車幅の感覚はこうやって掴め。1,800mm以上でも余裕で乗るためには

どんな人でも免許を取得した直後は、接触事故を起こしてしまう事が多いと思います。その中でも最も多くぶつけてしまう箇所は、助手席側ドアミラー。筆者自身も初心者マークの時に車幅感覚か掴めておらず、住宅街の細い道で、対向車とすれ違う際に外壁にドアミラーを当ててしまいミラーを反対側に折ってしまった経験もあります、、、

体を乗り出して、助手席側の窓からのぞけばある程度は目視できますが、すれ違う際など、運転中にそんな余裕はありません。
車両感覚をつかむ際に重要なのは、右ハンドルであれば助手席側(左側)の前後の長さを掴むことがいちばんの鍵です。

今回は車体の車幅の感覚の掴む方法について詳しく解説していきます!

車幅感覚の掴み方はとにかく練習をすること

 

駐車場ではサイドミラーを見よ

駐車場に車を駐める際は、サイドミラーをよく見てラインが引いてある場合はラインと車体が平行になるように意識して車を操作しましょう。

また、馴れるまでは一回のバックで駐車しようとせず、隣の車や背後の障害物などの距離をサイドミラーで確認しながら少しずつ調整していきましょう。

車種によってミラーの角度が違うので、普段乗っている慣れた車と違う車を乗るときは念入りに注意しましょう。

走行中は左側に注意

左ハンドルは例外ですが、右側走行・右ハンドルが主な日本では交差点を曲がる際などバイクや自転車が近くにいるかもしれませんので、左側に注意が必要です。

また、対向車が近く感じる狭い道やカーブの道も同様に、左側に寄りやすくなるので車の幅を正確に把握するようにしましょう。
特に車高が高く、車の長さも長いSUVやバンなどは曲がる際に左側の後ろの角に気を付けたほうが良いです。

とにかく練習が大事

車の幅を正確に把握して走行出来るようにするには、とにかく練習が必要です。

運転している時のタイヤの位置を把握するのも感覚を掴むのに大切になります。常に走っている時の4つのタイヤの位置を把握できるようにしましょう。空いている時間の公園の駐車場など白線があるところで白線を踏むのを目標に練習を繰り返して走行中のタイヤの位置を掴みましょう。コーンなどを使って練習するのもおすすめです。

車幅1,800mm以上でもおすすめの車3選

大きい車両でも大きいなりのメリットもあり、おすすめなものは沢山あります。特にSUV車がおすすめです。今回はAncarに出品中のおすすめのSUV車を3車種ご紹介します。

トヨタ ランドクルーザー200

トヨタのランドクルーザーは世界中で高い評価を得ています。ランドクルーザーの特徴といえば、ラダーフレームシャーシを採用していて、オフロードなどでも高い走行性能を持っています。そして、なんと言っても故障が少なく、丈夫さがずば抜けて良いです。歴史もとても長く、古くから愛されています。その中でも今回ご紹介するのは200系になります。200系はランドクルーザーの中で一番新しいモデルになります。
『Ancar』出品中のトヨタ ランドクルーザー200の詳細はこちら

ランドローバーレンジローバースポーツ

この車はランドローバーのスポーツツアラーモデルで、ポルシェのカイエンの刺激を受けて作られたSUVとされています。見た目はレンジローバーと似た感じになっています、シャシーは、ディスカバリー3と共通のインテグレーテッド・ボディ・フレームになっています。ホイールベースはディスカバリー3よりも少し短く、サスペンションなどの足回りはレンジローバースポーツ独自のものを採用しています。レンジローバースポーツはレンジローバーとこなり、スポーティな走りをしますので、キビキビ走りとてもおすすめです。
『Ancar』出品中のランドローバー レンジローバースポーツの詳細はこちら

ポルシェ  マカン

マカンは先に発売されていたカイエンから少しサイズを小さくしたSUVになります。車高も低く設計されており、ワイド&ローな感じがとてもスポーティーでかっこよさを引き寄せています。走りに関してもスポーティーで安定性がありかなり良い仕上がりです。小ぶりなSUVですが、車内は思ったより狭くはなく快適で、かなり実用的です。旅行やアウトドアにもおすすめです。
『Ancar』出品中のポルシェ マカンの詳細はこちら

車幅感覚を掴んで大きな車を楽しもう


大きな車でも車幅感覚を掴めば問題なく走れます。嫌遠されがちですが、コツを掴めれば安心して乗れますし大きいなりの楽しさがあります。
大きな荷物を積むことが出来るので、キャンプなどのアウトドアにはかなりおすすめです!

SUVやバンタイプの車を購入して、楽しい週末を過ごしましょう!

『Ancar』でお得なSUV車を探す


〜今までよりもクルマを高く売却できる新しい方法〜 


「90万円」高く売却に成功! K様



K様のコメント:
 
「愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」

高く売却できる『おまかせ出品』

『おまかせ出品』で、びっくりするくらいクルマが高く売れるかも!?

『おまかせ出品』の詳細はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

出品中のクルマ一覧はこちら

【TGR TRADE】 レースに使う競技車両の売買も!



トヨタ(トヨタ・ガズー・レーシング)と提携し、競技用(レース)車両の個人間売買サービスプラットフォーム「TGR TRADE」を開始しました!

「自分が大切に乗ってきた車両を手放したいが、どこで売ればいいのか分からない」「レースやラリーに興味があるので、中古車で手軽に参加してみたいが、どこで買えるのか分からない」という、個人の売りたいお客様、買いたいお客様それぞれのニーズや困りごとがあります。

『TGR TRADE』はそのような双方の思いを結びつけるためのプラットフォームとなり、中古車の競技用車両が流通する市場を作ることで、モータースポーツへの参加のハードルを下げ、クルマファンの裾野拡大につなげることにお役に立ちたい、という思いから開始するサービスです。

売りたいお客様はスマホで簡単に出品ができ、かつ価値を理解してくれる人に直接引き継ぐことが出来る、買いたいお客様はレース経験者と直接のコミュニケーションをサイト内で取ることができるなど、個人間売買である特性を生かしつつ、お客様のニーズに寄り添ったサービスを展開していきます。
『TGR TRADE』の詳細はこちら

 【クルマの相談所】



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら