をさらに充実させてより乗り心地が良い車へと改良しました。

「本革巻セレクトノブ」を採用

N-BOX Custom(G・Lターボ Honda SENSING、G・EXターボ Honda SENSING)には新たに「本革巻セレクトノブ」を採用し、上質感を際立たせています。

N-BOXの魅力とは

N-BOXは、これまで多くの人から愛されてきました。

では、いったいどんな部分が魅力的なのでしょうか。

主な魅力は以下の3点です。

・荷室や後席の使い勝手の良さ

・見た目のかっこよさ

・走行性能の高さ

それでは、順番に解説していきます。

荷室や後席の使い勝手の良さ

N-BOXは軽自動車ですが、室内は広い作りとなります。

室内高は1,400mmに達し、小学生ぐらいの子供であれば車内で立って着替えも可能なほどです。

前席との距離や荷室長を左右席で別々に調節できるチップアップ&ダイブダウン機構付スライドリアシートなので、広さを活かした多彩なシートアレンジが可能となります。

前席背面には軽い荷物が掛けられてるようなコンビニフック付の格納式のシートバックテーブルを装備しています。

さらに、後席ドアの開閉履歴をもとに荷物の置き忘れをメーター表示と音でお知らせしてくれる機能も備わっていますので、非常に使い勝手が良い車と言えます。

見た目のかっこよさ

シンプルで機能性を強調したデザインが特徴なN-BOXは、見た目がかっこいいと評判です。

エクステリアはヘッドライトとグリルの形状変更により、より落ち着いた表情で親しみやすいスタイルになりました。

また、品のあるメッキバーをロアグリルに追加しワイド感を演出しているので、軽自動車とは思えないほどの見た目が魅力的でしょう。

走行性能の高さ

走行性や燃費が良いのもN-BOXの魅力です。

N -BOXに搭載のエンジンは、i-VTECエンジンなので、街中で力強く走れます。

それだけでなく、高速道路や坂道などパワーが必要なシーンでものびのあるエンジンで走れるので、軽自動車とは思えないほどのパワーとなります。

また、燃焼効率を向上させるために、エンジンがロングストローク化されているので、低燃費かつ高出力を出しています。

低燃費が実現し、ガソリンを入れる頻度も軽減できるので、月々のランニングコストも抑えられるでしょう。

 

【おまかせ出品体験談】

K様 ディーラーより「90万円」高い額で売却に成功!



K様のコメント
 
「愛車のボクスターがディーラーより90万円も高く売れて満足です。330万円の買取保証金を受け取った後、追加金も受け取れてとても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」
CTA画像
クルマが買取店やディーラーより高く売れる『おまかせ出品』

無料でカンタン査定!まずはあなたのクルマを査定してみよう!


〜今までよりもクルマを安く購入できる新しい方法〜


中古車販売店より安く購入できる 『Ancar』

【Ancarに掲載中のおすすめ車両】